1カ月検証!キャッシュレス決済はトクなのか クイックペイやLINE Payをフル活用の結果…

東洋経済オンライン / 2019年3月19日 7時50分

むろん、クイックペイが使える場所なら、交通系マネーやWAON、nanaco、楽天Edyも使えることが多い。それでもクイックペイを使ったのは、アプリを立ち上げなくてもスマホで端末にタッチするだけでいい手軽さと、ポイントの二重どりのためである。なんといっても、これは節約検証なのだから。

筆者の行った方法は以下の通り。使用しているスマホはAndroidなので、グーグルペイを使っている。そこにクイックペイの支払い元としてKyashのカードを登録する。Kyashはプリペイド式のバーチャルVISAカードで、これで支払えば代金の2%がキャッシュバックされる。

とはいえ必ずしも事前チャージする必要はなく、Kyashのチャージ元としてクレジットカードをひもづけておくと、支払った代金はそのカード経由での引き落としとなる。そのため、Kyashとクレカのポイントを二重に稼げるというわけだ(ただし、この方法はグーグルペイのみ対応)。

こうして、kyash+クレカをひもづけたクイックペイで、できるところでガンガン支払ってみた。レジで決済データ待ちの間しばらく間があくのはどこでも同じだが、それでもスピーディなほうだと思う。

■で、どのくらいオトクになったかといえば…

こうして1月の半ばからひと月の間、できる限りのキャッシュレス生活を送ってみた。各ポイント還元の結果もだいたい出そろい、どのくらいの付与になったかを発表したい。

ちなみに、キャッシュレス決済で使った総額は約5万5000円。対して、付与されたポイントは以下の通り(ポイントが確定されてないものもあり、概算含む)。

・スーパー提携クレジットカードで146ポイント(1ポイント1円で会計に使える)
・クイックペイ経由のクレジットカードで220ポイント(共通ポイントに交換して、1ポイント1円相当で使える)
・楽天Edyで32ポイント(1ポイント1円で、Edyにチャージして使える)
・nanacoで23ポイント(1ポイント1円で、nanacoにチャージして使える)
・LINE Pay104ポイント(1ポイント1円で、LINE Payで使える)
・Kyashで256ポイント(1ポイント1円で、Kyash残高にキャッシュバックされる)

とまあ、無理やり合計すれば781ポイントだが、使った決済ツールもいろいろなため還元されたポイントも見事に細かい(これらの還元されたポイントは、わざわざ交換しない限り同じ決済ツールで使用することになる)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング