「日本の刑事司法制度」のここがおかしい! オリンパス横尾とキャッツ細野が激白対談

東洋経済オンライン / 2019年4月25日 19時10分

会計評論家の細野祐二氏(右)と野村證券の元高崎支店長、横尾宣政氏(左)が自身の体験も踏まえ、日本の刑事司法のあり方について縦横に論じた(撮影:梅谷秀司)

何度も逮捕・勾留され続ける日産のカルロス・ゴーン元会長の例を引くまでもなく、日本の刑事司法のあり方に国内外から厳しい目が注がれている。

長期拘留や自白偏重など、日本の刑事司法の問題の根源には何があるのか。オリンパス巨額粉飾事件とキャッツ株価操縦事件でそれぞれ逮捕・起訴された野村證券の元高崎支店長、横尾宣政氏と会計評論家の細野祐二氏が対談した。

横尾氏は2011年に発覚したオリンパス事件で、2012年に逮捕・起訴され、史上最長、966日間勾留され続けた。法廷では一貫して無罪を主張したが、2019年1月、最高裁で上告が棄却され、懲役4年の実刑判決が確定した。ただ、4月24日現在未収監で、再審請求に向け準備中だ。

細野氏は元公認会計士で2004年3月、キャッツ株価操縦事件に絡み、有価証券報告書虚偽記載罪で逮捕・起訴。一貫して容疑を否認し無罪を主張するも2010年、最高裁で上告棄却となり、懲役2年(執行猶予4年)の有罪が確定している。

対談のノーカット全文版は週刊東洋経済プラスでご覧ください。

■「横尾氏無罪」に100%の自信あり

――細野さんは4月25日に「横尾宣政さんの再審無罪を支援する会」を結成しました。なぜですか。

細野 横尾さんは無実だからだ。私は『粉飾決算VS会計基準』(2017年刊)において横尾さんの無罪を主張したが、今回、事件記録一式を拝見して、横尾さんの無罪をさらに確信するに至った。横尾さんは完全に無実であり、そのことに私は100%の自信がある。横尾さんは966日も拘留された。それ自体信じられないことだが、長期勾留はいかに有罪の証拠がなかったかの裏返しだ。

しかし、横尾さんのやってきたことは、あまりにも稚拙でみていられなかった。メディア対応を含めて、やらなければいけないことをやらずに、やってもしょうがないことを一生懸命やっている。言ってもしょうがないことをべらべらと話し、言うべきことを言っていない。そんなふうに思ってみていたところ、再審請求すると聞いた。

私が犯罪会計学を深める一環として、オリンパス事件の資料はすでに読み込んでいた。これは何とか横尾さんの力になりたいと思った。戦後、再審無罪となった事件は21件あるが、すべて物証型の一般刑事犯であり、経済事件は1件もない。経済事件は物証がないために再審は理論的に不可能と痛感する一方で、誰かが最初に井戸を掘らなければならない。それを横尾さんがおやりになると言っている。ならば、横尾さんの再審無罪を支援しなければならないと思った。

■部下は横尾さんを売らなかった

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング