日本株急落。買い時?見送り?「押し目買い」と「撤退」の基準とは

トウシル / 2018年10月12日 8時30分

写真

日本株急落。買い時?見送り?「押し目買い」と「撤退」の基準とは

 10月上旬の日本株は株価急騰後の調整局面となっています。買いそびれていた方にとっては、押し目買いの機会と考えそうなタイミングですが、手放しに喜んで買っても本当によいのでしょうか?

 

「押し目」とはいったい何か?

 上昇を続けていた株価が値下がりしてくると、「押し目買いの好機」という声が聞こえてきます。ではいったい、「押し目」とはなんのことでしょうか?

 いくつか考え方がありますが、筆者自身は「上昇トレンドにある株価の一時的な下落局面」が押し目であると定義づけています。
 ですから、株価が上昇トレンドにあることが大前提です。値下がりを続けていたり、安値を更新しているような銘柄を買うことは、押し目買いではなく株価下落途中の逆張り買いですので注意してください。

 上昇トレンドの定義づけもさまざまですが、筆者は一貫して、25日移動平均線を株価が超えている状態を上昇トレンドとしています。
 そして、上昇トレンドを維持する状態で株価が下落し、25日移動平均線に株価が近づいてきた状態を押し目としています。

 

なぜ上昇トレンドの銘柄のみを狙うのか?

 なぜ筆者は上昇トレンドにある銘柄のみの押し目買いを狙っているのでしょうか?

 9月中旬以降の日本株大幅高の際、日経平均株価こそ27年ぶりの高値まで到達しましたが、個別銘柄をみると動きはまちまちでした。高値更新となる銘柄がある一方、ほとんど上昇しないものもありました。

 株価上昇局面でも全ての銘柄が同じように上昇するわけではありません。強い銘柄と弱い銘柄があり、強い銘柄の方が株価は上昇しやすく、かつ押し目も浅い傾向があります。
 強い銘柄であれば、日本株全体が一時的に調整する局面においても、25日移動平均線を割り込まずに上昇トレンドを維持することが多いです。

 ですから筆者は、株価が大きく上昇して25日移動平均線から大きくかい離していた強い銘柄が、押し目を形成して25日移動平均線からのかい離を縮小したところを狙っているのです。

 筆者も資金量の関係上、ウォッチしている銘柄を全て買うことはできません。株価が順調に上値追いを続ける強い銘柄を買いそびれるケースも多々あります。
 そうした銘柄を買うことができるのが、強い銘柄が押し目を形成する局面なのです。

25日移動平均線を割り込んだ銘柄を押し目買いしない理由は?

 個人投資家の中には、25日移動平均線を割り込んだ銘柄であっても気にせず押し目買いをする方も少なくないと思います。
 しかしそれでは、押し目買いをした後の株価の動きによっては、うまく対応ができなくなってしまいます。

 押し目買いをした後のことを考えてみてください。買った後首尾よく株価が上昇すれば成功ですが、逆に買った後も株価が下げ止まらない場合もあります。

 筆者が25日移動平均線を超えている銘柄しか買わない理由は、買った株が値下がりしたときの損切りのメドがつけやすいからです。

 25日移動平均線を超えた状態にある銘柄を押し目買いし、25日移動平均線を割り込んだら損切りをするのです。
 こうすれば、押し目買いが失敗に終わった場合でも、小さな損失で切り抜けることができます。

 でも、もともと25日移動平均線を割り込んだ状態の銘柄を押し目買いした後に株価がさらに値下がりした場合、損切りを実行する株価を明確に決めることは難しいです。損切りできずにズルズルと持ち続けてしまう方も多いので、十分気を付けてください。

 なお、25日移動平均線を割り込んだ後に反発して上昇を続けるケースもあります。その場合は、25日移動平均線を超えるのを待ってから買うようにしています。
 25日移動平均線を超えなければ、株価はなかなか大きく上昇しません。そうした銘柄を買わないことも、強い銘柄に限りある投資資金を使って投資効率を高めるために必要なことです。

 

「どうなったら買うか」「どうなったら売るか」を決めてから押し目買いを実行

 個人投資家の方に非常に多い失敗が、押し目買いと思って買った株がさらに大きく下落してしまい、多額の含み損を抱えてしまう、というものです。
 なぜこのような失敗をしてしまうかといえば、適切なタイミングで押し目買いをしなかったことと、そしてどうなったら売却するかを決めていなかったことが原因です。

 25日移動平均線からのかい離が大きい状態で押し目買いをしてしまうと、かい離が小さくなるのを待ってから押し目買いをするより高く買うことになってしまいます。
 そして、25日移動平均線を割り込んだら損切り、と決めずにダラダラと保有を続けると、株価がさらに下がり続けて、含み損を抱えたままどうしようもなくなってしまいます。

 筆者は25日移動平均線からのかい離が5%以下になったら押し目買いを実行し、25日移動平均線を明確に割り込んだら損切りをする、というルールを決めて実行しています。
 筆者と同じルールを使う必要はありませんが、どのような状況になったら買い、どのような状況になったら売却するのかをあらかじめ決めたうえで、失敗しても損失が大きくならないような押し目買いを実行するようにしましょう。

(足立 武志)

トウシル

トピックスRSS

ランキング