誰が使える? 何がすごい? 今さら聞けないiDeCo(イデコ)のキホンをおさらい

投信1 / 2018年1月13日 17時15分

写真

誰が使える? 何がすごい? 今さら聞けないiDeCo(イデコ)のキホンをおさらい

最近よく耳にするようになったiDeCo(個人型確定拠出年金)という言葉。「加入対象者が拡大した」とか「節税効果がある」とか、なんとなく聞いたことはあるけれど実際に、どんな人が加入できるのか、節税効果とはいったいどういうことなのかなど、具体的にはよくわからないという人も多いかもしれません。そこで今回は、今さら聞けないようなiDeCoのキホンをおさらいしてみたいと思います。

いったいどんな人が加入できるの?

そもそもiDeCoに加入できる人というのはどのような人なのでしょうか。これまでiDeCoは、限られた人しか加入できない制度でした。たとえば、自営業の人や企業年金のない会社のサラリーマンなどは加入できても、専業主婦(夫)や公務員の人は加入できない制度だったのです。

しかし、2017年1月からは加入対象者が拡大され、専業主婦(夫)や公務員、企業年金のある会社に勤務するサラリーマンなど、多くの人が加入できる制度になったのです。ですので、いまや「ほとんどすべての人が利用できる制度」と言っても過言ではありません。

前提条件として、加入するには20歳以上60歳未満という年齢の制限がありますが、自営業者や学生、フリーランスや専業主婦(夫)、公務員や共済加入者も加入できます。民間企業のサラリーマンの場合、企業型確定拠出年金に加入しているか、加入していないかがまず1つの基準となり、加入していない人はiDeCoに加入できます。

また、加入している人もiDeCoに加入できないわけではなく、企業型年金の規約の中でiDeCoに同時加入してよいということが書かれていればiDeCoに加入することができます。

では、どんな人が加入できないのでしょうか。

たとえば企業型確定拠出年金に加入しており、規約の中でiDeCoへの同時加入が認められていない場合、自営業者や学生、フリーランスなら、農業者年金の被保険者となっている場合はiDeCoに加入することができません。また、国民年金の保険料納付の免除・一部免除等を受けている人もiDeCoに加入することができないので注意してください。

<加入できる人>

20歳以上60歳未満の人

自営業者や学生、フリーランスや専業主婦(夫)、公務員や共済加入者など

民間企業のサラリーマンの場合、企業型確定拠出年金に加入していない人

民間企業のサラリーマンの場合、企業型確定拠出年金に加入している人で、企業型年金の規約にiDeCoに同時加入可能と書かれている場合

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
投信1

トピックスRSS

ランキング