安倍首相を襲う新潟知事選「恐怖のシナリオ」 「がっぷり四つ」の戦いは会期末攻防にも影響

東洋経済オンライン / 2018年6月7日 8時0分

新潟県知事選で池田千賀子氏の応援に5党党首はそろい踏み。立憲民主党の枝野幸男代表(後列左から2人目)、(前列左端から)社民党の又市征治党首、共産党の志位和夫委員長、無所属の会の岡田克也代表、自由党の小沢一郎共同代表、国民民主党の大塚耕平共同代表=2日午後、新潟市(写真:共同)

もり・かけ疑惑に梅雨入りが重なって不快指数倍増の永田町で、与野党幹部が固唾をのんで見守るのが10日投開票の新潟知事選の行方だ。与党と立憲民主党など野党5党がそれぞれ支援する候補は「がっぷり四つ」の戦いで、勝敗は「投票箱の蓋を開けるまでわからない」とされるからだ。政府のエネルギー政策にも影響する原発再稼働の是非が争点だけに、新潟を舞台とした「政治決戦」の結末は来夏の参院選への試金石となる一方、会期末の与野党攻防にも影響を与えるのは確実だ。

与党候補が勝てば、働き方改革関連など重要法案の今国会成立に弾みがつくが、野党統一候補の勝利となれば政権への手痛い打撃となる。与党敗北は9月の自民党総裁選で3選を狙う安倍晋三首相の政局運営にも狂いが生じる「恐怖のシナリオ」ともなりかねない。各メデイアの情勢調査でも両候補は「ほぼ横一線」とされ、週後半から訪米による日米首脳会談など首脳外交の大舞台に臨む首相も、異国の空の下で「何とか勝って」と祈るしかない状況だ。

■「買春疑惑」で出直し選挙、原発再稼働が争点

永田町も注目する新潟県知事選は5月24日に告示され、会期末直前の10日が投票日だ。立候補者はいずれも無所属の新人で、届け出順に元市議・安中聡(40)、前海上保安庁次長・花角英世(60)、前新潟県議・池田千賀子(57)の3氏。与党が花角氏、野党5党が池田氏を支援し、同県内に立地する東京電力柏崎刈羽原発の再稼働への対応などを争点に、事実上の一騎打ちの戦いだ。

そもそもこの知事選は、米山隆一前知事(50)が週刊誌で「買春疑惑」を報じられ、4月に突然辞職したことに伴う「出直し選挙」だ。米山氏は2016年10月の前回知事選で原発再稼働反対を掲げて出馬し、一部野党の支持も得て、当初当選が有力視されていた自民党候補に逆転勝利した経緯がある。

その後、原子力規制委員会が昨年12月に柏崎原発6、7号機の新規制基準への適合を認めたことで、再稼働をめぐる論点は地元の同意を得られるかどうかに移った。このため、今回知事選は再稼働問題の方向を決める選挙と位置づけられ、「再稼働反対」の立場の野党統一候補が勝てば、世界最大規模とされる同原発の再稼働にブレーキがかかるのは確実だ。

与党が推す花角氏は、2015年までの約2年間に同県副知事を務めたキャリア官僚。二階俊博自民党幹事長が運輸相時代に秘書官を務め、今回の出馬も二階氏の強い押しがあったとされる。選挙戦で同氏は原発再稼働問題について、「福島第1原発事故の検証作業に2~3年をかけ、任期中に再稼働の是非を判断して改めて民意を問う」と主張。「将来的には原発に依存しない社会をつくりたい」と訴えることで再稼働問題の争点化を避ける戦術だ。

東洋経済オンライン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング