1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

【基本料0円】povo2.0の「トッピング」でスマホ料金を賢く節約!

LIMO / 2021年12月5日 11時30分

写真

【基本料0円】povo2.0の「トッピング」でスマホ料金を賢く節約!

格安SIMと呼ばれるサービスが普及して、スマートフォンの月額運用費を安くすることができるようになりました。また、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手通信会社も安価なブランドを用意しており、月額費用を抑えることができます。auが2021年9月下旬に提供を開始したオンライン専用ブランド「povo 2.0」は、月額基本料金が無料という思い切ったプランになっており、注目を集めています。

【図】申し込みはオンライン

(/mwimgs/5/f/-/img_5ff52fb3938bf1b40ca33286ed847451225069.png)

拡大する(/mwimgs/5/f/-/img_5ff52fb3938bf1b40ca33286ed847451225069.png)

【出典】KDDI株式会社「povo 2.0」

申込みは、オンラインで行います。スマートフォンのアプリで申し込む際には、カメラ機能を利用して、本人認証と身分証明書の認証を行い、クレジットカードを登録しますので、手軽に申し込むことができます。

【図】アプリによるpovo 2.0の申込み

(/mwimgs/a/c/-/img_ac63b54940c7c1faa22c02dc97e050cd519567.jpg)

拡大する(/mwimgs/a/c/-/img_ac63b54940c7c1faa22c02dc97e050cd519567.jpg)

【出典】KDDI株式会社「povo 2.0」

povo「トッピング」で自在にカスタマイズ

無料の月額基本料金では、128kbpsという低速通信に限定されます。

国内通話22円/30秒、国内SMS3.3円/1通(70字まで)となります。128kbpsというと、スマートフォンで実際に使ってみると、メールやSMSの送受信など、データ量の少ない操作であれば利用できます。WEBやSNSは表示が非常に遅くなるため、実用的ではありません。予備の電話やSMS連絡用のような使い方であれば、月額無料で、通話料金とSMS送信料だけで運用できますので、リーズナブルです。

また、それだけではなく、サブ回線として、2台目の端末やデュアルSIMで活用がしやすくなっています。サブ回線としてオススメの理由としては、高速通信を利用したいときに、必要な機能は別途自分で契約する「トッピング」をすることで高速通信にすぐに切り替えることができるからです。トッピングの種類も多く、データ容量、期間によって選択が可能です。通信は5Gに対応しています。

【図】アプリでトッピングを選択

(/mwimgs/7/5/-/img_758278c182490088761a59440da07166156602.jpg)

拡大する(/mwimgs/7/5/-/img_758278c182490088761a59440da07166156602.jpg)

<データトッピング>

データ使い放題(24時間)330円(税込)

データ追加1GB(7日間)390円(税込)

データ追加3GB(30日間)990円(税込)

データ追加20GB(30日間)2700円(税込)

データ追加60GB(90日間)6490円(税込)

データ追加150GB(180日間)1万2980円(税込)

例えば、サブ回線で急に高速通信を使いたいのであれば、「データ使い放題(24時間)330円(税込)」がオススメです。また、メイン回線として、運用するのであれば、ライトな使い方では、「データ追加3GB(30日間)990円(税込)」、ヘビーな使い方では「データ追加20GB(30日間)2700円(税込)」を選択すると良いでしょう。パソコンなどでテザリング使用をするような場合は、「データ追加150GB(180日間)1万2980円(税込)」を選択しておくと、大きなデータが扱えますので安心です。

【図】トッピングで高速通信した例

(/mwimgs/7/6/-/img_76917e2e03edb88bf31a58a5beee3a3a32392.jpg)

拡大する(/mwimgs/7/6/-/img_76917e2e03edb88bf31a58a5beee3a3a32392.jpg)

povoは買い物をするだけで通信量が増える?

コンテンツの使い放題のトッピングも用意されています。DAZNのような動画コンテンツではデータ容量が大きくなりますので、通常の料金プランではデータを使い切ってしまいます。使い放題パックであれば期間内は見放題になりますので、安心して楽しめます。コンテンツを楽しむ専用端末のような使い方に向いています。

<コンテンツトッピング>

DAZN使い放題パック(7日間)760円(税込)

smash.使い放題パック(24時間)220円(税込)

通話で利用する場合は、通話のトッピングが用意されています。極端な使い方では、通話トッピングだけ使用することで、通話専用端末のようにも利用ができます。例えば、子供や親に渡す端末で、通話メインで利用するような活用が可能です。

<通話トッピング>

5分以内通話かけ放題 550円(税込)

通話かけ放題 1650円(税込)

スマートフォンの故障に対応するトッピングも用意されています。

<サポートトッピング>

スマホ故障サポート 830円(税込)

「#ギガ活」というサービスも用意されており、特定のお店でau PAYで買物をすると、通信量が付与されます。例えば、ローソン、すき家、ドトールで500円以上をau PAYで利用することで、300MBの通信量(3日間利用可能)が付与されます(2021年11月現在)。よく利用する店舗があれば、買物をするだけでpovo 2.0で利用できる通信量が付与されますので経済的です。

【図】#ギガ活でデータ付与

(/mwimgs/e/8/-/img_e8fa36b6d0db1cb5af5b7cef4e7ef139543469.jpg)

拡大する(/mwimgs/e/8/-/img_e8fa36b6d0db1cb5af5b7cef4e7ef139543469.jpg)

povoはeSIMにも対応!予備の回線におすすめ

povo 2.0はeSIMにも対応していますので、iPhoneシリーズのような物理SIMとeSIMのデュアルSIM端末のeSIMに設定して、サブ回線として使用もできます。月額基本料が無料ですので、iPhoneユーザーはeSIMにpovo 2.0を設定しておくと、電話が2回線利用でき、予備の通信回線として利用もできますので、活用の幅が大きく広がります。

【図】iPhone 13 miniでeSIMに設定

(/mwimgs/1/0/-/img_1093537828bfd18dc563d16e1dda6559151128.jpg)

拡大する(/mwimgs/1/0/-/img_1093537828bfd18dc563d16e1dda6559151128.jpg)

トッピングで手軽にプランが選択できるpovo 2.0は、メイン回線、サブ回線、コンテンツ利用、通話利用と幅広く対応ができます。ご自分の用途に合わせて、トッピングを使いこなしてください。

参考資料

KDDI株式会社「povo」(https://povo.jp/)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください