1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

なぜ円安が止まらない?ドル/円ついに140円台、半年ぶり

トウシル / 2023年5月26日 9時55分

写真

なぜ円安が止まらない?ドル/円ついに140円台、半年ぶり

今日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは140.65

 ↓下値メドは138.90円 

IMF:世界経済成長を大幅に下方修正、今後5年間3%程度。1990年代以来の低さ 
米景気後退:米銀の貸し出し基準の大幅厳格化でリセッションのリスクが著しく上昇  
中央銀行:脱グローバリゼーションが自然利子率に影響
メキシコ中銀:CPI低下で利上げサイクル終了へ
FRB:マクロプルーデンス政策で金融ストレスを解消することを検討

市況 

 5月25日(木曜)のドル/円は「円安」。

 24時間のレンジは138.78円から140.23円。値幅は1.45円。

 2023年104営業日目は139.35円からスタート。

 東京時間朝に一時139円を割り138.78円まで下落したが、下値は堅い。再び139円台に戻してからは良好な米経済指標が追い風となって順調に上昇を続けた。未明には大台140円にのせ140.23円まで値を伸ばし、昨年11月以来半年ぶりの高値(円の安値)を更新した。終値は140.05円(前日比+0.59円)。

 この日発表された米国の1-3月期GDP(国内総生産:改定値)は、前期比+1.3%となった。これは、速報値の+1.1%から上方修正されたもので、市場予想を上回った。個人消費や住宅投資などが引き上げ要因となった。また、雇用関連データの前週分の新規失業保険申請件数は22万9,000件で、市場予想より少なかった。

 これらの米指標が示しているのは、米経済は強く、雇用市場の過熱は続いているということだ。米国のインフレの高止まりは続き、FRB(米連邦準備制度理事会)は利上げを継続する。利下げはさらに後ずれすることになる。これがドル買いの背景だ。

 対照的にドイツのGDPは二期連続のマイナスとなり、リセッション入りが確定したことで、ユーロが対ドルで下落した。他国の弱さも相対的なドル買い要因となっている。しかしドルも大きな問題を持っている。

 米債務上限問題の期限が迫っている。バイデン大統領とマッカーシー下院議長などは協議を続けているが、まだ合意には至っていない。もっとも、債務上限の協議は「政治ショー」とマーケットは考えているので、真剣に心配していない。ハラハラドキドキさせながら、Xデー直前に決着するというのはお決まりのパターンである。Xデーは、イエレン財務長官によると、来週木曜日の6月1日である。

 債務上限引き上げの条件として、野党共和党は政府の歳出削減を要求している。債務上限問題の解決は、米国の格下げリスクを下げるかもしれないが、反対に米国のリセッション確率を高めるという見方がある。FRBが利上げを続け量的引締めを実施し、民間銀行が貸し出し基準を厳しくする状況で、政府の財政支出に歯止めがかかるからだ。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

レジスタンス:
140.23円(05/25)
141.61円(22/11/23)
142.23円(22/11/22)

サポート:
138.78円(05/25)
138.23円(05/24)
137.55円(200時間移動平均)

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

レジスタンス:
1.0757ドル(05/25)
1.0801ドル(05/24)
1.0820ドル(05/23)

サポート:
1.0707ドル(05/25)
1.0704ドル(03/21)
1.0631ドル(03/20)

主要指標 終値

出所:楽天証券作成

今日の為替ウォーキング

今日の一言

もともとやらなくてもよいものを効率よく行うことほどムダなことはない - ピーター・ドラッガー

House of the Rising Sun

 債務上限問題を巡ってバイデン大統領と共和党のマッカーシー下院議長ら議会指導部の話し合いは続いているが、双方の主張は平行線のままだ。議会が債務上限を引き上げなければ、早ければ6月1日にも米国債のデフォルト(債務不履行)に陥る恐れがある。

 2011年には、期限ぎりぎりの48時間前にようやく法案が成立したが、格付け会社が財政赤字の削減の取り組みが不十分として、米国の長期発行体格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げため、金融市場は大混乱におちいった。今回も同様のリスクが発生する可能性はゼロではない。バイデン大統領は公的債務に関する合衆国憲法修正第14条の発動を検討している。

 米国の債務上限問題とは、米国の連邦政府が国債を発行して調達する債務の金額が定められた上限金額に近づいたり到達したりすることで、財政赤字拡大や財政問題が懸念されることである。

 債務の上限は法律で規定されていて、その上限を超えてしまうと連邦政府は国債を新たに発行して資金を調達することができなくなる。そのため債務上限に達しそうになるたびに、米議会で法案を成立させて債務上限を引き上げてきた。

 共和党のマッカーシー下院議長は債務上限先延ばし案を提案している。この法案は、2024年3月31日までの約1年間はデフォルトを回避するのに十分な規模とされる、1兆5,000億ドルまで連邦債務上限を引き上げるというものだ。しかし、その引き換えに共和党が支持する連邦歳出の削減案を盛り込むことを条件としている。民主党やバイデン政権にとっては、簡単には受け入れられない内容である。

チャートの形状

出所:楽天証券作成

今週の注目経済指標

出所:楽天証券作成

今日の注目テクニカルレベル

出所:楽天証券作成

Winners & Losers

 主要通貨のパフォーマンスを良い順に並べています。

 2023年最初の日にどの通貨ペアを買っていたら一番儲かっていたのか?

 今年パフォーマンスが最も良い「大富豪」通貨ペアはメキシコ/円(メキシコペソ買い/円売り)。

 反対に最も悪い「大貧民」通貨ペアは南アランド/円(南アランド買い/円売り)。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください