海外移住の日【1908(明治41)年6月18日】

トウシル / 2019年6月18日 5時0分

写真

海外移住の日【1908(明治41)年6月18日】

1908(明治41)年6月18日

海外移住の日

 

 1908(明治41)年6月18日、日本からの初めての海外移住者の団体がブラジルのサントス港に到着しました。

 正式な記録としては、日本人の海外移住は、明治維新のあった1868年から始まっており、同年、米国商人のユージン・バンリードによって約150人の日本人労働者がハワイへ、約40人がグアムへ海外移住しています。この日本人労働者は「元年者」と呼ばれ、政府の許可を受けることなく日本を出国しました。

 日本初の海外移民となった「元年者」ですが、残念なことに渡航地では奴隷として扱われたと言われています。明治政府はこの結果を重くみて、日本人の海外移住を許可せず、出稼ぎ労働者は北海道開拓へ向かわせました。

 1885年、官約移民(政府が許可した移民)が始まると、日本人の海外移住が爆発的に増加しました。ハワイ王国(当時は独立国)への移住をはじめとして、太平洋の各諸島、オセアニア、東南アジア各国へ移住し、世界各国に多くの日本人街が誕生しました。

 特に、北米への移住者が相次ぎ、米国政府は日本人の急激な人口増加に懸念を示し、ついに日本人の受け入れを禁止。ペルーでも日本人増加に対しての排日運動が起きたほどでした。

 北米が日本人の入国を禁止するようになると、他の国々が日本人移民を受け入れるようになり、特にブラジルが日本人移民労働者の主要な渡航先になっていきました。そして1908年、正式なブラジル移民団がブラジルに向け出発し、後日この6月18日が「海外移住の日」と制定されたのです。

ライター: FIX JAPAN 前沢ともあき

 

(トウシル編集チーム)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング