全力1分の自転車こぎの運動効果が抜群なワケ 45分間軽い運動をするのに匹敵する!

東洋経済オンライン / 2019年8月3日 11時0分

超短時間の運動だけで効果が得られる「HIIT」のメカニズムとは?(写真:Kazpon/PIXTA)

健康診断のたびに医師から「定期的に運動しなさい」といわれているのに、面倒くさくてなかなかスイッチが入らない――そんな人も少なくないのでは。運動が健康にいいことはわかっていても、時間を捻出するのがなかなか難しいという声もあります。

そこで注目されているのが、1日たった数分という超短時間でできるHIIT(ヒット)です。近年話題となっているこのトレーニングはいったいどんな運動法なのか、本当に効果があるのか、医師であり科学者でもある『世界一効率がいい 最高の運動』著者の川田浩志氏に聞いてみました。

■医師が「運動は万能薬である」と言うわけ

先日、ある宴席で同世代の友人がこう言いました。

「人生100年時代だってさ。老後40年、何をしよう? 学生時代のバンドを再結成してプロを目指そうかな」

大きくなったお腹をポリポリかきながら笑う彼。

私は医学研究の現場にいるので、医療技術が日々進歩していることを誰よりも実感しています。平均寿命もきっと延びるでしょう。

長生きできるということは喜ぶべきことかもしれません。ただ、医師として少し気になるのは、その100年がはたして健康であるかどうかです。そう、大切なのは「平均寿命」ではなく「健康寿命」なのです。

健康寿命を延ばす秘訣は、基本的に2つしかありません。それは、バランスのよい食事をとり、適度な運動を習慣付けること。シンプルですが、これが長生きの最強テクニックなのです。

医学の世界ではしばしば「運動は万能薬である」という表現が使われます。定期的な運動習慣がもたらす効用は多岐にわたりますが、ここでは日本人の死因第1位でもある「がんと運動の罹患率の関係」に注目してみましょう。

国立がん研究センターのデータによると、日本人の半数以上は生涯でがんにかかります。国立がん研究センターがん対策情報センターの『図説 国民衛生の動向2018/2019』によると、男性は62%とやや高く、女性は46%となっています。

運動はこうしたがんの罹患率を有意に低下させることがわかっています。144万人のデータをもとに、運動習慣とがんの罹患リスクの関係を調査した2016年の研究データによると、中等度以上の運動を習慣にしている人は、ほとんど運動しない人に比べて、次の図の13種類ものがんにかかるリスクが有意に低下するという結果が得られているのです。

いかがでしょう? 健康診断のたびに医師がしきりに「運動をしましょう」という理由が、少しはご理解いただけるのではないでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング