1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

【キャンプ】スノーピークが絶好調 当期純利益146%増の大躍進

LIMO / 2021年7月24日 12時15分

写真

【キャンプ】スノーピークが絶好調 当期純利益146%増の大躍進

コロナ禍を契機に、静かなキャンプブームは熱いブームに変貌を遂げました。その中でキャンプ用品を手掛けるスノーピークは、2020年12月期に続き今期も第1四半期から順調に業績を伸ばしています。

第2四半期も直営店が絶好調であり、16期連続の増収達成に向け堅調な推移を見せるスノーピークについてみていきましょう。

コロナ禍でのキャンプブームの恩恵を受けるスノーピーク

スノーピーク<7816>の業績が堅調に推移しています。昨年の緊急事態宣言を機に「三密」にならないキャンプは、“静かな”から“熱い”ブームとなりました。第2四半期も直営店が絶好調であり、16期連続の増収達成に向け堅調な推移を見せています。

スノーピークの成長は加速

(/mwimgs/7/3/-/img_73256408b89e31bca09547f4ca444059102147.png)

拡大する(/mwimgs/7/3/-/img_73256408b89e31bca09547f4ca444059102147.png)

【出典】株式会社スノーピーク「2021年12月期 第1四半期決算説明資料」

新潟県三条市に本社を置きキャンプ用品などのアウトドア製品の開発販売を手掛けるスノーピーク<7816>は、2020年12月期が下記の業績となりました。

売上高168億円(対前年同期比18%増)

営業利益15億円(同62%増)

当期純利益10億円(同146%増)

対前年同期比で増収そして大幅な増益を果たしました。また営業活動によるキャッシュ・フローも5.0億円→30億円と急増、直営7拠点の新規出店などに充てるとしています。同社はコロナ禍におけるキャンプブームにうまく乗ったと言えるでしょう。

今期第1四半期も堅調なスタート

スノーピークの快進撃は今期も継続しており、2021年12月期第1四半期(Q1)は下記となりました。

売上高50億円(対前年同期比63%増)

営業利益5.6億円(前年同期0億円)

四半期純利益4.1億円(対前年同期比330%増)

参考:2021年12月期通期予想 

売上高205億円(対前年同期比22%増)

営業利益21億円(同37%増)

当期純利益11億円(同9.1%増)

今期はQ1から対前年同期比で大幅な増収増益を果たしました。例年1~3月はキャンプのオフシーズンとなるため、Q1は営業赤字となりやすい時期です。しかし今期は5.6億円の営業利益を計上し、通期で大幅な増益となった昨年度Q1以上のスタートダッシュに成功しています。

直営店・インストアともに売上高は伸びを見せる

(/mwimgs/7/6/-/img_76c9b713f7439e5c4d4cc52a7037b42827702.png)

拡大する(/mwimgs/7/6/-/img_76c9b713f7439e5c4d4cc52a7037b42827702.png)

【出典】株式会社スノーピーク「2021年12月期 第1四半期決算説明資料」

また通期予想との対比では、当期純利益はQ1で進捗率は売上高25%、営業利益27%、当期純利益36%に達しており、通期予想達成の可能性も高い状態にあります。

4~5月は直営店が対前年同期比3倍以上の伸びに

スノーピークは月次の売上状況を開示していますが、第2四半期(Q2)も堅調な推移を見せています。

Q2は4月が対前年同月比232%、5月同215%、6月同154%となり増収が続いており、特に4~5月は対前年同月比200%以上の伸びとなりました。直営店売上が絶好調であり4月同658%、5月同347%とキャンプシーズン到来で一気に売上が伸び、コロナ禍2年目もキャンプブームは継続中です。

また昨年6月は緊急事態宣言の解除がなされ、同社の売上も伸びた月となりましたが、今年の6月は昨年6月以上の伸びを見せており、コロナ禍2年目でキャンプブームに火が付いた状態がうかがえます。

また、海外に目を向けると、ブランド認知が順調に進展していることもあり、全ての地域にて増収を達成しました。

海外展開にも力を入れる

(/mwimgs/6/8/-/img_680419c52e1369b6129c34a1c8c38bc6114016.png)

拡大する(/mwimgs/6/8/-/img_680419c52e1369b6129c34a1c8c38bc6114016.png)

【出典】株式会社スノーピーク「2021年12月期 第1四半期決算説明資料」

新型コロナウイルスの影響が大きい地域でも卸売りとECを中心に好調さを維持しています。

スノーピークは2005年度から15期連続の増収を継続中

キャンプブームを背景に業績の伸びが注目されるスノーピークですが、2005年度から15期連続での増収を達成中です。2014年12月の東証マザーズ市場に上場時の売上高は45億円(2013年12月期)でした。2020年12月期は売上高168億円であり、IPO後に4倍近い増収となり大幅な成長を果たしています。また2020年4月に創業家3代目の山井梨沙氏が32歳で社長に就任しその経営手腕が注目されていましたが、キャンプブームを追い風にスタートダッシュに成功しています。

店舗数の状況

(/mwimgs/c/a/-/img_ca367a2f5ad9c78ac64bf08184ec6cb9121445.png)

拡大する(/mwimgs/c/a/-/img_ca367a2f5ad9c78ac64bf08184ec6cb9121445.png)

【出典】株式会社スノーピーク「2021年12月期 第1四半期決算説明資料」

キャンプブームが続いておりスノーピークは今期も堅調な業績が予想されます。Q1の好調な滑り出しに加え、キャンプシーズン入りしたQ2の直営店の活況を受け、最終的にどのような決算で着地するのか、スノーピークの業績の行方が注目されます。

参考資料

2020年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03293/2c2ddb6b/dcbd/4dab/a1fb/338698a3c74a/140120210210461531.pdf)

2021年12月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)(https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03293/4648f549/a55b/4782/8c5e/db29a1163c47/140120210514420075.pdf)

株式会社スノーピーク「2021年6月度の月次開示に関するお知らせ」(https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03293/289a993e/1043/4e1a/a0b8/2cc69506b952/20210713105950962s.pdf)

株式会社スノーピーク「2021年12月期 第1四半期決算説明資料」(https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03293/5fa77e96/3918/4e4a/9dd7/bd90f1f109d6/20210514102712895s.pdf)

東洋経済オンライン「スノーピーク、『32歳3代目新社長』でどう変わる」(https://toyokeizai.net/articles/-/343171)

有価証券届出書(https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03293/17eb2c81/8a97/4ae5/a2f8/46ec6470265f/S1003C7B.pdf)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング