1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「エースコック リンガーハットのまぜ辛めん」ピリ辛で食すすむ汁なしカップ麺、ただし残念なポイントが…

LIMO / 2021年8月31日 11時45分

写真

「エースコック リンガーハットのまぜ辛めん」ピリ辛で食すすむ汁なしカップ麺、ただし残念なポイントが…

近所のローソンにフラフラと寄ってみたところ、気になる商品が発売されていました。その名も『エースコック リンガーハットのまぜ辛めん(https://www.ringerhut.jp/news/2021/0707_2/)』(エースコック)8月2日に発売された商品で、価格は税込259円。

先日も日清の『汁なし豚ラ王(https://limo.media/articles/-/24893)』を食べたばかりの筆者。汁なしのカップ麺の大きなメリットって、「汁がないこと」だと思うんですよね。そのままなんですけど。

オフィスなどでカップ麺を食べるにあたり、汁を全部飲みたい人って意外と少ないと思うんです。とはいえ、汁が入ったままでゴミ箱に捨てるわけにいきませんし、流し台に流すのも気が引けますし。

そういう意味では、そもそも汁がない「汁なし」は、オフィスでの取り回しがしやすい、会社員に向いてる商品形態なんじゃないか…というのが私の見解だったりします。

(/mwimgs/c/6/-/img_c6600625a39f269900aad924a2e0ba4b253607.jpg)

拡大する(/mwimgs/c/6/-/img_c6600625a39f269900aad924a2e0ba4b253607.jpg)

エースコック リンガーハットのまぜ辛めん

そんなことを考えているうちに、気付いたら筆者、レジでお金を払って『リンガーハットのまぜ辛めん』、お家にお迎えしていました。

長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」と、大手カップ麺メーカー・エースコックとのコラボ商品。リンガーハットの公式リリースによれば、「ちゃんぽん麺を使用した汁なしの“まぜめん”として人気のメニュー『まぜ辛めん』をカップめんで再現した商品」「ラー油と花椒オイルでピリ辛に仕上げた旨辛だれと、肉味噌をイメージした大豆そぼろ、国産野菜を使用した具材が太めんによく絡む」のが特徴だそう。

ちなみに筆者はローソンで購入しましたが、全国のスーパー・コンビニなどで購入可能とのこと。

エースコックお得意(?)の大豆そぼろは食感が良いんですよね。ラー油と花椒(ホアジャオ)のピリ辛っとした風味も食欲をそそりそう。

(/mwimgs/1/c/-/img_1c859f06899ca4dcd8774379a855343b163775.jpg)

拡大する(/mwimgs/1/c/-/img_1c859f06899ca4dcd8774379a855343b163775.jpg)

大々的に書かれた「具材の野菜は国産です!」の文字

パッケージに大々的に書かれた「具材の野菜は国産です!」の文字。リンガーハットって、野菜と麺・餃子の小麦粉が100%国産なんだそう。このあたりのこだわりは、コラボならではの良さを感じますねえ~。

それでは早速スペックを見ていきましょう。

スペック

・カロリー
・507kcal

(/mwimgs/7/6/-/img_76252111d263c2c2f1e790a835797dce169482.jpg)

拡大する(/mwimgs/7/6/-/img_76252111d263c2c2f1e790a835797dce169482.jpg)

栄養成分表示

カロリーは507kcalでした。これが高いのか低いのか、一概な比較は難しいのですが、エースコックを代表する「スーパーカップ」シリーズで、現在推されに推されている、“汁あり”の『スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン』(113g)が487kcalです。

・容量
一食あたり126g

(/mwimgs/1/0/-/img_10aa0ee01ad4b3a35ae26c335cffdf06205612.jpg)

拡大する(/mwimgs/1/0/-/img_10aa0ee01ad4b3a35ae26c335cffdf06205612.jpg)

原材料名

ちなみに一食あたり重量が126gになりますので、最近のカップ麺事情と比較すると、一般的なものより少々大盛り、少々カロリー高いくらいの位置づけでしょうか。

(/mwimgs/1/1/-/img_11b0e9adf8af72b52f36ffab65f06208242791.jpg)

拡大する(/mwimgs/1/1/-/img_11b0e9adf8af72b52f36ffab65f06208242791.jpg)

かやく

かやく構成は、かなりシンプルな様相。原材料名を見ると、中身は「キャベツ、大豆加工品、人参」の3種類。かやくの量も少なめなように見えますね。それでは早速、食べていきましょう!

実食っ!

うわー!!立ち上る花椒&ラー油の香りがすごい!!これは食欲を強くそそってきますね…。

(/mwimgs/5/5/-/img_550057de5940a9fbf4775f8666ca251f173462.jpg)

拡大する(/mwimgs/5/5/-/img_550057de5940a9fbf4775f8666ca251f173462.jpg)

食べてみますと、エースコックではおなじみの、油揚げ麺らしいフカフカした食感。花椒&ラー油のピリ辛のマリアージュが口内を攻めてきます。辛さは、食べ終わったら唇がヒリヒリしてる、うっすら汗をかいてるくらいの辛さ。とはいえ激辛というわけではなく、食が進む、中程度の辛さです。

(/mwimgs/9/2/-/img_92f91d46b00095cc72cd4ee2c1c4fd8d155635.jpg)

拡大する(/mwimgs/9/2/-/img_92f91d46b00095cc72cd4ee2c1c4fd8d155635.jpg)

かやくが…

一方で物足りないのが、具材の量でしょうか。お写真を見ても分かるかもしれませんが、かやくはほぼほぼ、麺の海に飲み込まれてしまって存在感がありません。せっかくの「国産推し」商品なわけですから、もう少し量があったほうが満足度高い気がしました。

最近のエースコック

もとはパンの製造・販売業として1948年、大阪住吉に創業。即席麺の製造を開始したのは1959年、1964年に社名をエースコックに改称しました。現在は国内外含めた従業員数は7,015人(2020年12月末時点)、売上高は991億円(国内456億円、海外535億円 2020年12月末時点)。日本を代表する即席麺メーカーのひとつに数えられます。

参考資料

リンガーハット「食欲そそる旨辛醤油ダレが夏バテを吹き飛ばす!『リンガーハットのまぜ辛めん』」(https://www.ringerhut.jp/news/2021/0707_2/)

リンガーハット「日本の野菜をおいしく食べる!野菜、麺・ぎょうざの小麦粉はすべて100%国産です」(https://www.ringerhut.jp/quality/domestic-production_history/)

エースコック「会社概要」(http://www.acecook.co.jp/company/outline.html)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング