まずは色から衣替え。季節感を先取る「秋っぽスカート」7選

LIMO / 2019年8月24日 17時20分

写真

まずは色から衣替え。季節感を先取る「秋っぽスカート」7選

ファッションの世界は、早くも次の季節へと移行しています。とはいえ、この暑さ!秋物を着るイメージは、まだまだ湧きませんよね。

そこで重宝するのが「秋っぽカラー」。その中でも今回はスカートに注目してみました。まずは色から、季節感をとり入れてみましょう

知的に見せる「ディープグリーン」

(https://facy.jp/items/128386)

ADAM ET ROPE' - レイヤードプリーツスカート ¥15,120(税込)(https://facy.jp/items/128386)

歩くたび揺れるプリーツに、ティアード風の裾デザインが可愛いロングスカート。シフォンの表面に"シボ"をつけたことで、軽やかさがありながら、ボリューミーな生地感が完成しました。

冬はカラータイツを組み合わせて、モダンな色づかいを楽しんで。

秋を象徴する「ブラウン系チェック」

(https://facy.jp/items/130832)

FRAMeWORK - チェックタックスカート ¥14,040(税込)(https://facy.jp/items/130832)

秋といえば、やっぱり注目したいのは「チェック」。生地づくりから縫製までをインドで仕上げた、こだわりのつまったチェックスカート。ほのかに透けるコットン地は、今の時期から長く楽しめます。

写真のスタイリングは、同シリーズのシャツをウエストに巻いたレイヤードスタイル。足もとはフラットシューズで、リラックス感を演出して。

着まわし力で選ぶなら「ベージュ」

(https://facy.jp/items/130633)

FIL DE FER - クロスループジャージ マキシ丈スカート ¥12,960(税込)(https://facy.jp/items/130633)

カットソー素材で仕立てた、ラフな佇まいのマキシスカート。腰まわりのすっきりとしたメリハリあるシルエットなので、上下カジュアルに着こなしても、だらしなく見えません。

しっかりと厚みのある生地で、身体のラインを拾わないのもうれしいポイント。

「ブラウンサテン」の華やかな艶めき

(https://facy.jp/items/131263)

LOVELESS - プリーツスカート ¥18,360(税込)(https://facy.jp/items/131263)

艶やかなブラウンのサテン地が、ドレッシーな印象をもたらすプリーツスカート。女性らしさを高めてくれる素材感は、辛口アイテムとも好相性。

秋にはレザージャケットやブルゾンなど合わせて、甘辛MIXで着こなして。今の時期なら断然Tシャツで、カジュアルダウンするのがおすすめ。

カジュアル素材も「ブラウン」ならエレガント

(https://facy.jp/items/130181)

Plage - urake フレアスカート ¥20,520 → ¥12,312(税込)(https://facy.jp/items/130181)

カジュアルな裏毛素材と、女性らしい「マーメイドシルエット」の調和が見事なマキシスカート。リネンを加えて"シャリ感"を出した、大人っぽい生地感も印象的です。

深みあるブラウンを選べば、よりエレガントな着こなしに。足もとは華奢なヒールで、あくまで品よく。

レディライクな「赤みブラウン」

(https://facy.jp/items/131254)

FREAK'S STORE - リングドットロングスカート ¥9,504(税込)(https://facy.jp/items/131254)

裾にかけてほのかに広がる、控えめなシルエットが今年っぽいロングスカート。サイドにはスナップボタンをあしらい、スポーティな雰囲気もプラスしました。

今の時期ならロゴTシャツや、オープンカラーのブラウスと組み合わせて。秋冬はオーバーサイズのニットをぶつけても、可愛らしいバランスに。

「レンガ色」にドットで、気分はレトロ

(https://facy.jp/items/131189)

Soffitto - ドット柄切り替えフレアスカート ¥21,384(税込)(https://facy.jp/items/131189)

パターンの違うドット柄を組み合わせた、他では見られないデザインのロングスカート。フレア部分に三角形の生地をはめ込んだことで、グラマラスなシルエットを実現しました。

カジュアルなら無地Tシャツ、きれい目ならブラウス合わせがおすすめ。ミディ丈なので重たく見えず、一年通して活躍してくれます。

あとがき

鮮やかな夏のカラーとは違って、秋に人気が出るのは奥ゆきを感じる色合い。「こっくり」とか、「深みカラー」なんて言い表すことも多いですよね。

ニュアンスたっぷりの秋色を味方につけて、季節を先取りした着こなしを楽しんでみては?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング