1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ドル/円、108円が見えてきた!そろそろ円高始まる予感

トウシル / 2021年9月16日 9時47分

写真

ドル/円、108円が見えてきた!そろそろ円高始まる予感

今日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは110.20

下値メドは108.50

トルコ中銀総裁、9月または10月の「利下げ」を示唆

 15日(水曜)のドル/円は「円高」。高値109.75円、安値109.11円、値幅は0.64円。 
この日は109.66円からスタート。上値は重く、東京時間の朝に109.75円をつけるのがやっとで、あとは下げる一方。夕方に109.50円前後の押し目買いゾーンを抜けると109.11円まで下落。109円割れは回避して終値は109.37円(前日比▲0.31円)。

 14日に発表された米国の8月CPI(消費者物価指数)は予想以上に弱い結果。インフレが「一過性」に終わるというFRBの見解をある程度裏付ける内容で、利上げ期待の後退と共にドル売りが強まりました。

 今日のドル/円のポイントは109円を下ブレークできるかどうか。108円台に行くならば8月4日以来になります。ただ8月も108円台に滞在したのはたった2日間で、押し目買い待ちは多そう。

 109.50円から買い下がった人は、同レベルかその少し上で売りを出している模様で短期的な抵抗ゾーンを形成。米10年債利回りは1.30%に戻していますが、それでもドル/円が110円から下に離れたままなのは上値の重さを示しています。円安のことを考えるのは、110円に戻した後で。

 15日のユーロ/円は「下落」。高値129.54円、安値129.06円。 

 130円台が重いと14日の為替Walkerに書きましたが、この日は東京時間朝の129.54円でギブして、NY時間には129.06円まで下落。ただ128円台突入は回避して終値は129.23円(前日比▲0.25円)。

 129円台は8月25日から守られています。

 15日の豪ドル/円は「豪ドル安」。高値80.35円、安値79.82円。 

 東京時間は80円割れ寸前まで売られたものの、なんとか80.35円まで反発。しかし円高が先導する全般的なクロス円下落の動きには逆らえず、ロンドン時間にとうとう80円を割ると79.82円まで下落。ここで待っていた買いに出会って80円台に戻し、NY株上昇も支えになって終値は80.21円(前日比▲0.09円)。

 15日のポンド/円は「横ばい」。高値151.55円、安値150.82円。 
14日に152円台後半から151円台前半まで比較的大きく下げた後、この日は151.55円まで小反発。

 東京時間の朝と夕方の2回上抜けに失敗してロンドン時間に150.82円まで一段下げる。ジョンソン首相の内閣改造のニュースが伝わると、下げた分をほぼ取り戻して終値は151.39円(前日比▲0.05円)。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

主要指標 終値

出所:楽天証券作成

今日の為替トレッキング

今日の一言

初心とは、多くを期待することなく、一瞬一瞬に新鮮に反応することである

夏をあきらめて

 今夜は米国の8月小売売上高の発表があります。米国の個人消費は、米国のGDP(国内総生産)の約70%、世界全体のGDPの約17%を占めています。米個人消費の動向が、米国景気さらには世界景気全体に与える影響がそれだけ大きいのです。小売売上高は米経済成長を占うために重要な指標です。

 コロナ移動制限の緩和が進むにつれて、「モノ」への支出が減り「コト(サービス)」へ移っていくことが予想されるので、小売売上高は年末に向けて鈍化すると予想されています。サービスに対する支出が増えることは米国経済にとっては悪いことではありませんが、米国にモノを輸出する国にとっては痛手であり、大きくいえばコロナからの世界経済回復の遅れにつながるとの指摘もあります。

 米国ではワクチン接種の普及で観光業が復活して、さらにRTO(リターン・トゥ・オフィス)が本格化するならば、秋に一大消費ブームが起こるといわれていました。人々はオフィスに戻るために通勤用のスーツを買い揃え、ワードローブの古い服を整理して最新流行の服を買う。供給が需要急増に追いつけず、モノ不足からインフレが一時的に跳ね上がり、異常に低い状態に置かれていた金利が大幅上昇するリスクがある。そんな甘い期待を予測していたエコノミストも多かったのですが、8月のCPI(消費者物価指数)にその兆候を見つけることはできませんでした。

今日の注目通貨:ポンド/円

今月の予想レンジ ↑155.39円 ↓147.14円

 9月のブルベアの分かれ目は151.26円。
151.26円より上ならば買いが優勢、151.26円より下ならば売りが優勢。

 2021年これまでの高値は156.07円、安値は139.52円。平均値は147.79円。
1日の最大値幅は2.42円、最小値幅は0.29円。平均値幅は1.04円。
2021年の値幅は16.55円。

156.97円 :     第4レジスタンス(HBO)
156.61円 :     2018年 高値
156.07円 :     2021年 高値

155.39円 :     第3レジスタンス

153.82円 :     第2レジスタンス
153.40円 :     2017年 高値
153.33円 :     第1レジスタンス

151.26円 : ピボット

149.75円 :     2021年 61.8%
149.20円 :     第1サポート

148.88円 :     2019年 高値
148.71円 :     第2サポート

147.79円 : 2021年 平均値
147.14円 :     第3サポート

145.84円 :     2021年 38.2%
145.56円 :     第4サポート(LBO)

144.96円 :     2020年 高値

139.52円 :     2021年 安値
139.44円 :     2018年 安値 

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

2021年 ポンド/円 データ

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング