東大生が断言!地理は「考える力」を爆上げする なぜ東大生には「地理好き」が異常に多いのか

東洋経済オンライン / 2019年7月6日 10時0分

「読み書き、そろばん、IT、地理」というくらい「地理の教養」が大切だといいます(画像:Topicimages/PIXTA)

偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。

「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」

「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏が、近著『現役東大生の世界一おもしろい教養講座』でも取り上げた、「地理好き」な東大生が多い理由を紹介します。

■東大生には「地理好き」が案外多い

みなさんは「地理」という科目を勉強したことがありますか? 地理は、地形や気候・人口や産業・都市や資源について勉強する科目です。

多くの人が、「小学校・中学校でやった」「高校生になってからはそこまでやっていない」という感じだと思います。大学受験の際に地理で受験したという方は、ほとんどいないのではないでしょうか?

そんな、ちょっとマイナーなイメージのある地理ですが、実は東京大学は地理という科目を非常に重視しています。

東大は世界史・日本史・地理の3科目の中から2つの科目を選んで受験しなければなりません。もちろん世界史・日本史を選択する人もいるのですが、多くの受験生は地理を受験科目に選んで勉強しているのです。

そして、東大生の中でも地理という科目は非常に人気が高いです。東大の中には「地理部」という団体があり、僕自身も東大に入ってから地理の話題で友達と盛り上がることがあります。理系でも地理を選んで受験する人もいます。東大には「地理好き」が多いのです。

さて、なぜそこまで東大は地理を推していて、東大の学生も地理が好きな人が多いのでしょうか?

東大生に「地理推し」が多いのは、地理という科目が「教養の源泉」になるからです。実は、世の中で起きていることは、地形や気候にその原因があることも多いのです。

■「食文化」から「現代政治」まで地理で読み解ける

例えばみなさんはソーセージを食べるでしょうか? 実はドイツでソーセージがよく食べられるのは、ドイツの気候が寒いことが遠因になっていると考えることができるのです。

ポイント1:「氷河に覆われた地域」は土地が痩せている

ドイツは寒冷な気候の土地が多く、ドイツ北部にある都市ミュンヘンは、1月の平均気温がマイナス5度にまで冷え込みます。冬は厳しい寒さで雪も降りますし、夏もそれほど気温が高くなりません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング