お洒落スーパー「成城石井」110円リサイクル「エコバッグ」手提げ紙袋に似せた作りが好評

LIMO / 2020年7月19日 11時15分

写真

お洒落スーパー「成城石井」110円リサイクル「エコバッグ」手提げ紙袋に似せた作りが好評

7月1日から本格的にスタートした「プラスティック製買い物袋の有料化制度(https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html)」に伴い、多くの人がショッピングバッグに注目しているといえる今、普段のスーパーより「少し贅沢」を味わいたいときに利用する成城石井の「エコバッグ」が、なんと100円で買えて高コスパ!と主婦の間で噂となっています。一体どんなエコバッグなのか、みていきましょう。

ちょっと贅沢な成城石井 

上質な商品に定評がある成城石井。2016年に成城石井オリジナルブランド「desica(デシカ)」が加わったことで、より品質にこだわった商品が揃うスーパーへと進化しています。

親会社でもあるローソンの公式サイトの「2020年2月期決算短信〔日本基準〕(連結)(https://www.lawson.co.jp/company/ir/library/pdf/tanshin/tanshin_h32_rentan_0528.pdf)」によると、営業総収入931億1900万円(前期比7.4%増)、セグメント利益は83億4800万円(同12.6%増)とコロナ禍で売上不振なスーパー業界とは一線を画し、まだまだ好調は続きそうです。

お洒落でエコフレンドリーな成城石井のリサイクルエコバッグ

成城石井というブランドバリューがありながら税込み110円というプチプライス。ただ安いというだけではなく、原料の一部にリサイクルしたペットボトルを使用した、環境面でも優れてるハイコスパなエコバッグ。また軽い素材なので持ち運びにも便利。防水性もあるので、ちょっとした雨の日にも活躍してくれそうです。

デザインは、成城石井でレジ袋として無料配布されていた手提げ紙袋に似せたデザイン。そのシンプルでオリジナリティあふれるデザインが、おしゃれさんや成城石井ファンの間で好評のようです。サイズは高さ約36cm×横約34cm×マチ約13.5cmとなり、マチもほどよくあって、ちょうどいい大きさになります。

SNSでも、「安くてお洒落で使いやすい」「成城石井の紙バッグに色・柄を似せた作りに惹かれ購入」など、安さだけではなくデザイン的に惹かれて購入した声が寄せられています。

成城石井のリサイクルエコバッグ」5つのおすすめポイント

1. 原料の一部にリサイクルしたペットボトルを使用しているので環境にやさしい

2. 成城石井の紙袋に似せた作りが、シンプルなデザインでおしゃれ

3. 防水性があるので、多少の水は弾いてくれる

4. 軽いので持ち運びに便利

5. 税込み110円という安さ

※イメージ画像は、成城石井の商品ではございませんのでご了承ください。

とことん環境にこだわった成城石井のエコバッグ

SNSでも、安い、お洒落、環境に優しいと、好評の「成城石井オリジナルエコバッグ」。売り切れ続出のお店が多いようなので、成城石井で見つけたときは、ラッキーですね!

【参照】
ローソン「2020年2月期決算短信〔日本基準〕(連結)(https://www.lawson.co.jp/company/ir/library/pdf/tanshin/tanshin_h32_rentan_0528.pdf)」
成城石井「公式ホームページ(https://www.seijoishii.com/)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング