日本を圧倒する「フィンテック大国」中国の実像 アリババの本拠地・杭州はここまで進んでいる

東洋経済オンライン / 2019年4月25日 18時0分

中国・杭州にあるアリババパークは、中国における近未来の都市デザインの象徴となりうるか? 写真はアリババ本社(筆者撮影)

ITと金融を融合した「フィンテック」。その最先端を走る国はどこかといえば、意外にも中国の名前が挙がります。「中国が今や世界最先端のフィンテック大国」――。『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』の著者、田中道昭氏はこう分析しています。今年3月に中国最大のEC小売企業アリババ本拠地、杭州を訪れた田中氏が同書に収めたレポートの一部を再編集してお届けします。

アリババは中国政府から「AI×スマートシティー」事業推進を受託しています。杭州にあるアリババパーク周辺は、アリババ本社、アリババ初のリアルで最先端の商業施設、アリババ初の近未来型AIホテル、アリババ社員の住居などから構成されており、キャッシュレスを前提としたスマートシティーの様相を呈しています。

世界最先端のフィンテック大国、中国の現在を具体的に見ていきましょう。

■アリババ初の近未来型AIホテル

2019年3月8日金曜日、中国・杭州にあるアリババの本拠地、アリババパークの一角にあるアリババ初の近未来型AIホテル、「FlyZoo Hotel」にチェックインしました。

2018年12 月にオープンしたこのホテル。チェックインには顔認証の専用アプリを使用します。普通のホテルのように人が応対するためのレセプションやチェックインカウンターなどは一切ありません。チェックインからキャッシュレスを前提とした自動化、無人化のホテルとなっているのです。

顔認証を前提としたチェックインが済んでエレベーターホールに向かい、エレベーターに乗り込みます。ここからすでに顔認証を前提とした世界が待ち構えています。エレベーターに乗り込み、自分の部屋がある階に行くにも顔認証が必要。顔認証が済んでいない人はNGです。

さらに驚いたのは、部屋への出入りにも顔認証。ルームキーやルームカードなど物理的な鍵は一切なく、ここでも顔認証を前提とした自動化、無人化の世界が広がっています。フィットネスクラブへの出入りも顔認証となっていました。

部屋に入ってからはアリババの音声アシスタントであるアリOSが大活躍します。カーテンの開閉、音楽、部屋の明かり調整、部屋の空調などが「ただ話しかけるだけ」で操作できます。さらにはロボットコンシェルジュがルームサービスやアメニティーの配達などをしていました。バーではロボットバーテンダーが顧客から注文を受けたカクテルを手早く次々に作っていました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング