できる人は健全に「他者のせい」にしている 「自責思考」には実は限界がある

東洋経済オンライン / 2017年11月15日 10時0分

自責思考だけでは解決できない場合がある(写真:UYORI / PIXTA)

「プロジェクトが失敗したのはすべて自分のせいだ」――。このように、何もかも自分の責任として物事をとらえる「自責思考」。成長するためには必須といわれるものですが、必要以上に背負い込むのは、自分や組織に対してかえってマイナスになることも。

『「残業だらけ職場」の劇的改善術』を上梓した清水久三子氏が、働き方改善のための「他責思考」の考え方についてご紹介します。

■自責思考で本当によくなるのか?

一般的に、ビジネスシーンでは他責よりも自責が求められます。自責思考か他責思考かが、デキる社員とダメ社員を分けるといったこともよく言われますし、「他責思考では成長しないぞ」というようなことを上司や先輩から言われたこともあるのではないでしょうか? では、それがすべてかというと、ちょっと気になる面があります。

<自責思考>自分の問題として考える

仕事で何か問題が起こったとき、その原因が自分にあるとしてとらえるのが自責思考。辞書的な意味では、自責の念という使われ方のように「自分を責めること」が中心になりますが、ビジネスの場では、問題に対して当事者意識を持って取り組むポジティブな意味で使われます。

自責思考の人のミスや問題が起きたときの考え方

→確認を怠った自分が悪い
→正しいやり方を身に付けられていない自分が悪い
→自分の能力が低いから時間がかかってしまった
→相手に理解できるように伝えなかった自分が悪い

<他責思考>問題を他者のせいにする

他責思考とは、仕事や職場で起きた問題を、それが自分のミスであったとしても他者のせいにする思考です。

他責思考の人のミスや問題が起きたときの考え方

→サポートを怠った上司や先輩が悪い
→マニュアルがわかりにくいから時間がかかった
→新人だからできなくて当然
→話を理解しなかった相手が悪い

こう見ると、デキる社員は自責的、ダメ社員は他責的と言われるのもうなずけますね。かくいう私も、新人や若手を対象とした研修やリーダーシップなどの研修では「自責思考で問題解決をしていきましょう」とお伝えしてきました。

しかし、いわゆる仕事ができて、困難な状況でも気持ちが折れることなく成果を出しているコンサルタントの方々を見ているうちに、他責思考も必要なのではと思うようになってきました。

駆け出しのコンサルタントの頃の私は、自責思考の塊だったのですが、次第に疲弊し「どうせ自分なんて……」というところまで精神的に追い込まれてしまったことがありました。そんなときにトラブルプロジェクトの立て直しや難易度の高いプロジェクトなど非常に大きい問題を解決しようとしている人たちを見ていると、いい意味で他責思考を取り入れているのではないかと思うようになったのです。

■仕組みの改善につながる考え方

東洋経済オンライン

トピックスRSS

ランキング