1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

全6種【ワークマン新作クロッグ】580円で高いデザイン性。水辺でも活躍

LIMO / 2021年6月14日 19時45分

写真

全6種【ワークマン新作クロッグ】580円で高いデザイン性。水辺でも活躍

かつては作業着の専門店として職人さんたちの間で重宝されてきたワークマン。近頃はその機能性の高さやコスパの良さに注目が集まり、アウトドアやスポーツを楽しむ一般の人たちからも人気のお店となっています。男性用のアイテムだけでなく女性が活用できるアイテムも増えてきたことで、それらを上手に活用する「ワークマン女子」が現れるほど。

ワークマンでは、職人さんたちの便利アイテムでありながら、趣味やアウトドアにもピッタリなアイテムを販売しています。今回ご紹介する「デザインクロッグ」もそのひとつ。水辺でアクティブに過ごせるシューズが税込580円で買えるため、今年も話題になっているようです。

***********************

株式会社ワークマンは、群馬県伊勢崎市に本社を置く現場作業着や工場向けの作業着などを主に扱う会社です。また、ベイシアグループの一員でもあります。2021年3月末時点で全国に906店舗(うちワークマンプラス 272店舗・#ワーク マン女子2店舗)のお店を展開しています。

ワークマンが2021年5月に発表した「株式会社ワークマン 2021年3月期決算説明会資料(https://www.workman.co.jp/ir_info/pdf/2021/202105_kessan.pdf)」によりますと、2021年3月期決算の業績は、売上高に相当する営業総収入が1058億円(前期比14.6%増)、営業利益が239億円(同25.0%増)、純利益は170億円(同27.5%増)に。この結果、10期連続で最高益を更新したことになります。中でも収益拡大をけん引したのが、アウトドアやスポーツなどの衣料を豊富に取り扱う「ワークマンプラス」の存在です。

ワークマンでは、2022年3月期の営業総収入は前期比7%増の1144億円、税引き利益は6.5%増の181億円を見込んでおり、3つの業態(ワークマン、ワークマンプラス、#ワーク マン女子)合わせて国内1500店舗体制を目標に掲げるなどの新規出店の拡大などが寄与していく見通しとなっています。

豊富なカラーとデザインが楽しい。ワークマン「デザインクロッグ」

2021年モデルとして登場した「デザインクロッグ」は全6種類。今年は柄も増え、自分好みのアイテムを選べる幅も増えました。

水遊びや素足での活動が増えるこの季節。ワークマンのデザインクロッグは、軽量で気軽に履ける便利なサンダルです。水辺で活躍してくれるのはもちろん、アウトドアや近所へのお出かけ、庭いじりといった多くのシーンで活用できます。かかとには固定できるバックバンド付きで、サンダルの悩みにも対応してくれています。

オンラインストアでは現在、ボタニカル柄がすべて売り切れとなっていて、次回の入荷は未定とのことです。

画像出典:ワークマン公式オンラインサイト(https://workman.jp/shop/g/g2300053823051/)

・カラー:ホワイトスプラッシュ、ブラックスプラッシュ、ボタニカル、メタルブラック、カモフラ、オーシャン
・サイズ:M(24.5cm~25.0cm)、L(25.5cm~26.0cm)、LL(26.5cm~27.0cm)
・素材:EVA
・価格:580円(税込)

【デザインクロッグ(https://workman.jp/shop/g/g2300053823051/)】580円(税込)

ワークマン「デザインクロッグ」5つのおすすめポイント

1. 軽くて気軽に履ける
2. 濡れてもOKな水辺にピッタリなシューズ
3. 選べる豊富なカラーとデザイン
4. かかとの固定ができるバックバンド付き
5. 税込580円というコスパの良さ

口コミ

・「今からサンダルを買おうと考えている人は、1度『ワークマン』に足を運んでからでも遅くは無い!『クロックス』は3~5千円だけど『クロッグ』は580円!安い!! 両者を比べてみた結果『サンダルとしては大差ない』と思う」
・「定番のグロッグシューズよりかなり軽く値段も安いです。グロッグシューズは脱ぐときに材質がねちっこく足にまとわりついて外れないことがありイライラすることもありますが、こちらのアイテムはプラスチックその物という材質の為か容易に脱ぐことができる」
・「Mサイズなので、女性には少し大きかったです。でも、軽くて履きやすく可愛いので自宅用にしました。価格もリーズナブルでいいですね。Sサイズがあれば良かったです」

現場を知っているからできる工夫

アクティブに活動する人たちのことをよく知っているワークマン。だからこそ、丈夫でユーザーが使いやすい商品がたくさん並んでいるのではないでしょうか。

暑い季節に欠かせない水にぬれても大丈夫なお手軽シューズ。おうちの周りや水辺で活躍してくれるアイテムが税込580円で買えるというのは注目です。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

参考資料

ワークマン「株式会社ワークマン 2021年3月期決算説明会資料(https://www.workman.co.jp/ir_info/pdf/2021/202105_kessan.pdf)」

ワークマン公式オンラインサイト「デザインクロッグ(https://workman.jp/shop/g/g2300053823051/)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング