寒い時期だから覚えておきたい「ハラスメントになるかもしれない」3つの行動

LIMO / 2020年2月14日 18時15分

写真

寒い時期だから覚えておきたい「ハラスメントになるかもしれない」3つの行動

昭和・平成の時代は許されていても、令和になって受け入れられなくなった行動は、たくさんあります。故意ではなくても「ハラスメント認定」される恐れも…。

冬だからこそ、気を付けたいハラスメントもあります。そこで今回は、ハラスメントになる恐れがある行動、ハラスメント認定されないための対策を見てみましょう。

冬だからこそ気を付けたい!ハラスメントになる恐れがある行動

早速、冬だからこそ気を付けたいハラスメントの内容を見てみましょう。

冬の体臭

体臭は夏だけではなく、冬も発生します。コートを着ていたり、ブーツを履いていたりして、汗が長時間こもることも…。結果、コートやブーツを脱いだ後に体臭が発生します。

もしかすると、他の同僚に迷惑をかけているかもしれません。近くに同僚がいる時は、細心の注意を払って脱ぎましょう。

社内の暖房温度を上げすぎる

社内の暖房温度を上げすぎる行為も、気を付けてください。他の人が汗をかいて仕事に支障をきたしたり、体調不良に陥ったりする人が現れるかもしれないからです。カイロを貼ったり、ヒートテックを着たりなどすると、暖房温度を高温にしなくても、しのげるかもしれません。

相手の顔の前で喋る

相手の顔の前で喋るのも、ハラスメントになる恐れがあります。理由は、下記の3つです。

1. 白い息がかかって不快
相手の白い息が、自分の顔にかかって不快に感じるケースです。メガネをかけている人だと、相手の息がかかってレンズが曇る恐れも…。よって、不快に感じやすくなります。

2. 唾が散るから嫌
相手の唾が散って、不快な思いをするケースもあります。とくに、冬はインフルエンザの流行時期です。そのため、他の時期と比べて、余計不快に感じるかもしれません。

3. 口臭がきつい
相手の口臭がきつくて、不快に感じる人もあります。歯磨きをしていても、加齢や体調によって口臭がする場合もあるため要注意。口臭がひどい時は、病院で治療をすると治る可能性があります。

ハラスメント認定されて起こるデメリット

会社でハラスメントだと認定されると、たくさんのデメリットがあります。ここでは、どんなデメリットが生じるか見てみましょう。

第一段階:悪い噂が広まる

社内で悪い噂が広まります。他の同僚に悪い噂が広まれば、あなたの印象が悪くなって、仕事に悪影響を及ぼす場合も…。話しかけても無視されたり、言うことを聞いてくれなくなったりして、働きづらくなるかもしれません。

第二段階:出世に影響する

出世に影響を及ぼすこともあります。仕事で実績が出ていたとしても、ハラスメント認定されたことが原因で、出世の道が閉ざされる人もいます。

第三段階:会社にいづらくなる

最終的には人間関係が上手くいかなくなって、自主退職をする社員も存在します。退職した結果、転職先が見つからずに困る人もいるようです。

ハラスメント認定されないために意識すべきこと

自分で意識をしていても、ハラスメントだと認定される場合もあります。それを防ぐには、ハラスメント認定される行動をしていないか、周囲に聞くことが大事です。

「今の行動はマズいよ」とか「もう少し〇〇した方がいいよ」と助言してくれる人を、見つけると良いでしょう。

また、ハラスメント扱いされる行動を、日頃から調べておくのも効果的です。最新の情報を知れば、加害者側になる確率を抑えられます。当たり前にとっていた行動が、現代ではハラスメントに認定されることもあるため、覚えておきましょう。

まとめ

ハラスメントをした人間だと社内で認定されると、社会生活を送りにくくなる原因になります。快適に働くには、周囲の人からハラスメント認定されないことが大事です。

ちょっとした過ちが、あなたの信頼を一気に失くします。ハラスメントを起こさない行動を心掛けて、快適な職場生活を送りましょう!

参照:公益社団法人「日本口腔外科学会(https://www.jsoms.or.jp/public/soudan/kouku/kousyu/)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング