1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

吉野家「肉だく牛丼」を食べてきた!アタマの大盛との違いは?肉だくを120%楽しむ食べ方も

LIMO / 2022年3月12日 12時10分

写真

吉野家「肉だく牛丼」を食べてきた!アタマの大盛との違いは?肉だくを120%楽しむ食べ方も

「うまい、はやい、やすい」のキャッチフレーズで親しまれる吉野家。吉牛(よしぎゅう)の愛称でも知られる牛丼チェーンのパイオニア的存在です。

豚丼やカレー(※編集部注)など、看板商品の牛丼以外のメニューの開発にも力がそそがれており、ラインナップも盛りだくさん。そして、味ではなく「ボリューム・サイズ」展開の豊富さも嬉しいですね。

今回は、つゆだく・ねぎだくなど「だく」メニューの中から、「肉だく牛丼」にフォーカス。

「お肉多めってことは分かるけど、“アタマの大盛”とはどう違うの?といった疑問なども解きながら、おいしくレポートしていきます。

【関連記事】吉野家・スタミナ超特盛丼。最強リニューアル後の、味とボリュームを食レポ(https://limo.media/articles/-/28016)

【吉野家】肉だく牛丼とは

さて、今回ご紹介する「肉だく牛丼」。吉野家の公式ホームページでは、

”もっと肉を食べたい人の要望に応えた禁断のトッピングが登場!”と紹介されています。

禁断のトッピングとはこれまた食欲と妄想をかきたてる表現。

イメージを膨らませながらお店に向かい、実際に肉だく牛丼を食べてきました!

肉だく牛丼をオーダー!

写真:LIMO編集部

お店では、通常の牛丼と一緒に、牛小鉢を添えて提供されます。なるほど…禁断のトッピングとは、「牛小鉢」だったわけですね。肉をしっかり食べたい人には嬉しいメニューです。

【吉野家・肉だく牛丼】「アタマの大盛り」とは、どう違う?

さて、吉野家の「お肉多めメニュー」としてまず思い浮かぶのは、アタマの大盛かもしれません。

アタマの大盛とは「お肉が大盛でご飯は並盛り」のサイズです。もともと築地一号店の常連さんの中で裏メニューとして存在していましたが、その評判や噂が広がり2013年に正規メニューに昇格。

「肉だく牛丼」と「アタマの大盛」のお肉の量についてお店の方に質問してみたところ、

「肉だく牛丼の方が、アタマの大盛よりもお肉の量が多い」とのこと。

同じご飯の量でも、お肉の量は「並盛<アタマの大盛<肉だく牛丼」の順番で多くなる、という結論ですね。

カロリーで調べてみても、牛丼並盛が635kcal、牛丼アタマの大盛が724kcal。

肉だく牛丼のカロリーは公表されていませんが、「牛丼並盛635kcal+に肉だく(牛小鉢)130kcal」で単純計算すれば、並盛で765kcal程度となりそうです。

続いて料金(税込)も比較してみました。牛丼並盛(426円)<アタマの大盛(547円)<肉だく牛丼並盛(599円)となっており、お肉の量と価格は連動しています。

ふつうの「牛丼」ではご飯の量に対して肉の量はそこまで多くないので、調整しながら肉を食べないと、ご飯が余ってしまう可能性があります。

しかし、肉だく牛丼ではご飯が余る心配が減りますので、お肉を思う存分楽しむことができそうですね。サイドメニューやトッピングを駆使しながら堪能しましょう。

【吉野家・肉だく牛丼】肉だくを120%楽しむ方法!

肉だくの魅力はなんといってもその肉の量です。いつものペースで肉を食べても、お肉の減りが遅いため、幾通りものアレンジをしながら楽しむこともできそうです。

そこで今回は、2度牛丼を楽しむことができるとっておきの食べ方を紹介します。

最初はお新香を乗せて

最初はさっぱり「お新香」で!

写真:LIMO編集部

まずは、さっぱりとお新香を乗せてひと口、ふた口味わってみましょう。

ネギを入れて「オトナ牛丼」も

吉野家のサイドメニュー「ねぎ玉子」は、ねぎと玉子が別鉢で提供されます。「ねぎ玉子」をオーダーし、まずはねぎだけを乗せて食べてみます。

オトナの味覚なら、ネギもいい感じ!

写真:LIMO編集部

ちょっと辛めで大人の味になりますね。

最後は、玉子+ネギで「ねぎたま牛丼」に

〆は「ねぎたま」でもステキ

写真:LIMO編集部

ねぎのピリッと感と歯ごたえを味わったら、そこに玉子も投入。マイルドな味がたまらない「ねぎたま牛丼」になります。

【番外編】納豆オンthe牛丼

なかには、納豆を投入する個性派も。納豆好きの方はトライしてみては?

「つゆが染み込む納豆ご飯」を味わうもよし、牛小鉢を乗せてもよし。

写真:LIMO編集部

さいごに

吉野家の「肉だく牛丼」をご紹介しました。

シンプルにお肉の量に満足するだけではもったいない!トッピングのチョイスや牛小鉢を乗せるタイミングなども、肉だく牛丼を楽しむポイントとなるでしょう。

肉だく牛丼をカスタマイズしながら、じっくりと味わってみましょう。

参考資料

吉野家「肉だく牛丼」(https://www.yoshinoya.com/menu/gyudon/nikudaku-gyu-don/)

吉野家「牛丼」(https://www.yoshinoya.com/menu/gyudon/gyu-don/)

吉野家「メニュー別・栄養成分・アレルギー物質一覧」(https://www.yoshinoya.com/pdf/allergy/)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください