フリーランスを志す31歳男性の「夢と現実」 ウーバーイーツ配達員の収入は月4万円程度

東洋経済オンライン / 2019年5月10日 17時0分

「人脈を広げ、SNS活動に力を入れる。個人で稼ぐスキルを身に付ける努力をする」と語るシンヤさん(筆者撮影)

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

今回紹介するのは「フリーランスとしてランサーズ/クラウドワークスの案件受注にも挑んでいるが、まだ数百円の案件ひとつしか達成できていない」と編集部にメールをくれた、31歳の独身男性だ。

昼間のカフェ。7、8人の若者が、それぞれのパソコンに向かって作業をしている。学生風の若者や女性もいた。デニムにセーターといったラフなスタイルに、リンゴのロゴマークのMac製パソコン――。2017年の暮れ、シンヤさん(31歳、仮名)が知人に連れて行かれたのは、ある起業サークルのメンバーが集まる、都内の拠点だった。

「政治などあてにならない時代。だからこそ、人脈を広げ、SNS活動に力を入れる。個人で稼ぐスキルを身に付ける努力をするんです」

起業サークルとの出合いは、シンヤさんが“フリーランス”という働き方に、夢と希望を見出した瞬間でもあった。

■フリーランスに行き着いた道のり

幼いころから、「空気が読めず、無自覚に場違いなことをする子ども」だったという。期限に間に合わなかった宿題を白紙で出したところ、教師から「これでは提出したことにならない」と注意を受け、驚いた。「期限までに出せと言われたから、(白紙でも)出す。それが正しい行動だと思っていたので」。

首都圏の私大を卒業したのは、リーマンショックの直後だった。従業員10人ほどの会社に就職したものの、試用期間中に解雇。その後、公務員試験に挑戦したが、合格には至らず、今度は専門商社に入社した。ところが、ここも試用期間中に解雇されてしまう。

当時、先輩社員から「自分を強く主張しすぎるのはよくない」と言われたことを覚えている。専門商社では「理解できない専門用語が出てくると、そこにこだわってしまい、その後の会話についていけなくなることがありました」と振り返る。

続けざまに本採用を拒まれたこともあり、自分は発達障害なのではないかと疑った。半年ほど心療内科に通ったが、確定診断を受けることはなかったという。

その後、飲料水の自販機補充の仕事に就いた。パート社員で、毎月の手取り額は16万円ほど。「体を動かすルーチンワークは性に合っていました。休憩時間もあるし、残業代も付く。きつい仕事でしたが、言われているほどブラックじゃなかった」とシンヤさん。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング