FOMCの今週、ドル/円は109円を目指すか、107円へ落ちるか? ドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円の上値と下値のメドを確認

トウシル / 2019年6月18日 9時19分

写真

FOMCの今週、ドル/円は109円を目指すか、107円へ落ちるか? ドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円の上値と下値のメドを確認

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは108.90

下値メドは108.21

今朝の天気マークは「くもり」

※天気の判定基準は記事末尾にあります

利下げなのに、ドル下がらないのはなぜ?​

 週明け月曜日(17日)のドル/円は米長期金利と共に上昇、108.72円までいきましたが、今週のピボットの第1レジスタンスである108.85円は超えられず。この水準をブレークすると次のターゲットは109.16円になりますが、FOMC(米連邦公開市場委員会)を控えて今は様子見。昨日は全体として静かなマーケットでしたが、ふと見るとポンドが沈没中。オセアニア通貨も弱く、1月のフラッシュクラッシュ以来の安値をつけています。今週のサポートとレジスタンスは「今日の注目通貨」をご覧ください。

 しかし、なぜドルが買われているのか?
今週のFOMCでFRB(米連邦準備制度理事会)は、金融政策を緩和方向へと大きく転換すると考えられています。FRBは早ければ7月にも利下げの予定。

 利下げなのにドルが上昇するというのは意外な感じですが、実はFRBの政策とドルの方向に強い関係はないという考えがあります。ではドルにとって重要な要素は何かというと、それは米国とその他の国との成長格差。利下げしても米国経済が上向くなら、欧州や英国、日本に比べて米国は魅力的だということになるので、ドル売りではなくドル買いになります。

 また、米国の経済成長が弱くなれば、世界経済の成長もゼロへと向かうと考えられます。米国を含め世界の景気が停滞するときは、ドルはセーフヘブン通貨としての需要によって買われることになるのです。

 昨日のマーケットで、政治的混乱で経済見通しが不透明となっているポンドや中国経済に影響を受けやすい豪ドルやNZドルが売られたのは、このような理由だと考えます。
 

毎ヨミ!FXトップニュース(6月17日)

17日ドル/円のNY市場の終値は108.53円

 14日の終値に比べ0.01円のドル安/円高だったので、今朝の天気マークは「くもり」です。

各国・各通貨トピックス

ドル:
    トランプ米大統領、G20で習国家主席に香港デモの問題提起へ
    米中間の貿易全てに25%の関税なら、世界の成長率は約0.7%ポイント下押し
    ロス米商務長官「G20期間中に中国と合意できる可能性は低い」
    6月米NY連銀製造業景気指数が大幅悪化 政策金利8.6(予想17.8)

円:
    2020年から「サラリーマン増税」始まる
    60歳の4人に1人が「貯金100万円未満」

中国人民元:
    習主席、6月20から北朝鮮を訪問
    香港「逃亡犯条例」改正は、習近平指導部が要請か

トルコリラ:
    ムーディーズ、トルコを「B1」に格下げ 見通しネガティブ
    トルコ中銀、イスタンブール市長再選挙後のリラ安を警戒

その他:
    イスラエル、「トランプ高原」と名付けた新たな入植地をつくると発表
    アルゼンチンで「史上最悪の停電」。数千万人に影響、隣接国でも発生
    インドア派、アウトドア派はどちらが多い? 7割がインドア派
    米4歳児が「チョコレートを買いに行きたくて」祖父の車を運転

主要指標終値

出所:楽天証券が作成

本日の注目通貨

ドル/円:107.52円から109.51円

今週のピボットは108.49円。108.50円キープで109円目指すか

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

第3レジスタンス:109.51円
第2レジスタンス:109.16円
第1レジスタンス:108.85円
ウィークリー・ピボット:108.49円
第1サポート:108.19円
第2サポート:107.83円
第3サポート:107.52円

6月のこれまでの高値は108.80円、安値は107.81円。
高値と安値の半値(50%)は108.31円。

先週の終値はその前の週に比べ0.33円のドル高/円安。
先週の値幅は0.66円。
1日の平均値動きは0.50円。

2019年のこれまでの高値は112.40円、安値は104.01円。
半値レベルは108.20円。

ユーロ/ドル:今週のレンジ予想:1.1020ドルから1.1443ドル

今週のピボットは1.1252ドル。この水準より下でベアモード。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

第3レジスタンス:1.1443ドル
第2レジスタンス:1.1393ドル
第1レジスタンス:1.1302ドル
ウィークリー・ピボット:1.1252ドル
第1サポート:1.1161ドル
第2サポート:1.1111ドル
第3サポート:1.1020ドル

6月のこれまでの高値は1.1348ドル、安値は1.1160ドル。
高値と安値の半値(50%)は1.1254ドル。

先週の終値はその前の週に比べ120ポイントのユーロ安/ドル高。
先週の値幅は141ポイント。
1日の平均値動きは71ポイント。

2019年のこれまでの高値は1.1570ドル、安値は1.1107ドル。
半値レベルは1.1338ドル。

ユーロ/円:119.59円から124.23円

今週のピボットは122.14円、今年の高値と安値の50%は122.35円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

第3レジスタンス:124.23円
第2レジスタンス:123.68円
第1レジスタンス:122.69円
ウィークリー・ピボット:122.14円
第1サポート:121.14円
第2サポート:120.59円
第3サポート:119.59円

6月のこれまでの高値は123.14円、安値は120.78円。
高値と安値の半値(50%)は121.96円。

先週の終値はその前の週に比べ1.55円のユーロ高/円安。
先週の値幅は1.55円。
1日の平均値動きは0.64円。

2019年のこれまでの高値は127.50円、安値は117.20円。
半値レベルは122.35円。

トレード前に必ずチェック!今日発表の重要指標!

RBA(豪準備銀行)議事録、ドラギ総裁発言、欧州CPI(消費者物価指数)、ドイツZEWなど

経済指標過去データは楽天証券サイトにてご確認ください。 出所:楽天証券作成

◎天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2018年は、「晴れ」80日、「雨」82日、「くもり」98日 でした。
また、2018年は延べで43.33円上昇、延べで46.41円下落。差引3.08円の円高(2017年末に比べて)でした。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング