「ワークマン」2020年の大ヒット作。社員も愛用「1000円台」神シューズ5選

LIMO / 2020年10月26日 19時45分

写真

「ワークマン」2020年の大ヒット作。社員も愛用「1000円台」神シューズ5選

10月1日、大雨・大雪・大風を模した「過酷ファッションショー」を開催し、TVをはじめさまざまな媒体で話題を集めたワークマン。どんな荒天候にも耐えられるという機能性の高さを、世間に広く伝えるところとなりました。

作業服の専門店であったワークマンですが、近年は一般消費者からも高い支持を得ています。「2021年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)(https://www.workman.co.jp/ir_info/pdf/2021/40ki_01_kessantanshin.pdf?0817)」によると、コロナ禍にあった2020年4~6月期の営業利益も前年同期比30.5%増と、アパレル各社が苦戦する中においてかなり好調な様子をみせました。

その理由として、建築・土木作業員による定期的な購買が見込めること、プライベートブランド(PB)商品の好調などが挙げられています。そんなアパレル業界に新風を巻き起こすワークマンから、2020年とくに注目を集めたおすすめのプチプラシューズをご紹介します。

秋冬のマストバイアイテム!社員愛用の防寒シューズ

【裏ボアLIGTHスリッポン(税込1,900円)(https://workman.jp/shop/g/g2300056367149/)】
春夏に大人気だったLIGHTスリッポンがアップデートされ、裏ボアつきになった秋冬バージョンがこちら。靴の内側にたっぷりボアがあしらわれ、モコモコと暖かい履き心地が特徴です。ワークマン独自という耐久撥水「SplaTECH(スプラテック)」加工を施し、汚れがつきにくいのも嬉しいポイント。

<口コミ>
「ボアに包み込まれている感じが嬉しい。冷え性の私にとって冬のマストアイテム」
「アウトドアにもぴったりだけど、デザインが派手すぎないのでデイリー用としても使えます」

【防寒トレッドモック(税込1,500円(https://workman.jp/shop/g/g2300056361048/))】
20万個が完売し、ワークマン社員も絶賛愛用中だというスリッポンタイプのトレッドモック。中綿入りのキルティング仕様で保温性にすぐれ、肉厚のあったかインソールが足をポカポカに保ってくれます。かかとが踏めるうえ、片足約200gという超軽量、収納袋もついています。2020年モデルはネイビー・イエローが新色として加わり、コーデのアクセントにもぴったりのアイテムです。

<口コミ>
「フィットする着用感が気に入っています。某有名ブランドのシューズみたい。ワークマンの冬物は本当に性能が高くてコスパがいい!」
「収納袋があるので、冬キャンプに重宝しそう。霜焼け防止に期待」

完売に次ぐ完売!TVでも話題の高機能シューズ

【高耐久シューズ アクティブハイク(税込1,900円)(https://workman.jp/shop/g/g2300053567054/)】
完売に次ぐ完売で、ついにこの10月再販が始まったこのシューズ。1,000円台で山歩きからタウンユースまで使える、ということで開発されました。ウォーキングシューズは1万円以上する高価なタイプが多いなか、驚きの価格帯で幅広い人々から注目を集めています。

耐久性のあるCORDURA®素材を搭載し、さらにワークマン独自の「SplaTECH(スプラテック)」加工で耐久撥水効果に優れ、泥汚れがつきにくいのが特徴。靴底に泥がつまりにくく、山歩きにもぴったりのシューズです。機能だけではなく、厚めのミッドソールや洗練されたデザインなど、ファッション性の高さも注目ポイント!

<口コミ>
「甲もきつくなく、つま先も広くて歩きやすい。安くてデザインもよく、手に入るなら色違いも購入したい」
「この機能性の高さなのに低価格。ワークマンの企業努力の素晴らしさを感じる」

オールシーズン使えて雑誌でも人気!アスレシューズシリーズ

【アスレシューズNEO(税込1,500円)(https://workman.jp/shop/g/g2300053550056/)】
ワークマン社員もみんな愛用しているというアスレシューズシリーズ。女性ファッション誌でも取り上げられ、幅広い世代から人気を集めています。上位タイプである「NEO」は、甲部分にニット素材を使用し、つま先部分はメッシュを採用。耐久性と通気性がアップしているのが特徴です。

<口コミ>
「軽くてフィット感がよく、おしゃれなのでタウンユースにもぴったり」
「履いているのを忘れるくらいの軽さ!土踏まずを優しくホールドしてくれるので、足への負担も少なさそう」

【アスレシューズハイバウンス(税込1,900円)(https://workman.jp/shop/g/g2300053552159/)】
ワークマンが分子レベルから開発したというオリジナルの高反発ソール「BounceTECH(バウンステック)」を用いた、アスレシューズの上位モデル。1日中履き倒しても足が疲れないと話題のアイテムです。また靴底には滑りにくい全面ラバーを施し、雨の日でも安心して履くことができます。

<口コミ>
「つま先が幅広で余裕があり、きつくない。クッション性があるので足に優しそう」
「今日は歩くぞ!という日はこれを履いています。疲れにくくなったと思いますよ」

※商品画像はワークマン「公式オンラインサイト(https://workman.jp/shop/default.aspx)」にてご覧ください。

ワークマンなら価格以上のシューズがいっぱい!

歩きやすさや疲れにくさ、そして安全性は、靴を選ぶうえで重要なポイントですよね。作業服の専門店としてノウハウを積み重ねたワークマンだからこそ、価格以上の機能性を誇るシューズが手に入るのです。

PB商品はとくに「デザイン・機能・価格」に訴求力を持たせたハイコスパなアイテムがそろっているため、人気商品はすぐに品切れになってしまうのだとか。ワークマンはオンラインサイトにも力を入れているので、気になったアイテムがあったら早めにチェックしてみてくださいね。


【参照】
ワークマン「2021年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)(https://www.workman.co.jp/ir_info/pdf/2021/40ki_01_kessantanshin.pdf?0817)」「公式オンラインサイト(https://workman.jp/shop/default.aspx)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング