1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

税金も楽天ペイ支払いOKに!【楽天ポイ活応援隊】

トウシル / 2023年8月25日 11時0分

写真

税金も楽天ペイ支払いOKに!【楽天ポイ活応援隊】

 入社、異動、転勤、転職など、新生活が始まる人も多くなる9月! まだまだ収まりそうにないインフレ対策として、ずっと使っていなかったサブスクをストップする、惰性で続けているジムを思い切って辞める、手数料が低い支払方法に変えるなど、節約にもつながる「[金]辺整理」に着手してはいかがでしょうか。

「金辺整理」の際に最も効率的なのは、自分の口座の出入金を確かめてみること。また支払いに使っているキャッシュレス決済の利用履歴を眺めなおしてみることです。本当に必要な経費か、そうでない経費か、改めて考え直してみましょう。

 必須で払わなくてはいけないものの一つに「税金」があります。今回はこの「税金」を支払いながらポイ活できる情報をご提供します。

ポイ活しながら税金支払い!楽天ペイの「請求書払い」

▼お話を伺った方:楽天ペイアプリ Tさん

メリット1 外出不要!請求書もスマホでカンタン支払い

「楽天ペイ(請求書払い)」は、ガス、水道、電気などの公共料金や自動車税種別割、固定資産税、住民税などの請求書(払込票)に記載されたバーコード・QRコードを、「楽天ペイ」アプリで読み取ってその場で支払いができるサービスです。

「楽天ペイ(アプリ決済)」で、固定資産税や自動車税などの自治体に納付する地方税を納付できるようになりました。地方税の納付書に印字された地方税統一QRコード「eL-QR (エル キューアール) 」を楽天ペイアプリで読み取って支払うため、コンビニや金融機関に出向くことなく、家にいながら税金を払うことができるのが特徴。支払える自治体は1,700以上!

自宅に届いた納付書に記載されているQRコードを楽天ペイアプリで読み込んで支払えます。家にいながら楽々払い!

 髪がボサボサでも、パジャマのままでも(笑)、わざわざ着替えて外に出る必要がなくなります。 

メリット2 楽天カードから楽天キャッシュチャージで楽天ポイント0.5%!

「楽天ペイ(請求書払い)」は、「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」が利用可能。「楽天カード」から「楽天キャッシュ」へチャージすると0.5%の「楽天ポイント」が還元されるため、現金で支払うより0.5%お得になります。

 また、楽天ポイントの期間限定ポイントが利用可能なため、失効前の「楽天ポイント」を賢く消費することができます。

どうやって払うの?ポイ活ばっちりな支払い方

 公共料金や自動車税種別割、固定資産税、住民税などを「楽天ペイ(請求書払い)」で支払い、オトクにポイ活する方法をご紹介します。

 支払い&ポイ活のステップは以下のとおり。

1.楽天カードから楽天キャッシュにチャージ
2.楽天ペイアプリで請求書のコードを読み取り支払い

 具体的に画面を見ながら進めていきましょう!

1.楽天カードから楽天キャッシュにチャージ

 オトクにポイ活するための必須条件。まずはスマホの楽天ペイアプリで、楽天カードから楽天キャッシュをチャージします。楽天ペイアプリをお持ちでない方はコチラから!

▼STEP-1

スマホの楽天ペイアプリを開き、右上の「楽天キャッシュ」をタップ

▼STEP-2

チャージしたい金額を入力

▼STEP-3

「チャージする」ボタンをタップし、楽天ペイアプリへ、楽天キャッシュのチャージが完了!

2.楽天ペイアプリで請求書のコードを読み取り支払い

▼STEP-4

楽天ペイアプリを開き、サービス一覧にある「請求書払い」のアイコンをタップ *請求書読み取りアイコンが表示されない場合はアプリのアップデートを行ってください

 

▼STEP-5

「請求書のコードを読み取る」をタップ。  

 

▼STEP-6

支払いたい請求書に記載されているコードまたはQRを読み取って送信します。

 

▼STEP-7

キャッシュのみ利用するか、ポイントを利用するかを選択できます!*バーコードの場合はポイントが使えない場合もあります。またポイントは1円単位では設定ができません。

▼STEP-8

金額を確認し、「スライドでお支払い」の>マークを、指で左から右へ動かします。

▼STEP-9

これで完了!

 スマホ一つで簡単に支払いが済んだ上、 楽天カードから楽天キャッシュにチャージした額の0.5%の楽天ポイントをゲットできます!(ポイントが進呈されるタイミングは楽天PointClubからご確認いただけます)。

すぐ分かる!楽天キャッシュレス決済まとめ

 上記で登場した「楽天ペイ」「楽天キャッシュ」など、楽天グループには楽天経済圏で利用できるキャッシュレス決済方法がいくつかあります。そういえばこれってどこが違うの? 何がオトク? 知っているようで知らない、楽天キャッシュレス決済の概要を、3文でまとめてみました!

楽天カード

▼年会費永年無料!「楽天カードマン」で有名な楽天が発行するクレジットカード!
▼カードを利用すると100円で楽天ポイントが1ポイント貯まる!
▼楽天市場でカードを利用するとさらに2ポイントが貯まる!

楽天ペイ

▼楽天が提供する、スマホのキャッシュレス決済サービス!
▼実店舗でも、ネットショップでも、どちらでも使える!
▼楽天カードを楽天ペイの支払い元としてひも付けると支払い金額の1%が貯まる!

楽天銀行デビットカード

▼楽天銀行が提供している、支払代金が口座から即時に引き落としされるカード!
▼楽天銀行の普通預金残高の範囲で支払うため、チャージは必要なし!
▼楽天銀行の口座を保有していると、16歳から申し込み可能!

楽天キャッシュ

▼スマホ決済アプリ「楽天ペイ」内で使える電子マネー!
▼楽天ラクマの売上金を、楽天キャッシュとしてチャージできる!
▼個人間送金が可能!

楽天Edy

▼事前にチャージすることで、現金の代わりにご利用いただける電子マネー!
▼カード型、スマホ内のおサイフケータイの両方がある!
▼楽天カードと連携すれば、設定額以下になると自動的にチャージできる「オートチャージ」機能あり!

【番外!】楽天ポイント

楽天グループのサービス*を利用すると貯まる!使える!交換できる!便利なポイントサービス!
▼お支払い時に「ポイントで支払う」ことができるサービスが多数!
▼楽天ポイントを運用して増やす「ポイント運用」や実際の金融商品を購入できる「ポイント投資」がある!

*対象外のサービスあり。サービスごとにポイント進呈率が異なる。詳しくはSPU(スーパーポイントアッププログラム)をご確認ください。

(トウシル編集チーム)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください