ナイキ創業者の「破天荒すぎる人材活用」伝説 元ナイキジャパン社長「あれには僕も驚いた」

東洋経済オンライン / 2017年11月24日 10時0分

元ナイキジャパン社長が語る、フィル・ナイト流の「人材活用術」とは(撮影:今井 康一)

10月27日の発売開始後すぐに10万部を突破し、早くも「2017年最高の書」と高い評価を得ているナイキ創業者フィル・ナイトの自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』。

10月26日(木)には本書の刊行記念イベント「フィル・ナイト・NIGHT」が日本橋浜町「Hama House」で行われ、1993年から2年間、ナイキジャパンの社長を務め、フィル・ナイトと直接議論を戦わせてきた秋元征紘氏が登壇した。フィル・ナイトを「憎らしくて尊敬できる、いい兄貴」と評する秋本氏が語ったフィル・ナイトの人物像と、その人材活用術をご紹介する。

聞き手:佐藤 朋保(東洋経済新報社 翻訳委員長)

(前編はこちら)

■逆らう奴には「6カ月の有給休暇」を

――ナイキのバットフェイス(経営幹部会議)に参加されたことはありますか?

もちろんあります。そのときのテーマはサッカー。来期、どうやってサッカーに参入するか、皆で考えようというわけです。バットフェイスのミーティングは、『シュードッグ』にもあるように、とにかく長い。会議の場所が何にもない山奥の山荘で、ほかに何もすることがないので、日中の会議の後も参加者全員での食事会、後は深夜から翌朝の2時3時までひたすら飲んでしゃべっているんです。

そのとき、フィルに「サッカーなんかやらないほうがいい」とずっと訴え続けている幹部がいました。普通なら、絶対に言えないですよね。社長がサッカーをやるという方針を出して会議をしているのに、やめたほうがいいなんて(笑)。

さすがに心配になって、「彼、大丈夫なのかな?」と他のメンバーに聞いたんです。すると「近づかないで、ここにいなよ」と言う。その後も楽しく仲間たちと飲んでいたんです。それでも気になって「ああいうことはよくあるのか?」と周囲に聞いたら、みんな「まあ見ていろ」と言うだけ。

翌朝、見回してみると、フィルに食い下がっていた幹部がいない。そばにいた社員に事情を聞くと、「彼は6カ月間の暇をもらった」と。「えっ!」と驚いたら、彼が言うには、「給料は出るけれど、出社するなってことだよ。言うのを忘れていたけど、わが社ではよくあることなんだ。あいつも、こいつも……実は俺も」と。

後からわかったのですが、フィルは徹底的に議論する人で、妥協する人間は嫌い。でも、意見が異なる人を会社に置いておくわけにいかない。そこで6カ月、間を空けて、お互いに頭を冷やして、やる気があるなら続けていいし、辞めてもいいと。普通はクビですよね。「ここがフィルだな」と感じました。

東洋経済オンライン

トピックスRSS

ランキング