ゴルバチョフ大統領が初来日【1991(平成3)年4月16日】

トウシル / 2020年4月16日 5時0分

写真

ゴルバチョフ大統領が初来日【1991(平成3)年4月16日】

1991(平成3)年4月16日

ゴルバチョフ大統領が初来日

 1991年の4月16日、ソ連(現ロシア)のミハイル・ゴルバチョフ大統領がソ連の元首として初めて来日。当時の海部俊樹総理と会談し、日ソ共同声明に署名しました。

 ゴルバチョフ大統領は、旧ソ連最後の最高指導者です。1985年、ソビエト連邦共産党書記長に就任後、ソ連の経済改革を目指し、ペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)を実行しました。旧ソ連国内は、保守派と改革派に分裂し、1991年「8月クーデター」が勃発。新連邦条約締結に失敗し、ソ連共産党の一党独裁体制と、ソ連の体制そのものが終結・崩壊しました。

 ノーベル平和賞を受賞したほか、西側諸国での評価は高く、特に日本では「ゴルビー」の愛称で親しまれました。

 

1991年4月16日の日経平均株価終値は

26,813円30銭

 

(トウシル編集チーム)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング