東大生が教える「文章がスラスラ書ける」凄ワザ 文章が苦手な人は「情報収集」に問題がある

東洋経済オンライン / 2019年4月20日 7時40分

面倒な文章作成も、スラスラ書けるようになればストレスはたまりません(画像:D.I.Production /PIXTA)

偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。

「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」

「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を新刊『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏が、「文章をスラスラ書けるようになる」おすすめの「インプット法」について解説します。

■「アウトプットが苦手」には理由がある

「文章を書こうにも、言葉が1文字も浮かんでこない!」

「『あなたの考えを話せ』と言われても、何も頭に浮かばない……」

そんな悩みを持つ人は意外に多いのではないでしょうか?

作文にしても説明にしても、なかなか文章を書き始めることができない人は多いです。また、同じように「何か意見はありますか?」「あなたの意見を聞かせてください」と言われたとき、言葉に詰まってしまう人も多いのではないでしょうか?

文章を書く場合でも口頭で何かを語る場合でも、「表現する(=アウトプットする)」というのはなかなか大変な行為です。人間、本を読んだり人の話を聞いたりして「知識を吸収する(=インプットする)」ことはすぐできても、その知識をアウトプットするのは時間がかかってしまうものです。

かく言う僕も、昔は500文字程度の文章を書くのに3時間かけていたり、「あなたの意見を聞かせてください」と言われてから5分経っても話し出せない……なんてことがザラでした。

「どうして自分はアウトプットするのが下手なんだろうか?」

そんな風に思い悩んだ時期がすごく長かったです。

しかし、実は違ったのです。僕は、アウトプットが下手だから文章が書けないものだと思い込んでいたのですが、実際はその逆。

「インプット」ができていなかったから、「アウトプット」もできていなかったのです。

そもそも人間は、持っていない情報を語ることはできません。例えばみなさんがAIについてまったく知らないのに「AIについてどう思いますか?」と聞かれたら、どうしますか? 確実に、何も語れませんよね? 自分の持っている情報が皆無なのに、何かを語ることはできません。

実は表現できない人は、すべての分野においてこれと同じことが起こっているのです。表現できないというのは、そもそも自分の持っている情報がないだけ。ない袖を振ろうとしているから、何も出てこないのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング