ドル/円にそろそろ天井感? 今週のドル/円、ユーロ/円の上下の注目レベルはどこ?

トウシル / 2019年9月30日 10時4分

写真

ドル/円にそろそろ天井感? 今週のドル/円、ユーロ/円の上下の注目レベルはどこ?

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは108.73

下値メドは107.15

今朝の天気マークは「くもり」

※天気の判定基準は記事末尾にあります

2019年のマーケット、最終コーナーへ

 27日(金曜日)のドル/円は、海外時間に108.18円まで上値を伸ばしこの週の高値をつけました。しかしドル高方向に大きく抜けることはなく、107.95円でこの週の取引を終了。24日(火曜日)の週の安値106.96円から1円戻したことになります。高値と安値の50%は107.57円。週後半は107円台後半で横ばいが続き、はっきりした方向感がでませんでした。

 今週から10月です。2019年のマーケットも残り3ヵ月となります。10月のマーケットが円高、円安のどちらに傾きやすいかといえば、円高方向だろうと考えています。米中貿易協議が劇的な合意に至るなら話は別ですが、今のところ期待薄。来月末に行われるFOMC(米連邦公開市場委員会)の利下げ確率は50%まで上昇しています。

 そして10月といえば英国のブレグジットの期限。EU離脱後の英経済を憂慮するBOE(イングランド銀行)は、ついに利下げグループに仲間入りです。日銀の緩和政策はすでに出尽くしで、金利差縮小とリスクオフから円高に分があるようです。ドル/円だけではなく、クロス円の下落にも注意したいです。ユーロ/ドルは 2017年5月以来の安値を更新中。

 今週は、欧州インフレ指標、米9月雇用統計などの第一級指標が盛りだくさん。パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長も発言予定です。前半の重要指標は明日のRBA(豪準備銀行)会合。RBAは政策金利を1.00%から0.75%に利下げする予想です。今週のドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円の上下のメドは「今日の注目通貨」をご覧ください。

毎ヨミ!FXトップニュース

27日ドル/円のNY市場の終値は107.95円

 26日の終値に比べ0.10円のドル高/円安だったので、今朝の天気マークは「くもり」です。

今日の格言:

世の中の認識が、「コップに水が半分入っている」から「半分空である」に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる - ピーター・ドラッカー

各国・各通貨トピックス

ドル:
 トランプ政権、米国から中国企業への証券投資の制限を検討か
 カプラン・ダラス連銀総裁「米中貿易戦争が続いたとしても、米経済は強く成長」
 エバンス・シカゴ連銀総裁「追加利下げは想定していない」
 バーキン・リッチモンド連銀総裁「利下げは緩和期間の長期化を意味しない」

NY株式市場:
 先週は、ダウ平均▲0.43%、S&P▲1.01%、ナスダック▲2.19%、そろって2週続落。
 年初来では、ダウ平均+14.97%、S&P+18.15%、ナスダック+19.66%。

NY原油先物:
 イエメンの親イラン武装組織フーシ派がサウジ兵らを多数拘束か
 ロウハニ・イラン大統領「サウジ石油施設の攻撃にイランは関与していない」

円:
 円:GPIF、環境債(グリーンボンド)に本格投資 
 ジャパンディスプレイ、中国ファンドが支援見送り通知 再建案は一段と混迷
 シャープ、白物家電の生産終了
 メルカリ、累計取引5億件突破。1秒に4.5品売れる

豪ドル:
 ロウRBA総裁「さらなる金融緩和が必要」
 RBA総裁「我々は量的緩和を検討しているが、実現はないだろう」
 RBA(豪準備銀行)、利下げはいったん休止?「今は利下げの効果を見守るとき」
 RBA「非伝統的政策を導入する可能性は低いが、必要なら検討する」

その他:
 歯の鎮痛用麻酔薬で血液が青色に = 医学誌が症例を発表
 元カレからの手紙を燃やそうとして家が火事に = 米ネブラスカ州

主要指標終値

出所:楽天証券が作成

本日の注目通貨

ドル/円:今週のレンジ予想:105.99円から109.65円

今週のピボットは107.70円。
2019年の高値と安値の半値(50%)は108.20円。

第3レジスタンス:109.65円
第2レジスタンス:108.92円
第1レジスタンス:108.43円
ピボット:107.70円
第1サポート:107.21円
第2サポート:106.47円
第3サポート:105.99円

9月のこれまでの高値は108.48円、安値は105.74円。
高値と安値の半値(50%)は107.11円。

先週の終値はその前の週に比べ0.39円のドル高/円安
先週の値幅は1.22円
1日の平均値動きは0.57円。

2019年のこれまでの高値は112.40円、安値は104.01円。
半値レベルは108.20円。
2019年始値から9月終値までのレンジは8.39円。
2019年始値に比べて9月終値は3.34円のドル安/円高。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ユーロ/ドル:今週のレンジ予想:1.0768ドルから1.1130ドル

今週のピボットは1.0957ドル。
2019年の高値と安値の半値(50%)は1.1237ドル。

第3レジスタンス:1.1130ドル
第2レジスタンス:1.1078ドル
第1レジスタンス:1.1009ドル
ピボット:1.0957ドル
第1サポート:1.0888ドル
第2サポート:1.0836ドル
第3サポート:1.0768ドル

9月のこれまでの高値は1.1109ドル、安値は1.0905ドル。
高値と安値の半値(50%)は1.1007ドル。

先週の終値はその前の週に比べ79ポイントのユーロ安/ドル高。
先週の値幅は121ポイント。
1日の平均値動きは65ポイント。

2019年のこれまでの高値は1.1570ドル、安値は1.0905ドル。
半値レベルは1.1237ドル。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ユーロ/円:今週のレンジ予想:116.09円から120.12円

今週のピボットは118.11円。
2019年の高値と安値の半値(50%)は121.69円。

第3レジスタンス:120.12円
第2レジスタンス:119.45円
第1レジスタンス:118.78円
ピボット:118.11円
第1サポート:117.44円
第2サポート:116.77円
第3サポート:116.09円

9月のこれまでの高値は120.01円、安値は115.87円。
高値と安値の半値(50%)は117.94円。

先週の終値はその前の週に比べ0.42円のユーロ安/円高。
先週の値幅は1.34円。
1日の平均値動きは0.86円。

2019年のこれまでの高値は127.50円、安値は115.87円。
半値レベルは121.69円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トレード前に必ずチェック!今週発表の重要指標!

RBA政策金利、米ISM、欧州PMI、米雇用統計、米貿易収支 など

経済指標過去データは楽天証券サイトにてご確認ください。 出所:楽天証券作成

◎天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2018年は、「晴れ」80日、「雨」82日、「くもり」98日 でした。
また、2018年は延べで43.33円上昇、延べで46.41円下落。差引3.08円の円高(2017年末に比べて)でした。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング