京丹後市「上限200円運賃」は地方交通の革命か 補助金をうまく使えば利用拡大が期待できる

東洋経済オンライン / 2019年6月23日 8時0分

「上限200円運賃」を導入した丹後海陸交通の丹海バス(筆者撮影)

地方の公共交通の運営が厳しくなった際に、運賃の値上げを行うことはよくある。最近でもJR北海道(北海道旅客鉄道)と北陸鉄道が、今年10月に予定される消費税増税に合わせた値上げを発表している。

■相次ぐ地方交通の値上げ

JR北海道は100キロまでの区間については、距離をいくつかの区分に分割し区分ごとに運賃を定める「対キロ区間制運賃」を導入することになり、現状170円の初乗り運賃は200円、210円区間は250円などとなる。101〜200キロの区間は1.1%程度の引き上げになるという。それ以上の距離区間や特急料金は据え置きとなるが、平均引き上げ幅は消費増税分と合わせて11.1%を予定としている。

北陸鉄道では普通旅客運賃(大人)で13.153% 定期旅客運賃で13.464%の引き上げを予定している。初乗り運賃は140円から160円、220円区間は250円、290円区間は330円となり、最高運賃は500円から550円になる予定だ。

どちらの鉄道事業者も値上げの理由として、利用者減少による厳しい経営環境を挙げており、地域移動の維持のために値上げを選んだ。このような考え方は日本の公共交通では一般的であるが、値上げによってさらに利用者離れが起こる可能性もある。

そんな中、大胆な値下げを断行したことで、利用者が減少から増加に転じただけでなく、事業者の収益も上がった事例が、京都府の最北端に位置する京丹後市にある。

京丹後市は2004年に網野町・大宮町・久美浜町・丹後町・峰山町・弥栄町の旧6町が合併して生まれた。合併直前は約6.5万人だった人口は2018年には5.5万人に減少しており、多くの地方都市同様、過疎化と高齢化が問題となっている。

路線バスは、京丹後市と隣接する宮津市および与謝野町・伊根町を、丹後海陸交通の丹海バスが走っているが、利用者減少に悩んでいた。

理由のひとつに運賃があった。多くの地方のバス同様、丹海バスでは距離制運賃を採用しており、最大で1150円にもなっていたからである。しかもこの地域の家庭には、一家に平均で約2台はマイカーがある。高校生はマイカーでの送迎が多くなり、高齢者はマイカーでの移動を続けていた。

しかし前者は家庭の負担が増え、後者は運転免許を返納する高齢者も多くなってきたことから、市では公共交通で移動を支えていくという方針を定めた。

■「200円が理想」の声多数

バスに乗ってもらうためにはどうすべきか。2005年に約5000人の利用者に聞いたところ、運賃については200円が理想という意見が多かった。そこで市では、運賃の上限を200円にすることを丹海バスに提案する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング