1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

すでに品切れ色も【ワークマン】「マリンシューズ」水辺や室内で大活躍

LIMO / 2021年5月17日 19時45分

写真

すでに品切れ色も【ワークマン】「マリンシューズ」水辺や室内で大活躍

かつては作業着の専門店として職人さんたちの間で重宝されていたワークマン。近頃はその機能性の高さやコスパの良さに注目が集まり、アウトドアやスポーツを楽しむ一般の人たちからも人気のお店となっています。男性用のアイテムだけでなく、女性が活用できるアイテムも増えてきたため、それらを上手に活用する「ワークマン女子」が現れるほど。

そんなワークマンで今注目を集めているアイテムが「マリンシューズ」です。水辺や室内で活躍してくれる夏場のシューズは、早くもオンラインで入荷待ちのカラーもでるほど。そんなワークマンだからこそできた低価格のマリンシューズとは、いったいどんなアイテムなのでしょうか。

***********************

株式会社ワークマンは、群馬県伊勢崎市に本社を置く現場作業着や工場向けの作業着などを主に扱う会社です。また、ベイシアグループの一員でもあります。2021年3月末時点で全国に906店舗(うちワークマンプラス 272店舗・#ワーク マン女子2店舗)のお店を展開しています。

ワークマン「月次報告2021年3月期 2020年4月~2021年3月(第40期)(https://www.workman.co.jp/ir%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%9C%88%E6%AC%A1%E5%A0%B1%E5%91%8A)」によりますと、チェーン全店の累計売上高は前年比 120.2%(既存店売上高前年同期比 114.6%)と、とても好調な一年でした。今期は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて減収の企業も多い中、ワークマンは順調に推移しているといえるのではないでしょうか。

最近は、気温が上昇したことでTシャツやトレーニングウエアといったアウトドア・スポーツ向けの商品が好調に推移したほか、女性衣料のリラクシングウエアのワンピースやボトムスなどが売上を伸ばしています。

軽量、速乾が魅力。ワークマン「マリンシューズ」

SNSを中心に早くも話題となっている「マリンシューズ」は、水辺や屋内で活躍してくれる多目的シューズです。これから始まる海や川に入るシーズンにも役立つ便利なアイテムです。

岩場や砂浜は素足だと危険なことも多いので、そういったものから足を守ることで安全に楽しむことができそうです。こちらのシューズは防水素材ではなく、速乾性があるものとなっています。濡れてもすぐ乾くことで不快感を軽減してくれます。

また、軽量なので水辺などのアウトドアやレジャーで使用する以外に、屋内履きとしても活躍。税込980円でありながら様々なシーンで使える一足といえそうです。

オンラインストアでの販売ですが、カラーやサイズによっては在庫が残っている場合があります。ブラック(M~3L)、ネイビー(3L)、イエロー(M)は5月下旬の入荷を予定しているとのこと。ネイビー(L)とイエロー(3L)はまだ入荷日などは未定のようなので、気になる方は店舗の方をチェックしてみてくださいね。

画像出典:すべて「ワークマン公式サイト(https://workman.jp/shop/g/g2300053831056/)」

・サイズ: M(24.5cm~25.0cm)、L(25.5~26.0cm)、LL(26.5cm~27.0cm)、3L(27.5cm~28.0cm)
・カラー:ブラック、イエロー、ネイビー
・素材:ポリエステル・ポリウレタン・合成ゴム
・価格:980円(税込)

【マリンシューズ(https://workman.jp/shop/g/g2300053831056/%E3%80%80)】980円(税込)

ワークマン「マリンシューズ」5つのおすすめポイント

1. 水辺のケガから足を守るシューズ
2. 速乾性があるので濡れてもすぐに乾く
3. 選べる3色のカラー
4. 軽量なのでアウトドアや室内履きにも便利
5. 税込980円というコスパの良さ

口コミ

・「ワークマンにマリンシューズも売ってるとか、最強過ぎて本当に愛してる。いつもお世話になっております、ワークマン最高」
・「ワークマンで買ったマリンシューズを使ってます。利点はほぼ裸足感覚、ソールが柔らかいので足の形の意識がしやすい、足首が固定されない、軽い、安い。逆に欠点は横方向のずれに弱い、使用感はこんな感じです」
・「あんまり広まるとまた売り切れて買えなくなりそうで困るんですけど、トレーニングシューズにはワークマンのマリンシューズがおすすめ。安い(980円)、そこそこ丈夫(半年以上使って問題なし)、フィット感グリップ感よし(ストレッチ素材のアッパー、ゴム素材のソール)なんで1年毎に買い替え出来ます」
・「ワークマンでマリンシューズGET。ほとんど在庫なかったので買えてよかったです。これで娘との川遊びも快適になります」

現場を知っているからできる工夫

アクティブに活動する人たちのことをよく知っているワークマン。だからこそ、丈夫でユーザーが使いやすい商品がたくさんあるのではないでしょうか。

海や川に入る機会が増える春夏シーズン。ワークマンのマリンシューズがあれば足を守りながら行動することができそうです。また、室内でのトレーニングに活用するなんて使い方もあるようなので、ぜひ高コスパなシューズで快適に過ごしてみてくださいね。

参考資料

ワークマン「月次報告2021年3月期 2020年4月~2021年3月(第40期)(https://www.workman.co.jp/ir%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%9C%88%E6%AC%A1%E5%A0%B1%E5%91%8A)」

ワークマン公式オンラインストア「マリンシューズ(https://workman.jp/shop/g/g2300053831056/)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング