ボルボが「交通死亡事故ゼロ」にこだわる理由 2021年モデルからは180km/hまでの速度制限

東洋経済オンライン / 2019年6月16日 8時0分

昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでイヤーカーに選ばれたボルボ「XC40」。日本でも評価の高いボルボ車だが、安全についてのイメージが非常に強いメーカーとしても知られる(撮影:風間仁一郎)

ボルボは2007年に「Vision 2020」なる宣言を行った。2020年までに新しいボルボ車に搭乗中の事故による死亡者、そして重傷者をゼロにするというのが、その内容である。

そもそもボルボは、安全イメージが非常に強いブランドだ。無論、そうなったのは実際の取り組みにおいても、どこより安全に関して積極的なメーカーであり続けてきたからこその話である。それは、いくつかのエピソード、そして実績に裏打ちされている。

■4万件以上の事故を独自調査

象徴的な例が3点式シートベルトだ。3点式シートベルトをボルボは、今から60年前の1959年に初めて導入した。今ではクルマにとって当たり前の装備となっている3点式シートベルト。ボルボはこれを世界で初めて導入しただけではなく、その安全に対する寄与の大きさから何と特許を無償開放することで、世界への普及を後押しした。

結果として世界中の自動車メーカーが採用するに至った、この“自動車の安全性に関する歴史上で最も重要な発明”は、これまで100万人以上の命を救ったと言われているのである。

独自の事故調査チームを持っていることも、よく知られるところだ。1970年に発足したこのチームは、ボルボ本社があるスウェーデン・イエテボリから100kmの範囲で発生したボルボ車が絡む事故の現場へ直接出向き、詳細な調査、分析を行い続けている。その数は、すでに4万件以上になるという。警察や医療機関、保険会社とも連携して、机上ではなく実際のデータに基づいた安全開発を続けているのだ。

そんなボルボは「Vision 2020」の達成のため、さまざまな策を講じてきた。実際に衝突が起きた際に乗員を守るためのパッシブセーフティ技術が、車体の衝撃吸収構造やエアバッグ、シートベルトなどの進化によりさらに磨き上げられているのはもちろん、近年は衝突を未然に回避する、もしくは衝突が避けられないときでも事前の対処により被害を可能な限り低減するための、アクティブ・セーフティ技術の飛躍的な向上を実現させている。

大きなマイルストーンとなったのが、2009年に日本に初導入された“City Safety(シティセーフティ)”だ。衝突回避のために車両を完全停止まで導く衝突回避・被害軽減ブレーキを、日本で初めて設定したのは実はボルボである。

これは、国内メーカーが技術的には実現できていながら、完全停止の実現には二の足を踏む状況の中で、海外での事故統計データなどをもとに地道に国交省と折衝を繰り返した結果。現在の衝突回避・被害軽減ブレーキの普及ぶりを見るに、これが英断だったことは改めて繰り返すまでもないだろう。

■目標達成は厳しくなってきたが…

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング