最新版!「CSR企業ランキング」トップ500社 1位は2年連続でNTTドコモ、2位は同業のKDDI

東洋経済オンライン / 2019年6月17日 8時20分

最新版!「CSR企業ランキング」トップ500社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両面から幅広いステークホルダーから「信頼される会社」を見つける「東洋経済CSR企業ランキング」。

13回目となる今回は『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)(ESG編)』に掲載する1501社を対象にCSR141項目、財務15項目で総合評価を行った(ポイント算出方法など、ランキングについての解説はこちら)。

このうち上位500社をご紹介する。なお、上位800社やさらに詳しい内訳得点などランキングの詳細は『CSR企業白書』2019年版に掲載しているのでそちらをご覧いただきたい。

■1位は2年連続でNTTドコモ

ランキング1位は2年連続でNTTドコモ(総合得点574.1点、以下同)となった。

部門別では企業統治+社会性100.0点(1位)、財務282.0点(4位)が5位以内。人材活用94.8点(21位)、環境97.3点(15位)も高得点でバランスよく得点した。

活動のマテリアリティ(重要性)は「ICTによる社会・環境への貢献」「コーポレートガバナンスの強化」「人権と多様性の尊重」など8つの重点課題を設定し取り組みを進めている。

社会のインフラを担う企業として災害時などの危機管理体制はとくに強化している。社内外に設置されたコンプライアンス相談窓口は通報者が不利益にならないよう徹底。相談(通報)件数は2014年度94件、2015年度83件、2016年度111件、2017年度111件と増加傾向で、通報しやすい環境が整っていることがうかがえる。

モバイルICTやIOTを活用した取り組みも行っている。分娩時に親牛の体温を感知し、メール通知するシステム「モバイル牛温恵」で畜産農家の負担を軽減し、第1次産業の生産性向上を図るといった本業の通信事業を活用した課題解決ビジネスも積極的に進めている。

ソーラーパネルや大容量蓄電池を導入して「グリーン基地局」を整備し、133局で運用するなどCO2排出の削減にも取り組む。1999年から「ドコモの森」づくりを推進し、2018年3月時点で全国47都道府県49カ所(総面積190ha)に設置。定期的な森林整備活動を実施し、地球環境保護、温暖化防止、生物多様性の保全に貢献している。

人材活用面も先進的だ。有給休暇取得率は2017年度で91.3%と高い水準。子育て面でも多くの制度が整う。育児休業は生後満3年まで取得可能。短時間勤務は小学3年生の年度末まで取得できるなど家庭と仕事の両立支援に力を入れる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング