パナ渾身の高級ミラーレス「LUMIX S1」の凄み ライカ・シグマと組みプロ向けカメラを開発

東洋経済オンライン / 2018年9月26日 0時20分

パナソニック、ライカ、シグマが来春発売するLマウントに対応したシステムカメラ「LUMIX S1」シリーズ(写真:パナソニック)

パナソニックはドイツ・ケルンで現地時間9月26~29日に開催されている「photokina 2018」で、独ライカ社および日本のレンズメーカー・シグマとの協業を発表。ライカが2014年に発表した、8本のレンズが揃えられているLEICA Lマウントを基本としたシステムカメラを構築する「LEICA L Mount Alliance」を発表した。

ライカはパナソニックとシグマにLマウントの技術仕様を供与し、それぞれに対応するシステムカメラおよびレンズを開発していく。また技術的な面でも、パナソニック、シグマがそれぞれの知見を持ち寄り、3社でリニューアルを施した「アップデートされたLマウント」だ。動画対応など様々な面で最新のトレンド、技術に適合したものとなる。

光学設計上の他社との違いに関しても「具体的な数字は言えない」としながら、ニコン、キヤノンがそれぞれに発表した「Zマウントシステム」「RFマウントシステム」に匹敵する潜在力があるという。

■「Lマウントシステム」とは?

なお当面はこの3社で開発を進めていくとのことで、技術仕様の公開は予定されていない。互換レンズメーカーであるとともに、3層型CMOSセンサー「Foveon」採用のカメラメーカーでもあるシグマの山木和人社長は、具体的な製品発表は現時点では行えないとしながらも「当社はユニークな技術を搭載するカメラや多彩なレンズ群をLマウントベースで提供していくことで、Lマウントシステムをユーザーにとって興味深いものにすることに貢献できると考えています」と話した。

そしてパナソニックは3社でのアライアンスを発表直後、Lマウントに対応したシステムカメラとして「LUMIX S1」シリーズの開発意向を発表。発表は“開発意向表明”ではあるものの、開発プロジェクトは約2年前に始まっており、来年春には実際の製品が投入される予定だ(価格や細かなスペックは未定)。

最初に投入されるのはボディ2モデル、レンズ3本の構成。

ボディは約4700万画素CMOSセンサーを搭載するLUMIX S1Rと、2400万画素CMOSセンサー採用のLUMIX S1の2モデル構成。同時にLUMIX Sシリーズ向けに50mm/F1.4の単焦点レンズ、24−105mm、70−200mm(いずれもF値は非公開)の合計3本を発表した。

デジタルカメラ業界はスマートフォン内蔵カメラの高画質化に伴い、一部製品の特徴ある製品を除き市場を失った。そうした中でレンズ交換式カメラのみが、成長はしていないものの、市場規模を維持しているジャンルになっている。

東洋経済オンライン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング