「うんちおむつはちょっと…」なぜ僕がおむつ替えをできなかったのか。おむつ替え3つの壁とは

LIMO / 2019年10月18日 9時45分

写真

「うんちおむつはちょっと…」なぜ僕がおむつ替えをできなかったのか。おむつ替え3つの壁とは

『「車内が臭い」「エアコンが臭い」とかはすぐ言うくせに、おむつのニオイだけは絶対に気づかないよね』と指摘されながら、妻がおむつ替えに向かっていきます。

そんな日常が僕にもありました。

今では普通におしっこ、うんち問わず、おむつ替えをするイクメ…いえいえ、普通のパパになっています。

なぜ僕はおむつ替えができないパパだったのでしょうか。改めて考え直してみると、できない理由がいくつか出てきました。

おむつの扱い方がわからない

そもそもおむつをどうやって履かせて、どうやって捨てるのか。
それがわからないし、自分から率先して尋ねるほどのモチベーションもない。

それで結局、わからないままで妻に任せっきりになってしまうのです。

僕は妻に『おむつやって』と言われて、「扱い方がわからない」というと速攻で実践させながら教えてくれました。

思った以上に簡単で目から鱗だった気がします。「やり方を知っている」というだけで、おむつ替えへのモチベーションは上がりました。

やっぱり基本的に「分からないことはしたくない」と思ってしまうものなんですね…。

やっていると些細なダメ出しをされる

うんちおむつを替えることができるようになり、自信をもち始めた僕。

今日もうんちのニオイを嗅ぎつけ「おむつを替えよう」と自分からおむつ替えに向かいました。
おしりふきでお尻を拭いていると、妻が一言。

『そんな3枚も4枚も使わないでよ!もったいないじゃん』

僕のおしりふきを使う枚数が多すぎるという話でした。
僕は不器用なので、ある程度枚数が多くないと上手に拭ける自信がありません。それを言われるようになってから、僕は自然とおむつ替えを自分でしなくなってしまいました。

それを見かねた妻は、ある行動に出ました。

『ねえ、おしりふきコレ使っていいから、おむつ替えてよ』

そこには大判のおむつ替えシート。
これなら、1枚が大きいので僕のような不器用な男でも使いやすいとのこと。確かにこのおしりふきでやってみると、とてもやりやすいのです。妻が工夫をしてくれたおかげで、僕はまたおむつ替えをやるようになりました。

妻の方が手際がいい

子どもが大きくなってうんちが立派になり、処理が大変になりました。僕はおむつ替えを手間取りながらも頑張っていたのです。

しかし、そんな時に不意に妻がおむつ替えをやっているのを目にしました。

するとどうでしょう。妻は僕の半分くらいの時間しかかけずにサッサとおむつ替えを終えているではありませんか。

僕はそれを見て思わず「うわ、おむつ替え早いね。自分でノロノロやるのがアホらしくなるなあ」と言ってしまいました。

妻はそれに対し『夫婦の仕事が「1度きりのおむつ替え」しかないなら手際がいい方がやればいいのかもしれないけど、おむつ替えは何度も必要だし、他にも数えきれないほど仕事はあるんだよ。2人で手分けしてやった方が効率がいいんだから、手際悪くてもやってよね』と釘を刺されました。

思わず言ってしまった一言に対し、ぐうの音も出ない正論を言われた僕は「確かに」と考えなおし、夫婦の前にあるたくさん積まれたタスクをイメージしながら、おむつ替えに取り組むようになったのでした。

苦手な育児も壁を1つ乗り越えると自信がつく

たいていの男性は妻に「できない」と言うのが苦手です。

だからこそ「やらない」という自分の意志を正当化しようとします。

それは育児への自信のなさの表れではないかと思います。そんな男性でも育児でやれなかったことが1つできると、自信が湧いてくるものです。

夫がどうしても育児を手伝ってくれない場合、そんな男性の感情を少し理解して、手のひらの上で転がすような気持ちで工夫してあげると、状況は良くなるかもしれません。

この記事を参考に、ぜひ育児参加を促すアプローチを考えてみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング