老けこむ人は「声の出し方」が間違っている 1万人以上の声を聞いてきたプロが教える

東洋経済オンライン / 2019年1月12日 8時20分

「大人の変声期」知っていましたか?(写真:Staras/iStock)

最近、なんとなく声が出しにくくて、かすれてしまう。声が通らなくなったような気がする。そういえば、前よりも声が低くなっている……。

もし、こうした声の変化を少しでも感じていたら、それは声の曲がり角、いわゆる「大人の声変わり」かもしれません。

これらの変化は、だいたい40代から起こる方が多いのですが、女性の場合は低くなりつやがなくなり、男性の場合は、年齢とともに声帯の筋肉が衰えていくため声が高くなっていく傾向にあります。

原因は、加齢によるホルモンバランスの崩れによる声帯の変化、筋肉の衰え、長年の間違った声の出し方による喉の痛みですが、「仕方がない」とあきらめて放置しておくと、声を出すたびに喉に負担をかけることになりかねません。放っておくと、ガラガラのおばさん声や、こもって響かないおじさん声になってしまうかも。では、どうすればいいか?

■喉を痛める発声法は、顔をたるませる? 

喉に負担をかけない正しい発声法をすればいいのです。正しい発声法をすれば、喉を痛めることもなく、つやのある美しい響きの声を出すことができるのです。

とはいえ、自分が正しい発声をしているかどうか、なかなかわかりませんよね。そこで、誰でもすぐに簡単にわかる方法をお伝えしましょう。

鏡に向かって「いー」と発声してみてください。このとき、首に縦の筋が走っていたら、喉を痛める発声法をしているということ。

口角を横方向に引く働きのある「笑筋(しょうきん)」という筋肉を使って発声すると、このように首に縦筋が入るのですが、この笑筋は声帯周りに直結しているため、笑筋を使えば使うほど、喉に負担をかけてしまうのです。

では、喉に負担をかけずに「いー」と発声するにはどうすればいいでしょうか?

それには、目の下の涙袋からぶら下がっている「口角挙筋」という筋肉を使います。口角挙筋を涙袋が反応するくらい引き上げるようにして発声すると、喉を痛めることはありませんし、首に筋が入ることもないのです。

……と、お伝えしても、なかなかイメージがつかめないですよね。頬骨の下あたりに人差し指をのせ、その指で頬を目の下まで縦にぐっと押し上げてください。そのまま笑顔で「いー」と発声。これが正しい笑顔と正しい「いー」の発声です。

口角挙筋は筋膜で横隔膜とつながっているため、口角挙筋を使って発声すると自然に腹式呼吸になります。しかも、口角挙筋を使うと、息が自動的に鼻腔に流れこむので、声を鼻腔で響かせることができるのです。鼻腔とは、鼻の後ろ側になる空洞のこと。この気管や口腔よりも大きな空洞、鼻腔で共鳴した声はクリアでつややかな響きがあるのです。

東洋経済オンライン

トピックスRSS

ランキング