株主優待人気ランキング2020年1月版―お米にジュース、クオカード―

トウシル / 2019年12月3日 16時4分

写真

株主優待人気ランキング2020年1月版―お米にジュース、クオカード―

1月の株主優待銘柄

 新年初の1月末の優待は、1月29日(水)が権利付き最終日です。30日(木)が権利落ち日、31日(金)が権利確定日と、休日をはさまない日程になります。優待権利を獲得するには、1月29日(水)の権利付き最終日をまたいで30日(木)の権利落ち日まで株を保有している必要があります。

 1月の優待株は31銘柄と数が少ないので、無理に探さず、2月末(143銘柄)や最盛期の3月末(807銘柄)優待を仕込むのも手です。

 1月優待の中では最近、優待新設が続くJ-REIT(不動産投資信託)の人気がじわりと高まっているほか、東京楽天地、スバル興業、きんえい、オーエスなど、映画館運営会社の映画招待優待も数多くあります。
※楽天証券株主優待検索より

 そんな1月優待人気第1位は、住宅メーカー大手の積水ハウスです。同社の優待品・魚沼産コシヒカリ新米5kgを取得するためには1,000株以上の保有が必要。約240万円の投資額のため、かなりハードルの高い優待といえるでしょう。

 それでも人気が高いのは、今期も最高益更新が続いており、2019年には株価が1,600円台から2,400円台まで5割以上も値上がりしたことも影響しているのでしょう。配当性向40%を掲げ7期連続増配を続けており、配当利回り3%超の好業績・高配当株として魅力たっぷりな銘柄です。

 第2位は飲料メーカーのダイドーグループHDです。100株以上で一律、1月と7月の年2回、各3,000円相当の自社グループ商品詰め合わせが贈られます。もらえる優待品の量が非常に多いのが人気の秘密で、2019年7月株主に贈られたのは、DyDoブランドの各種コーヒーや果実系飲料など実に25品と、飲みごたえたっぷり。フルーツゼリー国内首位の子会社たらみの果物ゼリーも入っています。同社の優待権利確定日は月末ではなく1月20日。今年は1月16日(木)が優待権利付き最終日になります。

 第3位は2019年7月末から優待を新設したいちごホテルリート投資法人です。銘柄名から見てホテルの宿泊券優待かと思いきや、優待品はサッカーJリーグ観戦チケット。Jリーグのトップパートナーである不動産会社いちごグループ(いちごといちご傘下の3つのJ-REIT)の株主・投資主に対する日本初の合同優待で、Jリーグの全55クラブの年間約1,000試合、約4,000枚が当たります。

 実際に観戦できるかどうかは抽選の結果次第ですが、試合がある月は半月に1度、J1~3の各カテゴリーごとに1試合ずつ、合計3試合まで応募でき、その期間内の1試合を観戦できます。1月末と7月末の年2回の贈呈ですが、半年の応募期間内での複数当選も可能。Jリーグファンには見逃せないユニークな優待内容になっています。

 第4位のヘルスケア&メディカル投資法人の優待は、同法人が関連する運営業者の有料老人ホームの敷金・入居一時金最大30万円割引や対象施設への1泊2日食事つき無料体験入居などがあります。

 続く第5位はガーデニング用品メーカーのタカショー。500株の保有で、1,000種類以上の品ぞろえがある「タカショー・プレミアム優待倶楽部」で利用できる優待ポイント3,000ポイントが贈られます。100株以上保有の株主には、同社商品の優待特別販売カタログが年2回送付されます。同社の優待権利付き最終日もダイドーグループ同様、1月16日(木)になります。

 第6位の焼き鳥チェーン・鳥貴族の食事券優待は1月末、7月末の年2回贈られます。100株以上で1,000円相当、300株以上で3,000円相当、500株以上では5,000円を年2回贈られるのでお得に使えます。

 第7位のオフィス家具メーカー・稲葉製作所は7月末、1月末の年2回優待。7月末優待では100株保有でもオリジナル図書カード1,000円相当がもらえますが、1月末は1,000株以上保有の株主に限り、オリジナル図書カード1,000円相当が贈られます。

子(ねずみ)年の株式市場は繁栄する!?

 ここ数年の年末年始相場は2016年1~2月の原油価格暴落や日銀マイナス金利導入、2018年2月の米国長期金利の急上昇、2018年12月の米国中央銀行FRB(連邦準備制度理事会)の利上げなどをきっかけに大荒れの展開が続いてきました。しかし、その後はいずれも春から秋にかけて株価が復調しています。

 実は、2020年は相場格言で子(ねずみ)年は「繁栄」の象徴といわれます。7月の東京五輪開催、11月の米国大統領選挙など、なにかとビッグイベントの多い2020年はどうなるでしょうか。優待株投資をコツコツ楽しむのも手ですね。

1月株主優待 人気ランキング

1位 積水ハウス(1928)

優待発生金額※1:2,394,500円
積水ハウスの優待品例: 新米

順位 コード 銘柄名 優待品例 優待発生金額※1
2 2590 ダイドーグループホールディングス 自社グループ商品 4,635円
3 3463 いちごホテルリート投資法人 観戦チケット 135,200円
4 3455 ヘルスケア&メディカル投資法人 施設利用サービス等 133,100円
5 7590 タカショー 特別販売カタログ等 50,000円
6 3193 鳥貴族 飲食券 189,700円
7 3421 稲葉製作所 図書カード 143,100円
8 3320 クロスプラス 自社グループ商品等 76,900円
9 3246 コーセーアールイー クオカード 82,000円
10 6654 不二電機工業 クオカード 127,500円
11 4334 ユークス 自社又は自社関連商品 55,200円
12 9681 東京ドーム 施設利用券 506,500円
13 3169 ミサワ 優待品 252,600円
14 3418 バルニバービ 食事券等 120,000円
15 1433 ベステラ クオカード 125,800円

最新の情報は、楽天証券の「株主優待検索」>

※この記事は銘柄を推奨するものではありません。
※赤字無配の会社はランキングから除いています。

※売建可能数量や日歩は、楽天証券にログインいただくとご覧いただけます。
※株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がございます。お取引にあたりましては最新の株主優待情報を各上場会社のホームページ等にてご確認ください。
※1優待発生金額 = 前営業日終値(12月2日) × 優待獲得最低株数*で計算した金額です。
※このランキングは楽天証券での保有されているお客様の人数が2019年12月2日時点で多い順番です。

「株主優待検索」のやり方

 1月の人気優待銘柄を「株主優待検索」で調べる方法を解説します。ログインは必要なく、どなたでもお使いできます。

 ※スマートフォンでお読みの方は、上記をクリックすると、「楽天証券スマートフォン専用サイトへ移動しますか?」とポップアップが出ます。「OK」をクリックしてください。スマホでも、PC版とほぼ同じ検索が行えます。
 ※楽天証券ウェブサイトのトップページから、「株主優待検索」を開く場合は、以下の通り、「国内株式 現物・信用」→「株主優待」とクリックしてください。

  次に、水色の文字で「株主優待検索>」と出ているところをクリックしてください。

優待銘柄を検索

「優待検索」を開いてください。下記の左側の赤で囲んだ「検索条件を指定」から下の部分で、絞り込み条件を指定できます。

1月に権利が確定する人気優待銘柄を検索

 最初は、「権利確定日が近い順番」に並んでいるので、「検索条件を指定」の「注目銘柄」のところで、「人気順」をクリックすると、自動で人気順に並び替えができます。

▼特集「最新!株主優待NEWS」の記事をもっと読む

(トウシル編集チーム)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング