マリーヌ・ルペンが支持を伸ばした真の理由 父ジャンマリーを追放した効果は大きかった

東洋経済オンライン / 2017年5月5日 19時10分

5月1日、ヴィルパントで行われた国民戦線の集会で演説をするマリーヌ・ルペン候補(筆者撮影)

フランスの大統領選決選投票が5月7日に行われる。弱冠39歳で新たな政治運動「前進!」を立ち上げたエマニュエル・マクロン候補と極右「国民戦線」を代表するマリーヌ・ルペン候補の一騎打ちの行方はどうなるのだろうか。

事前の世論調査ではマクロン候補が6割の支持を得て当選する見込みだが、ルペン候補にとっても2002年の大統領選(このときの候補は父親)に続いて第2回投票まで持ち込むことができたのは大きな収穫といえる。

反移民、反EUを訴える政党を率いるルペン候補がなぜここまで勢力を拡大させているのだろうか。決選投票に向けて集会やデモが行われたパリで現地の声を拾ってみた。

■ルペン候補には幅広い層の支持者がいる

5月1日、パリ中心部から北東へ約18キロにあるヴィルパントにある展示会場「Parc des expositions Paris Nord Villepinte」で開催された、国民戦線の集会に足を運んでみた。

ヴィルパント駅を出ると、会場に向かう途中の路上には数人の銃を抱えた警察官が並び、国民戦線のスタッフが集会参加者の所持品をチェックしていた。筆者もバッグの中身を開けて、見てもらう。物々しい雰囲気だ。

無事チェックを終えて、会場となった展示センターまでの約1キロを歩く。歩行者の顔ぶれを見ると、20代の大学生と思しき若者がよく目に付いた。小さな子供を連れた家族や女性も多く、排他的な政策を掲げる極右政党の支持者の典型として報じられることが多い「保守的な」「教育程度が低い」「貧しい」「中高年の」「白人男性」ばかりではないことを思い知らされる。

会場前には入場検査を受けるために、数千人規模の参加者が並んでいた。フランスの国旗を持って「ルペンを大統領に!」と叫ぶ人もいれば、家族連れや女性同士あるいは男性同士のグループでやってきて、おしゃべりに興じている人もいる。赤、白、ブルー3色のフランス国旗を自分なりにアレンジしたファッションを身につける人が多い。

サングラスを3色カラーにした女性がいるグループになぜルペン候補を支持するのかを聞いてみた。「フランスの主権を取り戻してくれるからよ」とヘンリエッタさん。南部ボルドーの農家の一人だ。親戚のフランソワさん、その娘のジュリーさんと一緒にやってきた。「欧州の大国としてのフランスを、マリーヌ(ルペン)だったら大切にしてくれる」。

フランソワさんは町の薬局で働いている。離婚後、二人の子供を一人で育ててきた。「マリーヌも3人の子供を持つ母親よね。一人の女性としてよくここまで頑張ったと思うわ。なんとか、当選させたい」。フランソワさんは自分の名前を筆者のノートに書き込む時、「子供の一人は中国人と結婚したの」と言って、私にウィンクした。国民戦線は「人種差別主義の政党」と言われるため、そうではないことを示そうと思ったようだ。

■「政策が現実的」

東洋経済オンライン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング