「エレベーターの沈黙」、気まずさ減らす7極意 「時事ネタ、雑談、褒め言葉」…今から使えます

東洋経済オンライン / 2017年9月14日 10時0分

たかがエレベーター、されどエレベーター(写真:saki / PIXTA)

みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。

このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。

前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。

第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。早速、5万部を超えるヒットとなり、多くのみなさまに読んでいただけていることを、心からうれしく思います。

本記事では「エレベーターの沈黙を乗り切る方法」7つのコツを紹介します。

■「沈黙」から出てしまった余計な一言

エレベーターで2人っきりになってしまったときの「沈黙」。ほんのわずかな時間なのに「とても長く感じる」ことってありますよね。

知っている人だったら、こんなときは「何か話したほうがいいのかな」「黙っていると悪い印象を持たれちゃうかな」と、なんとか沈黙を避けようと考えてしまいがち。

そして、無理に話そうとして、「余計な一言」を言ってしまい、気まずい雰囲気に……という失敗談も少なくないと思います。

「お疲れさまです」「今日はいい天気ですね」といった一言も、決して悪くありませんが、場合によっては「感情がこもっていない言葉」に聞こえて「マイナスのイメージ」をもたれてしまうこともあります。

では、この「エレベーターの沈黙の時間」をどう過ごせばうまく乗り切れるのか。ここでは、「うまく乗り切る7つのコツ」を紹介します。

まずは、ニュースなどを事前にチェックして「時事ネタ」を仕込んでおくことです。

■天気の話は「今までの話」より「今後の情報」

【1】「時事ネタ」を仕込んでおく

「昨日のサッカーの試合、日本が勝ってよかったですよね」
「今日は夕方から雨が降るみたいですね」

当日のニュースや世間で大きく話題になっているような「時事ネタ」をつねにチェックしておくと便利ですよね。

天気の話題は「今日はいい天気ですね」と今までの情報を話題にするよりも、「夕方から雨が降るらしいですよ」「今晩は熱帯夜らしいですよ」と、これからの情報を話題にするほうが、「とってつけたような感じ」がなくて好印象だと思います。

【2】「相手をねぎらう言葉」を言う

「今日は暑い中ご足労いただき、本当にありがとうございます」
「たくさんの資料をご持参いただいて、とても助かります」

東洋経済オンライン

トピックスRSS

ランキング