屈まずラクに脱ぎ履きできる「ワークマン693円スリッポン」ヘビロテする人も

LIMO / 2020年9月7日 19時45分

写真

屈まずラクに脱ぎ履きできる「ワークマン693円スリッポン」ヘビロテする人も

「ワークマン女子」という言葉まで登場し、おしゃれな人のあいだで人気が高まりつつあるワークマン。ワークマンはもともと作業服の専門店。昨今のトレンドであるアウトドアファッションやスポーツミックスコーデの流れもあり、「低価格で機能性の高い」アイテムが揃うワークマンに注目が集まっているのです。

今では、一般消費者向け店舗「ワークマンプラス」も展開され、SNSを中心に人気が高まっています。なかでも人気急上昇の「スニーカー」。驚きの価格帯だけではなく、高機能で、なんといってもおしゃれなところが、人気の秘訣のようです。そこで今回はワークマンファンの中で話題の現場用スリッポン「ロール底タイプカックスシューズ」を紹介していきます。

そんなワークマンは、スーパーなどを運営するベイシアグループ傘下の企業。日本経済新聞の「ワークマン 過去10年間の株価(https://www.nikkei.com/nkd/company/history/yprice/?scode=7564)」によると、2017~2019年は毎年2倍以上のペースで株価が上がっています。ワークマンは安定した基盤のもと、ファストファッションよりも機能性に優れ、アウトドアブランドより低価格という「競合相手のいない差別化されたブランド」として確固たる地位を築いてきたのです。

税込693円の現場用スリッポン。日常使いでも人気

シューズの開発にも力をいれているワークマン。ワークマンブランドのシューズは、プロの現場向けのものからカジュアルなものまでラインナップされています。中でも、職人用の靴なのに、使える!と話題なのが、税込693円の現場用スリッポン「ロール底タイプカックスシューズ」。その特徴をみていきましょう。

屈まずラクに脱ぎ履きできる「ロール底タイプカックスシューズ」

カンフーシューズのようなデザインの「作業靴スリッポン」。現場靴としてはもちろん、普段使いとしても人気のようです。縫製がしっかりしていて、ソールもゴム製なので滑りにくく、真ん中のスリット部分がゴムで履き口部分がロールされている作りになっているので、屈まずにラクに履くことができます。カラーは、ホワイトとクロの2色。サイズは、24.5cm〜28cmの7サイズ。足のサイズが小さい女性には、大きいようです。

【ロール底タイプカックスシューズ 693円(https://workman.jp/shop/g/g2300053401051/?a8=KrA0DrUo2L_CLAa0FjBMTRCpvLuJ_z_MsjBFUpBpRF4o2LARN9TS_LASk9zsasTBcFbMIvAycrA01s00000016603001)】

口コミ

・作業用ともあり動きやすくて軽いし、ゴム底がしっかりしているので滑りにくそう。さすが作業用ならではの高い機能性! 春先はロールアップジーンズに合わせたり、スカートと合わせてもかわいいデザイン。

・この作業靴スニーカーの最大の特徴はやっぱり着脱がラクチンなこと。朝夕の保育園送迎時もサクッと着脱できるのがヘビーローテションの一番の理由だと思います。

・この作業靴スニーカー、普通にヘビーローテション。毎日履いています。特に太めのパンツと合わせるのが気に入っています。

・作業靴なだけあって、軽さ・動きやすさはもちろん、ゴム底ソールがしっかりと滑りにくいのでセーフティシューズとしても安心感のある履き心地。そのうえ 693円 という価格なので、アクティブなシーンや子どもと遊ぶママ世代にも、手頃な価格で買える “高見えシューズ” はおすすめです!

オリジナルブランド「WORKMAN BEST(ワークマンベスト)」

ワークマンのプライベートブランドです。「ワークマンの商品はプロが認める品質と機能を搭載し低価格である。」この強みを活かし、あるべき品質が約束された価格訴求商品のブランドとなっています。

「ロール底タイプカックスシューズ」7つのおすすめポイント

良い履き心地シューズの特徴

1. 屈まずに脱ぎ履きできる
2. グリップ力が高く滑りにくい
3. コーディネートにも合わせやすいシンプルなデザイン
4. つま先がまるい形なので足指がゆっくりひろがって収まる
5. 作業靴なだけあって動きやすい
6. 素足でも履き心地がいい
7. 税込み693円という安さ

安さからは考えられない高機能と普遍的なデザイン

「高機能で安定した品質、そして低価格」と嬉しいポイントを押さえているワークマン。プチプラながらも、トレンドを強く打ち出しすぎない普遍的なデザインと優れた機能性が、人気沸騰の理由のようです。

オンライン展開もしているので、おうち時間に「ワークマンのオンラインストア」をのぞいてみてはいかがでしょうか。

【参照】
ワークマン「公式オンラインストア(https://workman.jp/shop/default.aspx)」
日本経済新聞「ワークマン 過去10年間の株価(https://www.nikkei.com/nkd/company/history/yprice/?scode=7564)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング