1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

芸術が爆発した猫の毛づくろい 岡本太郎的なセンスに1万8000いいね

LIMO / 2023年11月26日 11時50分

写真

芸術が爆発した猫の毛づくろい 岡本太郎的なセンスに1万8000いいね

犬猫の入手経路と、入手予算についてもご紹介

毛づくろいの仕上がりが「芸術的」だった猫ちゃんがX(旧Twitter)で注目を集めています。

投稿したのは、X(旧Twitter)ユーザーの「@NEKOLAND13」さん。

当ポストには2023年11月17日時点で1万8000件を超えるいいねが集まり
「髪型はヴェートーベン、髭はダリ」
「自信満々ww」
「岡本太郎的な芸術を感じますw爆発が素晴らしい!」
といったコメントが寄せられるなど話題となっています。

また後半では、犬猫の入手経路や入手予算についても紹介します。

※ポストの画像は【写真つきで記事を読む】をご参照ください。
※今回ご紹介するポストは、投稿者様の掲載許可を頂いております。

長毛猫ちゃんの不器用な毛づくろいにホッコリ

出所:@NEKOLAND13(https://twitter.com/NEKOLAND13/status/1724745611747135589)

「芸術点高めな毛づくろいやな」というコメントとともに投稿されたのは、1枚の写真でした。そこに写っているのは猫の「ノーマン」くん。

「不器用な毛づくろい」という、長毛猫ちゃんらしさを感じる一面を持つノーマンくん。Xでは、ノーマンくんが実際に毛づくろいをする動画も投稿され、その不器用ぶりが愛らしいと話題です。

出所:@NEKOLAND13(https://twitter.com/NEKOLAND13/status/1724745611747135589)

この日のノーマンくんは、顔周りの毛が四方八方に向いた仕上がりになっていました。髭の周りの毛はくるんとカールしており、後頭部の毛もなかなかの広がりぶりです。

手で頭まわりを一生懸命にお手入れしたのでしょうか、毛づくろいをする姿を想像するとホッコリしますね。自信満々といった具合の表情にもクスッときます……。

※編集部注:外部配信先では図表などの画像を全部閲覧できない場合があります。その際はLIMO内でご確認ください。

「ワックスのCMオファーが来そう」「芸術の秋ですね」たくさんの反響

出所:@NEKOLAND13(https://twitter.com/NEKOLAND13/status/1724745611747135589)

ノーマンくんのお茶目で愛らしい一コマは、Xで大勢を癒したようです。

投稿には「ダリの髭」「岡本太郎的な芸術性を感じる」など想像を膨らませた人の声が続出。

ほかにも「キリッとしているところが好き」「毛の遊ばせ具合、さすが」「ニャッツビーのCMに出れそう」「みんな僕の美貌に驚いてるニャ」といった感想も寄せられ、投稿は賑わいを見せています。

遊びが大好き!活発な性格のノーマンくん

――普段はどのような子ですか?

ノーマンはワンパクです。よくエマやレイ(一緒に暮らす猫たち)にちょっかいを出して、追いかけっこをしていますが、甘えん坊な一面もあります。

――おもしろい、または珍しいクセなどはありますか?

遊んで欲しいときにオモチャを咥えて持ってきたりと、遊び盛りなイメージですね。

――自慢のポイントは何ですか?

猫が3匹いるので、長毛の3ニャンをモフモフして毎日癒されています(笑)。

以上、SNSで話題の猫ちゃんでした。

家族同然のペット、買う?保護する?譲ってもらう?

kazoka/shutterstock.com

それではここから、ペットの入手事情・予算事情について見ていきましょう。

みなさんは、ペットをどのようにお迎えしているでしょうか。

一般社団法人ペットフード協会はペット関連企業のマーケティング施策や商品開発を後押ししたり、ペットの飼育率向上を図るため、全国犬猫飼育実態調査を行っています。

「令和4年 全国犬猫飼育実態調査」によれば、希望のペット入手方法についてアンケートを取ったところ、以下のような結果となりました。

※数値は「現在飼育なし&今後飼育意向あり」の場合

犬の入手方法について

無償譲渡を希望する割合:55.5%

有償入手を希望する割合:44.5%

※アンケート人数742

猫の入手方法について

無償譲渡を希望する割合:77.1%

有償入手を希望する割合:22.9%

※アンケート人数555

無償譲渡を希望する割合は、猫を飼育希望する人のほうが多いことがわかりました。

次は、ペットをお迎えするのにかかる費用についてご紹介します。

猫を入手するための平均予算上限は約14万円

同調査では、ペットを有償で入手してもよいと答えた人に、その予算についてアンケートを実施しています。

犬の入手予算上限

5万円未満まで:13.9%

10万円未満まで:30.6%

20万円未満まで:30.0%

30万円未満まで:17.9%

40万円未満まで:2.7%

50万円未満まで:4.2%

※2%未満は非表示、アンケート人数330

犬の入手予算上限平均=約15万円

猫の入手予算上限

5万円未満まで:16.5%

10万円未満まで:34.6%

20万円未満まで:29.9%

30万円未満まで:11.0%

40万円未満まで:※2%未満

50万円未満まで:7.9%

※2%未満は非表示、アンケート人数127

猫の入手予算上限平均=約14万円

ペットを迎える方法や予算は、飼い主によりさまざま

犬と猫をお迎えできる予算の上限の平均は、犬のほうがやや高め、という結果になりました。

家族同然となるペットをお迎えするのに、その方法や予算は飼い主さんによってさまざまです。

その一生を責任もって面倒を見るペット、幸せな迎え方をしたいですね。

参考資料

@NEKOLAND13(https://twitter.com/NEKOLAND13/status/1724745611747135589)

一般社団法人ペットフード協会「令和4年 全国犬猫飼育実態調査」(https://petfood.or.jp/data/chart2022/index.html)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください