就活が終わったらやっておかないと絶対に後悔する5つのこと

投信1 / 2018年4月17日 11時10分

写真

就活が終わったらやっておかないと絶対に後悔する5つのこと

就職活動もまさに正念場というところですが、その山を越えて方向性が決まると、学生生活も残りわずかだということにハタと気づいたりします。今回は大学生のうちにしておかないと後悔する5つのことを考えてみたいと思います。

その1:友人・知人のネットワークを広げる

大学生は自由なようで、意外に同じクラスの友人、部活やサークルといった身近なコミュニティの中だけで生活している人も少なくありません。それはそれでよいのですが、大学の外の世界と接点を持つことでネットワークを広げておきたいところです。そのきっかけはアルバイトでもボランティアでも構いません。

一度社会人になってしまうと、自分の興味の赴くままに行動しようとしても、「XX会社のAさん」「YY省のBさん」というように、どうしても所属する組織の肩書で見られがちになります。

もちろん肩書で信用を得ることもありますが、一方で相手に構えられてしまうこともあります。その点、大学生は警戒されることはあまりないといえるでしょう。自分の見聞を広げるためにも大学生の立場を利用してネットワーク作っておくとよいでしょう。

社会人になってから自分で何かアクションを起こしたいときに、そのネットワークが生きてくるはずです。その重要性に社会に出て10年くらい過ぎてから気づくなどということもあります。

その2:読書をする

昨今はスマホを利用する時間が長くなって、読書という行為そのものがなくなりつつあるかもしれませんが、やはり体系的に何かを学ぼうとすれば本を避けては通れません。また、社会人になると、じっくり読書する機会は自分で相当積極的に作らなければ持てなくなるものです。

大学での専攻は皆さん異なるでしょうが、それぞれの分野で先生が知識を広げたり専門性を深めるための「リーディングリスト」を紹介してくれることと思います。それらを読み進めていくと効率的に情報のインプットができるのではないでしょうか。一言でいえば、勉強した方がよいということです。

その3:海外旅行をする

最近は、「旅行が好きではない」「旅行しなくなった」という若者の声も耳にします。ただ、一度でも海外に行ってみると、日本の治安の良さや食べ物のおいしさ、コストパフォーマンスの高さなどを身にしみて感じます。

従来は、商社や輸出関連企業に就職する学生は海外を知っておくことが当たり前であったかもしれませんが、これからはインバウンドといわれるように外国人観光客をいっそう日本に呼び込もうという動きがあります。こうなると、内需関連産業で仕事をする人も海外を知らないというわけにはいきません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
投信1

トピックスRSS

ランキング