「計画性のない子」の成績を上げる1つの方法 時間にルーズで、提出物も最後までやれない

東洋経済オンライン / 2019年3月21日 8時10分

時間にルーズで、計画的に勉強しない高校1年生。いったいどうしたらいいのでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

高校1年生の長女についての相談です。

とてもマイペースで時間にルーズです。何時何分に家を出ると伝えておき、途中何度せかしても、時間どおりに出発できたことがありません。本人は学校に遅刻しても、あまり気にしていないようです。それと関係していると思うのですが、計画を立てることができません。

中学時代はそれほど頑張らなくても成績は中の上を保っていたので、やらなくてもできると思い込んでいました。高校受験では本人の希望で入れそうな高校を選びましたが、落ちてしまいました。

これまでいろんな機会に計画を立てて、そのとおりに勉強をする方法を提案してみました。ただ無理やり計画表を作らせても、結局作って終わりになりました。高校に入学する前に宿題がかなりたくさん出されましたが、手をつけていない箇所が多すぎて、間に合わずそのまま提出していました。どのようなやり方をすればいいのでしょうか。

(仮名:森田さん)

■ただルーズというだけの問題?

お子さんの遅刻、提出期限が守れないという問題で悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。

遅刻はよくない、提出期限はしっかり守るようにと学校でも家庭でも、社会でも言われますね。それは極めて正しいことです。通常このようなケースでは、単にだらけていることが原因ということも少なくありません。その場合は仕組みを作ることによって、改善していきます。

例えば、学校の遅刻の場合であれば、次のような会話をしていきます。

親から子へ「もし寝坊しても親は起こさない」と前夜に告げたうえで、実際に翌朝、本当に起こさないということをします。子どもは起きるべき時間が過ぎて、例えば8時30分くらいになってびっくりして、起きてきて次のように言うでしょう。

子:「なんで起こしてくれないの!」

親:「だって昨晩、明日から起こさないって言ったよね〜」

もちろん、家では学校に、これこれこういう理由で遅刻しますと連絡は入れておきます。この方法で、多くの子どもが翌日から自分で起きて学校に行くようになったという報告をこれまでたくさん受けています。もちろん、この方法が万能とは言いませんが、かなりの確率で効果を上げています。

しかし、一方で、単にだらけていることが原因ではない場合があります。そのような場合は先ほどのような仕組みによる解決方法はまったく無効となります。

そうした子どもに対しては、「時間を守ることの大切さを説く」「改善する仕掛けを作る」「叱る・怒る」「親が監督管理する」はすべて徒労に終わる可能性があります。そして森田さんのお子さんは、ご質問から推察すると、おそらくこの「無効」のケースと考えられます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング