「作りおき」疲れから解放される!話題の時短術「仕込みごはん」とは?

LIMO / 2019年10月22日 9時45分

写真

「作りおき」疲れから解放される!話題の時短術「仕込みごはん」とは?

共働き家庭の主婦にとって、晩ごはんづくりはいつも悩みのタネ。平日は仕事で忙しいし、帰っても家事や育児などに追われて、なかなか晩ごはんづくりに時間をかけられない。

そんなお悩みを解決するために生まれた、週末まとめて作って平日はそれを出すだけという「作りおき」スタイルは、多くの主婦の助けとなってきました。

「作りおき」って本当にラクですか?

でも、最近ではそんな「作りおき」に対して、多くの主婦から悲鳴が聞こえてきます。

・毎日同じおかずで家族が美味しそうに食べてくれない
・週末を迎えるのが憂鬱になった
・休日にまとまった時間が取れない

せっかく家族で食べる晩ごはん。どんなに忙しい毎日でも、みんなに笑顔で食べてもらいたいというのは、主婦にとって切実な願いです。

でも、一から作っている時間もないし、作りおきは食べてくれない…。そんな時に役立つのが、料理研究家の上田淳子先生が提唱する「仕込みごはん」です。

「仕込みごはん」は自分で作るミールキット

「仕込みごはん」とは、朝や前日の夜のうちに野菜を切ったり、肉に下味をつけたりして準備を行い、帰宅後はフライパンで炒めたり電子レンジで温めるだけの料理法。つまり、調味料や材料がセットにされている“ミールキット”を自分で作るということ。

買ってきた“ミールキット”を毎日使うとなると、経済的にも負担がかかりますが、自分で作れば続けやすく、調理バリエーションを増やすこともできます(写真「自分でつくるミールキット」参照)。

自分でつくるミールキット

「仕込みごはん」なら無理なく続けられる

一見すると単純にレシピを分けただけなので作業時間は変わらないのでは?と感じるかもしれませんが、仕込みごはんを実践することで多くのメリットがあります。

メリット1「帰りに献立を考えなくていい」

仕事でクタクタになった帰り道。そんな中で晩ごはんの献立を考えるのってとてもストレスになりませんか?仕込みごはんなら当日の朝や前日の夜に前仕込みを完了しているので、帰ったら仕上げるだけです。そのちょっとした仕込みが、働くママさんの心に余裕をもたらします。

メリット2「作れなかったら翌日にスライド」

急な残業や、今日は疲れたから外食にしたいという時も仕込みごはんなら安心です。冷蔵した前仕込みの食材は翌日にスライドしたり、下味のついた肉や魚は冷凍も出来るので、無理してその日に晩ごはんを作る必要がありません。

メリット3「他の家族に仕上げを託せる」

急に友人から飲みのお誘いがあって行きたい…。そんな時にも仕込みごはんは効力を発揮します。後仕上げは炒めるだけ、レンジに入れるだけといった簡単な工程なので、先に帰った家族でも担当できます。料理が苦手な旦那さんでもできるので、家族で協力して晩ごはんづくりをするきっかけになるかも。

「仕込みごはん」を紹介した書籍『帰りが遅くても かんたん仕込みですぐごはん』では仕込みごはんをラクに実践する方法や、和・洋・中合わせて98のレシピを紹介しています。

また、生活スタイルに応じた、前仕込みと後仕上げのレシピを紹介しているので、ご自身の環境に合わせた「仕込みごはん」を実践できる内容となっています。

レシピ紹介「鶏肉と玉ねぎ、トマトのバーベキューソース炒め」

鶏肉と玉ねぎ、トマトのバーベキューソース炒め

今回はその中から「鶏肉と玉ねぎ、トマトのバーベキューソース炒め」のレシピをご紹介します。隠し味のカレー粉でいつもよりご飯がすすむこと間違いなし。子どもにも大人気のメニューです(写真「鶏肉と玉ねぎ、トマトのバーベキューソース炒め」参照)。

こちらは前仕込みで8割済ませて、帰宅後に2割の仕上げをおこなうメニューです。帰宅後とにかく手間がかけられないという方におすすめです。また、後仕上げが簡単なので、ほかの家族にまかせることもできます。

材料(2人分)
鶏もも肉……1枚(250~300g)

A | 塩……小さじ1/3、こしょう……適量

玉ねぎ……1/2個
エリンギ……1パック(100g)
プチトマト……10個

B | カレー粉……小さじ1~1 1/2、にんにく(すりおろし)……小さじ1/2、ウスターソース……大さじ1 1/2、トマトケチャップ……大さじ1/2

サラダ油……大さじ1/2

作り方
(切る・下味をつける)8分
1. 鶏もも肉は余分な脂を切り取ってそぎ切りにし、ポリ袋に入れる。Aを加えてもみ込む。

2. 玉ねぎは5mm厚さの薄切りに、エリンギは乱切りにする。プチトマトはへたを取る。Bは合わせておく。すべて冷蔵庫へ(写真「鶏肉と玉ねぎ、トマトのバーベキューソース炒めの前仕込み」参照)。

鶏肉と玉ねぎ、トマトのバーベキューソース炒めの前仕込み

※この状態で冷蔵庫で3日間、鶏肉は冷凍庫で3週間持つ

(炒める)8分
3. フライパンにサラダ油をひき、1を並べる。中火で1分ほど炒め、2を加えて軽く混ぜて蓋をし、約2分蒸し炒めする。

4. 全体を混ぜ、2~3分炒めて鶏肉に火が通ったらBを加え、全体に混ぜる。

アドバイス

蓋を取ったあと、しっかり水分を飛ばしてから調味料を入れましょう。プチトマトの代わりに普通のトマトでもかまいません。

(https://amzn.to/35FIzvN)

『帰りが遅くても かんたん仕込みですぐごはん』上田淳子(著)世界文化社(画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします)

<書籍概要>
『帰りが遅くても かんたん仕込みですぐごはん(https://amzn.to/35FIzvN)』
■著者:上田淳子
■発売日:2019年3月2日(土)
■定価:1,400円+税
■発行:株式会社世界文化社

<著者プロフィール>
上田淳子
調理師専門学校の西洋料理研究職員を経て渡欧する、ヨーロッパや日本のレストランなどで修行後、料理研究家として幅広く活躍。現在大学生になる双子の母。その子育てと仕事の両立経験を活かした、現実的なレシピが好評。著書に『共働きごはん』(主婦の友社刊)『るすめしレシピ』(自由国民社)など多数。

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング