ワークマンは安いだけじゃない。今役立つ新作「洗えるダウン3型」こだわりに感動

LIMO / 2020年10月29日 19時45分

写真

ワークマンは安いだけじゃない。今役立つ新作「洗えるダウン3型」こだわりに感動

「ワークマン女子」という言葉まで登場し、おしゃれな人のあいだで人気が高まりつつあるワークマン。ワークマンはもともと作業服の専門店。昨今のトレンドであるアウトドアファッションやスポーツミックスコーデの流れもあり、「低価格で機能性の高い」アイテムが揃うワークマンに注目が集まっているのです。今では、一般消費者向け店舗「ワークマンプラス」も展開され、SNSを中心に人気が高まっています。

なかでも人気急上昇のワークマンの「アウター」。驚きの価格帯だけではなく、高機能で、なんといってもおしゃれなところが、人気の秘訣のようです。そこで今回は新作の「洗えるダウン3型」を紹介していきます。

そんなワークマンは、スーパーなどを運営するベイシアグループ傘下の企業。日本経済新聞の「ワークマン 過去10年間の株価(https://www.nikkei.com/nkd/company/history/yprice/?scode=7564)」によると、2017~2019年は毎年2倍以上のペースで株価が上がっています。ワークマンは安定した基盤のもと、ファストファッションよりも機能性に優れ、アウトドアブランドより低価格という「競合相手のいない差別化されたブランド」として確固たる地位を築いてきたのです。

高機能「洗えるダウン」新登場。軽量、ストレッチ、温かい。

アウターの開発にも力をいれているワークマン。ワークマンブランドのアウターは、プロの現場向けのものからカジュアルなものまでラインナップされています。中でも、軽くて、温かくて、ストレッチ性もある。そして洗える!といった高機能を持つワークマンの新作「ダウンジャケット」が、早くも好評のようです。どんなダウンなのか、その特徴をみていきましょう。

ココが違う!ワークマン今年の「ダウン」

新開発1

天然ダウン45%フェザー5%+吸湿発熱わた50%のフュージョンダウン使用。ダウンの保温力と、吸湿発熱わたの発熱性で体を芯から温めることができる。

新開発2

REPAIR-TECH(リペアテック)(※ダウンフーディーのみに採用)。針の突き刺しによる穴を自己修復する特殊製法をほどこした生地。ダウンの吹き出し、空気抜けも防止。縫い目から保温した空気を逃さない。

新開発3

洗えるダウン 吸湿発熱わた(化学繊維)を融合することで、ダウンの弱点である洗濯に強く、さらに、裏地はブラックアルミ仕様なので、通常のシルバープリント1.5倍の保温性があるアイテム。

Sサイズから展開しているので、男女ともにサイズを選ぶことができます。ペアルックや、家族で揃えるのもいいですね。早くも売切れの予感がします。

2020年秋冬の新作「洗えるダウン3型」その特徴

10月中旬に発売したばかりの「洗えるフーディダウンジャケット」。ファッションアナリストの山田耕史さんと共同開発した、オリジナルの新機能、新素材を詰め込んだ「最強のダウンシリーズ」の登場です。すでに売り切れとなっているサイズが続出していますが、見つけたらぜひゲットしたいですね。

洗えるダウン「ベストタイプ」

まさに今使えるベストタイプ。ちょっと暖かさを加えたいとき、アウトドアなど腕まわりを動かすとき、在宅ワークのときなど、1枚持っていると便利なダウンベスト。

色:ブラック、ダークイエロー、ライトオリーブ、ブルーグレー
サイズ:S、M、L、LL
素材/表・裏:ナイロン100%
後身頃裏:ポリエステル100%
中わた:ダウン45%・ポリエステル40%・アクリル10%・フェザー5%
重量/約156g(Lサイズ)

【WASHABLE FUSION DOWN(ウォッシャブルフュージョンダウン) ライトベスト ¥1900(https://workman.jp/shop/g/g2300036528027/)】

洗えるダウン「ライトタイプ」

フーディータイプが好きではない人、より軽さを求める人におすすめなのが、このライトダウン。重ね着もしやすい襟なしなので、重ね着にも。オンラインではMサイズ意外は品切れのようです。オンラインではSサイズのみ売切れのようです。

色:ブラック、ダークイエロー、ライトオリーブ
サイズ:S、M、L、LL
素材/表・裏:ナイロン100%
後身頃裏:ポリエステル100%
中わた:ダウン45%・ポリエステル40%・アクリル10%・フェザー5%
重量/約216g(Lサイズ)

【WASHABLE FUSION DOWN(ウォッシャブルフュージョンダウン) ライトジャケット ¥2500(https://workman.jp/shop/g/g2300036529024/)】

洗えるダウン「フーディータイプ」

ファッション性の高いフード付のフーディーダウンは、すでにオンラインでは全サイズ売切れ。購入者の口コミでも星5つで、1枚あると冬は過ごせるほど暖かく軽量なので、見つけたら買っておくとよさそうです。

色:ブラック、カーディナルレッド、ダークイエロー
サイズ:S、M、L、LL、3L、4L
素材/表:ナイロン90%・ポリウレタン10%
中わた:ダウン45%・ポリエステル40%・アクリル10%・フェザー5%
フード部分中わた:ポリエステル100%
裏:ポリエステル100%
重量/約800g(Lサイズ)

【WASHABLE FUSION DOWN(ウォッシャブルフュージョンダウン)REPAIR-TECH(TM)(リペアテック) ダウンフーディー ¥3900(https://workman.jp/shop/g/g2300036284022/)】

※商品画像はワークマン公式オンラインストア「公式オンラインストア(https://workman.jp/shop/default.aspx)」をご覧ください。

「洗えるダウンジャケット」7つのおすすめポイント

1. ウォッシャブルなので、衛生的、かつ経済的。
2. ストレッチが効いているので動きやすい
3. 軽量なので肩がこりにくく身軽
4. 吸湿発熱で効率よく温まる
5. 大容量ポケット付
6. シンプルなデザインでどんなファッションとも好相性
7. お手頃な価格帯

安さからは考えられない高機能と普遍的なデザイン

「高機能で安定した品質、そして低価格」と嬉しいポイントを押さえているワークマン。プチプラながらも、トレンドを強く打ち出しすぎない普遍的なデザインと優れた機能性が、人気沸騰の理由のようです。

オンライン展開もしているので、おうち時間に「ワークマンのオンラインストア」をのぞいてみてはいかがでしょうか。

【参照】
ワークマン「公式オンラインストア(https://workman.jp/shop/default.aspx)」
日本経済新聞「ワークマン 過去10年間の株価(https://www.nikkei.com/nkd/company/history/yprice/?scode=7564)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング