個人投資家インタビュー みきまるさん 前編 資産なんと数億円!オリジナルな「優待バリュー投資術」を公開!

トウシル / 2019年10月25日 5時10分

写真

個人投資家インタビュー みきまるさん 前編 資産なんと数億円!オリジナルな「優待バリュー投資術」を公開!

資産なんと数億円!オリジナルな「優待バリュー投資術」を公開!

 人気投資ブログ『みきまるの優待バリュー株日誌』を運営するみきまるさんは数億円の資産を築き上げたスゴ腕投資家の1人。投資を始めて数年目に確立した「優待バリュー投資術」という独自の手法で成績が急上昇し、リーマン・ショック後の2009年から一昨年まで9年連続プラス収支を達成しました。そんなみきまるさんに「優待バリュー投資術」を中心にさまざまなお話を伺いました。

▼みきまるさんProfile

 人気ブログ『みきまるの優待バリュー株日誌』を運営。優待株の中から割安で総合戦闘力が高い銘柄を選別し、2~3年の中期の時間軸で戦う「優待バリュー株投資」を実践。現在保有している優待株は675銘柄。総資産数億円。Twitterアカウント みきまるファンド (@mikimarufund) | Twitter

 

▼みきまるさんの投資ヒストリー

社会の出来事 年度 みきまるさんの投資歴
光通信・20営業日連続ストップ安、大証ヘラクレス市場・売買開始、ゼロ金利政策を解除 2000 「さわかみファンド」を購入し、「さわかみコバンザメ」として投資家生活をスタート
911米国同時多発テロ、中央省庁再編、エンロン破綻、日本初のREIT(J-REIT)が東証に上場 2001 住友金属工業株を購入し、バリュー投資を開始
  2002 ヤフーの株式掲示板に出入りするようになり、多くの情報に触れるうち「さわかみレター」から卒業。「優待族」の投稿を読んで優待の魅力に目覚める
イラク戦争、ソニー・ショック 2003 『生き残りのディーリング』を再読し、改めて投資魂を燃やす
新潟県中越地震 2004 ヤフー掲示板を主戦場に、楽しく投資に励む
郵政解散、小泉郵政選挙による株価の急騰 2005 アールビバン株の主力化を機にブログ開設。『マネーの公理』を読み、集中投資に目覚める
ライブドア・ショック、村上ファンド・村上世彰の逮捕 2006 ジェイ・ブリッジで大ダメージを負い、年間マイナス
  2007 ナルミヤ、サンクスジャパンなどの主力にTOBがかかるも無念の年間マイナス
リーマン・ショック 2008 リーマン・ショックでポートフォリオが耐えきれず3年連続のマイナス
クライスラー・ゼネラルモーターズ破綻、ギリシャ危機、ドバイ・ショック 2009 3年ぶりのプラス成績で終わり、ほっと安どのため息をつく
旧ジャスダック、ヘラクレス、NEOの3市場を統合し新ジャスダックが発足 2010 ポートフォリオ1位のゴールドパックにTOBがかかり好成績
東日本大震災、米信用格付引き下げ 2011 優待バリュー株投資で手堅くプラス
  2012 シュッピンに目をつけるも、購入せず、利益を取り損ねる
アベノミクス相場開始 2013 大事に育てた物語コーポレーションを売却し、利益を得る
消費税率を8%に引き上げ、アベノミクスピーク 2014 大きなミスのない良い一年
  2015 バリュー→モメンタム投資の導入で好成績
イギリスのEU離脱国民投票 2016 エスクリで数千万円の大損失
  2017 引き続きバリュー→モメンタム戦略が好調
  2018 日経マネーにて連載「みきまるさんの優待バリュー株投資入門」開始
  2019 昨年の悲惨な成績からの挽回を期して必死に戦う

優待銘柄のなかから割安なバリュー株を選んで投資する

優待株は、“ガラスの靴を履いたシンデレラ”、とみきまるさん。「ガラスの靴を履いていれば、舞踏会で華麗に踊り続けていられるけど、いったんその靴を脱いでしまえば魔法が消えてしまう。優待があれば市場で人気者だけど、いったん優待をやめてしまえば見向きもされず、株価が急落する可能性もあります。優待銘柄を持っている以上、もし優待を廃止したら株価が下がりすぎる可能性もあることを覚悟すること!」

──今日はみきまるさんが実践されている「優待バリュー投資術」についてたっぷりお話を伺います。まずお聞きしたいのですが、投資の本を読んでも「優待バリュー投資」という言葉はどこにも出てきません。これは昔からある言葉なのですか。

 いえいえ、私の造語です。だから、どこにも出てなくて当然です(笑)。

──ということは、みきまるさんオリジナルの投資術なんですか?

 そういわれればそうです。ただ、優待株のなかから割安感のあるバリュー株を選別して投資するという、それだけのことですから、特別、画期的な手法というわけではありません。

──確かに似たようなことをしている人はいそうですね。

 そう思いますよね。でも、これが案外いないんです。私はまず株主優待があるかどうかを確認し、優待がない銘柄はよほどのことがない限り、ふるい落とします。で、優待銘柄のなかから投資先を絞るわけですが、ここまで徹底している人はほとんどいないと思います。そもそも優待目当ての人は優待の中身で銘柄を選ぶのが普通ですし、バリュー投資家には「優待狙いなんて邪道だ」という人が多いですし。

──でも、みきまるさんにはこの手法が最適だった?

 日本の上場企業のなかで株主優待制度を導入している企業は1,500社近いと言われます。これは上場企業全体の4割近くに及びます。だとしたら、優待株の中にも、割安で戦闘能力の高い銘柄があっても不思議じゃないですよね。というか、探せば絶対にあるはずです。そういう銘柄なら、何かしらの優待がもらえる上、将来的には株価の上昇による利益を得られる可能性もあるわけです。しかも、優待銘柄は投資家に人気が高いので、株価が下落しにくいという特徴があります。だったら、それを狙わない手はないというのが私の考えです。

投資を始めたころは「コバンザメ戦法」で利益を上げていた

──実際にどのように投資しているのかをお伺いする前に、投資を始めたきっかけについてお聞かせください。みきまるさんは2000年に投資を始められたんですよね。

 はい、何となく投資に関心を持ち、マネー雑誌を読んだりしていたのですが、あるとき牛丼の吉野家の株主優待の記事が出ていたんです。一定以上株を持っていると、食事券がもらえると。それで、「株を買ってタダで牛丼が食べられるなんて最高じゃないか!」と思い、吉野家の株を買ったのが最初です。今もそうですが、吉野家の牛丼が大好きだったんです(笑)。

──最初は株主優待から入ったんですね?

 そういうことになります。ただ、それからすぐ、「牛丼がタダで食べられるからといって、それだけの理由で投資を行うのはどうなんだろう…」と考えるようになりました。万が一、吉野家の経営が傾いたりして株価が下がったら、いくら食事券をもらってもソンをするのではないか、最悪の場合は投資したお金を失うハメになるのではないかとシロウトなりに思ったわけです。

──それでどうされたのですか?

投資の勉強を始めて以来、数百冊の投資本を読みに読んでいるみきまるさん。このたび、みきまるさんが厳選した、本当に役立つ投資本35冊をまとめた書籍を出版。読みどころや実感こもる感想、愛あるツッコミなどが満載。脱初心者を目指して、少し上のレベルに進みたいセカンドステージの投資家が読むと、次に何を読んだらよいのかの指針となるかも。

 このまま投資を続けるとしたら、一度きちんと勉強する必要があると思い、とりあえず投資関連の本をいろいろ読んでみることにしました。そのときだけで10冊くらい読んだと思います。それで、株式投資には株主優待だけでなく、いろいろな魅力があることを知り、本格的に挑戦してみようと思いました。といっても当時、貯金は150万円程度でしたから、いきなり大金を投じたわけではありませんが。

──どんな銘柄を購入したのですか?

 自分で銘柄を選ぶのはリスクが大きすぎるだろうという思いがありました。多少投資の知識がついたとはいえ、企業の業績や市場の動向を読むなんてとてもできませんし。で、どうしたものかと考えた末、当時人気のあった投資信託(アクティブファンド)に組み込まれている銘柄のなかから選ぶことにしました。さわかみ投信が運用する「さわかみファンド」です。このファンドを購入すると、どんな銘柄に投資しているのか定期的に教えてくれるので、そのなかから選んだわけです。要するにプロが選んだ銘柄のほうが間違いないだろうと考えました。

──成績はどうでした?

 すべての銘柄が思惑通り株価が上がったわけではありませんが、それなりの結果を残すことができました。ただ、この「さわかみコバンザメ戦法」は2年ほどで卒業します。というのもその頃から「Yahoo!ファイナンス」の掲示板に出入りするようになり、そこでいろんな投資家の方々と話すうち、優待銘柄の魅力を再認識したんです。先ほども言ったように優待銘柄は投資家人気が高いので、優待のない銘柄に比べたら負けにくい。そこで、優待銘柄のなかから割安なバリュー銘柄を探して投資するという手法にたどりつきました。

優待銘柄を買ったらまずは「優待株いけす」に入れておく

──では、実際にどのように投資しているのか、投資手法や考え方を具体的に教えてください。

 例えばどこかの企業が新たに株主優待制度を導入したとしますよね。そしたらまずその銘柄のPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)を調べて割安かどうかをチェック。同時に配当+優待の利回りがどれくらいなのかを確認します。それでそれらが平均的、もしくは平均以上の水準だったら、とりあえず買ってみるというのが私のやり方です。

──とりあえず買ってみる?

 はい、度を越して割高だったりしたら別ですが、そうでなければいったん買ってみます。ただ、最初は優待の権利を得るのに最低限必要な分だけ購入します。優待品をもらうためには、その企業が定める株数を保有していなければなりません。だから、その枚数だけ購入するということです。企業によっても違いますが、1単元100株以上というケースが多いですね。

──この段階では株主優待をもらうのが目的ですから、それ以上持つ必要はないということですね。

 おっしゃる通りです。企業によっては保有株数に応じて、優待の内容がグレードアップされることもありますが、そのためだけに大量に株を持つのはリスクが大きすぎますから。

──それで、買った後はどうするのですか?

 最初は「優待株いけす」に入れておきます。

──「優待株いけす」?

 私は自分が保有している銘柄を投資金額別に4つのグループに分けているんです。Jリーグになぞって、J1グループ、J2グループ、J3グループ、そしてもう1つを「優待株いけす」と名付けています。で、J1は投資金額が多い、つまり私にとっての主力銘柄。J2は準主力銘柄、J3は準々主力銘柄で構成されます。それらのいずれにも属さない銘柄を「優待株いけす」に入れておくわけです。

──つまり、今の段階では主力になりえない銘柄は、とりあえず「いけす」に入れてしばらく放置するのですね?

 はい、そういうことです。その会社が優待制度を始めたからといって、その銘柄の株価が上がるかどうかは何ともいえません。株主優待制度を導入すると買う人が増えるので、一時的に株価が上がることはありますが、すぐにまた下がることも珍しくありませんし。だから、まずは「優待株いけす」に入れておくんです。そこに入っている銘柄は基本的に買い増しはしません。

──優待と配当、つまりインカムゲインを得るために保有している銘柄は「優待株いけす」、それに加えて株価上昇による利益、つまりキャピタルゲインも期待できそうな銘柄はJ3以上に入れるということですね。

 はい。だから、「優待株いけす」に入れている銘柄に何か好材料が出て株価が上がると思ったら、いけすから引き揚げて、J3以上に昇格させます。その際に買い増しするわけです。

──なるほど、面白いですね。では次回はJリーグ方式についてもう少し詳しくお伺いします。

中編 保有銘柄数、なんと「675銘柄」!なんでそんなに持ってるの? を読む!>>
後編 みきまるさんの勝負銘柄トップ5を公開 を読む!>>

みきまるさん執筆の本をチェック!

みきまるさんが過去に読んだ投資本の中から役立つ35冊を厳選!今の投資方法から一歩抜けたい人、必見!

ブロガーの記事をもっと見る

人気投資家インタビュー まつのすけさん 前編 毎年3,000万円の安定収益!「イベント投資」の極意とは?

 

人気投資家インタビュー まつのすけさん 中編 マネできる「株主優待先回り」「IPOセカンダリー投資」って?

 

人気投資家インタビュー まつのすけさん 後編 まつのすけさん流データ分析&売買シミュレーションのススメ

 

(トウシル編集チーム)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング