SNSで話題!驚異の消臭袋「BOS」うんちや使用済みおむつも臭わない!?

LIMO / 2020年10月20日 7時15分

写真

SNSで話題!驚異の消臭袋「BOS」うんちや使用済みおむつも臭わない!?

7月1日から本格的にスタートした「プラスティック製買い物袋の有料化制度(https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html)」の導入により、今まで無料でもらえていたレジ袋が有料になりました。今までお金がかからなかったものに毎回お金を支払うようになったことで、改めてビニール袋について考えた人も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介する「BOS(ボス)」という商品は、すでにインターネットなどで話題となっている「臭わない袋」です。「どうせ買うなら悩みを解決してくれる高機能のものを買ってみたい」そんな方はぜひチェックしてみてください。

臭わない袋「BOS(ボス)」シリーズは、高機能フィルムメーカー「クリロン化成(https://www.kurilon.co.jp/)」が展開する商品です。1960年創業、資本金3200万円の老舗企業であるクリロン化成は、これまでも高機能な袋を開発していました。

クリロン化成では、医療向けの商品を開発していく中で高度な防臭力と安心・安全で音がしにくい素材を研究。そこで生まれたのが、驚異の防臭力を持つ袋・BOSだったといいます。家庭にはさまざまな臭いが溢れています。そんな中で嫌な臭いはなるべくシャットアウトしたい。そんな方たちのニーズを受け、BOSは2020年10月に発売8周年を迎えたそうです。

ペットのうんちや使用済みおむつや家庭の悪臭をカット!「BOS」

家の中に悪臭を放つものを置いておくのはあまり気持ちのいいものではないですよね。蓋つきのゴミ箱に入れていてもゴミの日まで開けるたび臭う…。おむつを履いている小さなお子さんや、ペットのいるご家庭は日々うんちの臭いなどに悩まされているのではないでしょうか。

BOSは「驚異的な防臭素材を使用」しているため、驚くほど悪臭を閉じ込めてくれると評判です。「ママアカウントで話題になった」「ペット仲間におすすめされた」など、思わず同じ悩みを持つ人におすすめしたくなるBOSは、実にさまざまな用途があるようです。

特に話題となった犬用・猫用の「うんちが臭わない袋」を筆頭に、「おむつが臭わない袋」「生ゴミが臭わない袋」、サニタリー用になる「お出かけエチケット袋」など、あらゆるお悩みシーンを解決してくれるシリーズがそろっているのは心強いですね。また、BOSが人気なのは、防臭力だけではなくカラー展開の豊富さやサイズ展開など、幅広く選べることも理由のようです。また、いざという時のため防災袋にストックしているという人も。

 
 

・「臭わない袋」シリーズ種類:ベビー、大人、イヌ、ネコ、生ゴミ、サニタリー、ゴミ袋
・サイズ:SS(17cm×27cm)~LL(35cm×50cm)、20Lまで幅広く展開
・カラー:透明、水色、ピンク他、ストライプやコラボパッケージまで
・素材:各商品共通の防臭素材
・公式ショップ:Amazon(https://www.amazon.co.jp/s?me=A1LZKXSZRKFFX4&marketplaceID=A1VC38T7YXB528&redirect=true)、楽天市場(https://www.rakuten.ne.jp/gold/bos-shop/)、YAHOOショッピング(https://store.shopping.yahoo.co.jp/bos-shop/)
・袋自体が臭い漏れを防ぐため消臭剤がいらない
・燃やしても有毒ガスが発生しない
・日本国内で製造

【驚異の消臭袋BOS(ボス)(https://bos-bos.com/product/)】SS(200枚入り)1500円(税込)、S(200枚入り)1890円(税込)M(90枚入り)1080円(税込)L(90枚入り)1404円(税込) LL(60枚入り)1490円(税込)

「驚異の消臭袋BOS(ボス)」6つのおすすめポイント

1. 驚異的な防臭力を持った安心安全な素材を使用
2. うんちもほとんど臭わない
3. 菌も通さないので衛生的
4. 燃やしても有毒ガスが発生しない
5. 袋の開けやすさや音など使いやすさにもこだわり
6. 選べる豊富なサイズやカラー、デザイン

口コミ
・「うんちが臭わない袋」、本当に無臭。犬猫を飼っている人のおすすめしたい」
・「お散歩帰り、バッグの中が臭くなるのが悩みだったので購入」
・「この袋、臭いが出るもの何にでも使えます。おむつや生ゴミも平気。日常使いできるので便利です」

長年のお悩みとさよなら

毎日使うものや家の中で不快に感じているお悩みを解決してくれるものというのは、何気ないようでとても重要なアイテムです。

今回ご紹介したシリーズはビニール袋としては割高と感じるかもしれません。しかし、なんとも言えない日々の不快を取ってくれる一品と考えた時、その価値は値段に匹敵するものになるのではないでしょうか。

「思わず友達に教えたくなる袋」。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

【参照】
経済産業省「プラスティック製買い物袋の有料化制度(https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html)」
BOS「公式HP(https://bos-bos.com/)」
クリロン化成株式会社「公式HP(https://www.kurilon.co.jp/)」
BOS公式ショップ「Amazon(https://www.amazon.co.jp/s?me=A1LZKXSZRKFFX4&marketplaceID=A1VC38T7YXB528&redirect=true)」「楽天市場(https://www.rakuten.ne.jp/gold/bos-shop/)」「YAHOOショッピング(https://store.shopping.yahoo.co.jp/bos-shop/)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング