発達障害24歳男性と「会話」が成立しないワケ 「抽象的な指示」をされても理解できない

東洋経済オンライン / 2019年1月11日 14時0分

フミヒコさんは最後まで、大きなサングラスを外すことはなかった(筆者撮影)

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

今回紹介するのは「大人の発達障害によりアルバイトが見つかりにくい。実家に帰るのも苦痛」と編集部にメールをくれた、24歳の独身男性だ。

■「メールで連絡したとおりの格好ですけど」

「ジャケットと濃いサングラス」「茶色以外の暖色を基調とした衣服は着用しない」――。事前にメールで伝えられたフミヒコさん(24歳、仮名)の特徴である。

待ち合わせ場所は、都内の駅改札。すぐに、真っ黒なサングラスをかけた男性を見つけることができた。「フミヒコさんですか?」。そう声をかけると、ニコリともせずに、こう返された。「メールで連絡したとおりの格好ですけど」。

てっきり「はい、そうです」と言われると思っていたので、一瞬、空足を踏んだような気分になる。普段であれば、「何か失礼があっただろうか」と考えてしまうところだ。しかし、フミヒコさんは発達障害のひとつ、自閉症スペクトラム障害があると聞いていた。

自閉症スペクトラム障害には、コミュニケーションが苦手、趣味や関心が限定的といった特徴があるとされる。今日は、話をする中で感じた“不協和音”を、率直に伝えてみようと、こう言ってみた。

「『誰々さんですか?』というのはあいさつのようなものなんです。『メールで伝えましたけど』と返されると、『何か悪いことでも言ったかな』と感じる人もいます」

これに対し、フミヒコさんは重ねて「事実を言っただけですが」と言う。そして、なぜ自分が暖色系の服を着ないのかの説明を始めた。質問の意図が伝わっていない、と思った。

取材を進める中、フミヒコさんの話は、たびたび本題から外れ、脈絡なく広がっていった。

家賃について尋ねたのに、賃貸アパート大手のレオパレス21が冷房を3時間で自動停止する設定にしていた問題や、NHKによる受信料の徴収方法が不満だという話に“発展”していた。また、最近始めたという派遣の仕事について聞いていたのに、なぜか、「今、戦争になったら、自分のような人間は使えるかどうか」について語っている。

やむをえず、フミヒコさんの話を遮り、軌道修正することも、何度かあった。たまりかねて、質問の答えになっていないことを指摘すると「私の中ではつながっているんです」という。「(思考が)いったん根っこに戻って、(再び話し始めるときには)別の枝に出るという感じ」と説明された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング