なぜ「夢」を持つと「運」を引き寄せるのか?

投信1 / 2018年1月14日 17時20分

写真

なぜ「夢」を持つと「運」を引き寄せるのか?

周りに流されずに「目的意識」を持とう

新年が明けてもう2週間が過ぎようとしていますね。あなたは、もう2018年の夢や目標を立てたでしょうか? 今日は「夢」を持つことの重要性をお伝えしたいと思います。

「夢」の大切さを象徴する先人の言葉

人間には「夢」や「目標」を持つことが絶対に必要だと僕は思っています。

「Boys be ambitious ! (少年よ大志を抱け)」っていう言葉、聞いたことありますか?

そうです。ずっと昔、今の北海道大学にあたる札幌農学校の教頭先生をしていたアメリカのクラーク博士が、日本を去るにあたって教え子たちに送った言葉です。

札幌の羊ヶ丘公園では、クラーク博士の銅像がこの名言とともに未来を指差して、いまも僕たちの未来を見守っています。

あなたは、絶対に成功する方法がたった1つだけあるとしたら、何だと思いますか? それは、クラーク博士がいうように「大志」、つまり「夢」を持つことなのです。

なぜ「夢」を持つと「運」を引き寄せるのか

なぜ「運」が「成功」をもたらすのか? そのメカニズムについて説明したいと思います。

夢というとイチローみたいなメジャーリーガーになりたいとか、大企業の社長になりたいとか、人気女優さんになりたいとか、とても叶いそうにない大きな夢のことを思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし、僕らが生きている一般社会では、「そんなの無理、無理。もっと現実を見た方がいいよ」などと、夢を応援されるより、現実に引き戻されてしまうことが多いような気がします。

でも本当にそうなのでしょうか? 夢をもつことは無駄なのでしょうか?

たとえ叶いそうにない大きすぎる夢でも、僕は夢を追い続けることで、とても幸せで、充実した毎日を送れるようになると思います。だって、その夢は周りをも幸せな気持ちにする効果があるのですから。

僕たちが小さかった頃、アイドルになる、サッカー選手になる、って無邪気に夢を語ったことはないでしょうか? あなたの子供も、目をキラキラさせながら夢をあなたに語ってくれたことはないでしょうか?

僕はそんな我が子を見て、とても幸せな気持ちになったものです。きっと僕が子供だった時も、無邪気に夢を語る僕の姿を見て、両親はとても幸せな気持ちになってくれていただろうと思います。

なにも夢は大きなものでなくても構わないのです。そして、「夢は必ずしも叶えられなければ意味がない」というものでもありません。なぜなら、夢は持つこと自体に意味があるからです。

投信1

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング