タピオカブームの本命銘柄、神戸物産が大幅安! 日経平均株価は4日ぶり反落

LIMO / 2019年8月22日 7時20分

写真

タピオカブームの本命銘柄、神戸物産が大幅安! 日経平均株価は4日ぶり反落

【東京株式市場】 2019年8月21日

株式市場の振り返り-日経平均株価は4日ぶり反落、売買代金は3日連続の1兆5,000億円台

2019年8月21日(水)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

日経平均株価 20,618円(▲58円、▲0.3%) 4日ぶり反落

TOPIX 1,497.5(▲9.2、▲0.6%) 4日ぶり反落

東証マザーズ株価指数 882.4(+0.8、+0.1%) わずかに3日続伸

東証1部上場銘柄の概況

値上がり銘柄数:384、値下がり銘柄数:1,704、変わらず:61

値上がり業種数:1、値下がり業種数:32

年初来高値更新銘柄数:26、年初来安値更新銘柄数:71

東証1部の出来高は9億129万株、売買代金は1兆5,863億円(概算)となり、いずれも概ね前日並みでした。大きなニュースがない中、週末に米国で開催される世界中央銀行総裁シンポジウム(ジャクソンホール会議)を控え、模様眺めムードが続きました。

売買代金は6日連続の2兆円割れで、さらに、3日連続の1兆5,000億円台は今年初の閑散相場となっています。

そのような中、日経平均株価は米国株の下落を懸念する形で終日マイナス圏での推移となりました。ただ、寄り付き直後に一時▲194円安まで下落した後は徐々に下げ幅を縮小し、大引け直前には▲51円安まで切り返す場面がありました。それでもプラス圏へ浮上することはなく、4日ぶりの反落で引けています。

なお、TOPIXも同じような値動きで4日ぶりの反落となり、終値も再び1,500ポイントを下回りました。また、下落率は日経平均株価より大きくなり、中小型株を含めた全般的に売りが優勢だったことを示唆しています。

東証マザーズ株価指数はかろうじて3日続伸、売買代金は11日連続で1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は5,688万株、売買代金823億円となりました。出来高は前日より減りましたが、売買代金は横ばいでした。個人投資家の物色意欲が停滞しており、売買代金は11日連続で1,000億円を下回っています。

なお、一部の主力株が買われたことなどから、株価指数はわずかに上昇し、3日続伸となりました。ただ、依然として900ポイント回復は遠いようであり、今後の展開は個人投資家の投資マインド回復次第と言えそうです。

ソフトバンクGが大幅下落、マツダ、コマツ、武田薬品工業などは年初来安値更新

個別銘柄では、ソフトバンクグループ(9984)が一時▲3%超安の大幅下落となりました。また、医薬品株の一角も売られ、株価上昇が続く第一三共(4568)が大幅反落となり、武田薬品工業(4502)は年初来安値を更新しています。

その他では、自動車関連でマツダ(7261)とアイシン精機(7259)が年初来安値を更新し、機械株ではコマツ(6301)も年初来安値更新となったのが目を引きました。

なお、昨年来から続く“タピオカドリンク・ブーム”の本命銘柄として物色対象となってきた神戸物産(3038)ですが、年初から株価が一時+2倍弱に上昇したこともあり(昨年末3,245円から6,380円へ)、利益確定売りの対象となっています。21日も大幅安となり、8月15日に付けた年初来高値(6,380円)から約▲16%下落したのが注目を集めたようです。

一方、数少ない値上がり銘柄の中では、東京エレクトロン(8035)が再び年初来高値を更新し、アドバンテスト(6857)も堅調に推移しました。

また、ゲーム株も買われ、任天堂(7974)が値を上げた他、スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)とバンダイナムコホールディングス(7832)が揃って年初来高値更新となっています。

新興市場(東証マザーズ)では、シェアリングテクノロジー(3989)が連日のストップ高で引けました。3日連続ストップ安後、連日のストップ高とは、一体どうなっているんでしょうか。その他では、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(6575)もストップ高となり、ブシロード(7803)は急騰して高値更新となっています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング