自動運転/MaaSのイノベーションの流れは変わらず~Uber自動運転車事故を受けて

投信1 / 2018年4月17日 20時25分

写真

自動運転/MaaSのイノベーションの流れは変わらず~Uber自動運転車事故を受けて

Uberの自動運転車による死亡事故のインパクト

2018年3月18日夜(現地時間)、米・アリゾナ州で実証実験走行中のUber(ウーバー)の自動運転車が、横断歩道のない場所で自転車を押しながら道路を横断していた歩行者をはね、死亡させるという痛ましい事故が発生しました。公開された映像などからは、各種センサーを搭載していたにもかかわらず自動運転車にブレーキをかけた形跡がない、万が一のために乗車していたはずのバックアップドライバーが1名しか搭乗しておらず、直前まで前を向いていなかった、といったことも報じられています。

事故の原因については様々な推測が飛び交っている状況にありますが、現時点では明らかになっていない点も多く、今後の調査結果が待たれます。

この事故を受け、 NVIDIA(エヌビディア)やトヨタなど一部の自動運転車開発企業は公道上のテストの一時停止を発表しています。一方で、Intel(インテル)やWaymo(ウェイモ)などは、むしろこのような事故を防ぐ意味でも自動運転は有用であるという主張を前提にテストを続行しています。

本当に危ないのは自動運転そのものなのか?

今回の事故の報道をご覧になって「やはり自動運転は危ない」とお考えになった方も多かったかもしれません。テスト中だからといって事故を起こしていいはずはないですし、事故が発生してしまったことは残念でなりません。

ただ、ここで私たちの目、意識を「事故が起こった=自動運転車は危ない」という部分だけにフォーカスしてはいけないとも思う気持ちもあるのです。私たちの視点はいま、実際に起こった事故に向けられていますが、「自動運転によって防ぐことができた事故、今後防ぐことができるであろう事故」は目には見えないからです。

各国政府にとって自動運転技術が「強力に推進したいイノベーション」である3つの理由

自動運転は、次にあげるいくつかの点から各国政府にとって「安全性には十分に注意を払いながらも、強力に推進していきたいイノベーション」であると見ています。

1.事故削減効果

世界保健機関によると、世界では毎年、交通事故で120万人以上の命が失われているとされます。言うまでもなく、交通事故による死傷者やその家族をはじめとする周囲の人々が受ける苦痛の大きさははかりしれません。また、マクロ的視点からは、各国政府機関などが推計する交通事故による社会的・経済的損失は莫大な規模であり、こんにちの世界的な社会問題となっています。交通事故の件数や発生率の低減は各国政府にとっても重要な目標だといえるでしょう。こうした中、自動運転技術には、交通事故を減らす効果が期待されています。

投信1

トピックスRSS

ランキング